医療関係者はこちらからお進みください

(患者さん用) トップページ > 専門外来 > 黄斑外来

専門外来

 

黄斑外来

(木曜 / 午後 : 吉村、辻川、山城、田村、大石、中西)

教授の専門分野でもある黄斑外来では、加齢黄斑変性をはじめ、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜上膜、黄斑円孔などを対象に診療を行っています。加齢黄斑変性治療では、ビズダインの点滴後特殊なレーザーを照射する光線力学療法(PDT)や、ルセンティスやマクジェンなどの新薬の硝子体注射などが治療の中心で数日間の入院を基本に日帰りや連携クリニックへの紹介などにより実施しています。患者さんが多い外来の一つで、検査も多くお待たせする時間が長くなりご迷惑おかけしています。ルセンティス注射など連携クリニックでの実施などにもご協力下さい。(田村)

黄斑外来 図1
加齢黄斑変性症に対するルセンティス・光線力学療法治療(上:治療前、下:治療後)
出血や網膜の下にたまった液が消失しています

↑ TOP


緑内障外来   角膜外来   糖尿病外来   斜視弱視外来   涙道外来   未熟児網膜症
神経眼科外来   近視外来   ぶどう膜外来   黄斑外来   循環外来   網膜変性外来
ロービジョン外来

↑ TOP