患者さんはこちらからお進みください。

(医療関係者用) トップページ > 研究紹介 > 研究内容 > 緑内障研究

研究内容

 

緑内障研究

SD-OCTによる篩状板の検討 (Inoue R et al. Ophthalmology 2009)
SD-OCTによる篩状板の検討
(Inoue R et al. Ophthalmology 2009)

臨床研究では、スペクトラルドメイン光干渉断層計や補償光学SLOを用いたイメージングにより緑内障をいかに早期に診断し、いかに進行を検出していくかを追求しています。特に、診断が難しい強度近視緑内障の早期診断および病態解明に取り組んでいます。緑内障視神経症の本態は網膜神経節細胞(RGC)の進行する喪失です。光干渉断層計によりRGCの細胞体と軸索が存在する神経節細胞層と神経線維層の可視化に成功しました。この方法は、視野に異常がでる前の超早期緑内障(preperimetric glaucoma)や診断が難しい強度近視眼の早期緑内障の診断に威力を発揮します。緑内障患者の管理には進行検出が重要です。形態的には平均年3 μm程度のわずかな変化を捉える必要があります。測定誤差の小さいスペクトラルドメイン光干渉断層計による測定により1年で検出できる可能性を示しました。(板谷)


 

↑ TOP

 
眼底イメージング研究   ゲノム研究   神経保護研究   緑内障研究   黄斑疾患研究  
変性疾患研究   ERG研究