HOME > 教室紹介 > 臨床試験

臨床試験

臨床試験とは

  医学は常に進歩しています。新しい薬、手術機器、技術などが、日進月歩で開発されてきています。
 しかし、 その治療が患者さんに本当に安全で、有益なのか?を見極めることは決して簡単なことではありません。  
 新しくて一見良さそうに見える治療法であっても、 実際には、従来の治療に比較して効果が低かったり、思ったよりも副作用が強かったりすることはよく経験されることです。
 多種多様の治療方法の中から、どの治療法が、最も患者さんを治療するに当たって有効であるかどうかを確かめるために行われるのが臨床試験です。

 「臨床試験」というと堅苦しく、何か人体実験ように聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。 「臨床試験」の目的は、複数の患者さんに、ある新しい治療を、「プロトコール」という決まりごとに従って同じように行って、 その結果を評価することです。今、私たちが、患者さんに行っている治療法は原則として、「治療ガイドライン」というものに従っていますが、 そのガイドラインは世界あるいは日本で行われた数々の臨床試験の結果に基づいて作成されています。
 このガイドラインは日本のどこの病院でも同じ水準の治療が受けられるようにと、その時点で最良と考えられる治療方法について述べられた教科書のようなものです。
 ある治療方法が臨床試験で従来の治療と比較してよいと判断されれば、ガイドラインは変更されていくことになります。

 臨床試験は多くの患者さんに参加していただく必要があり、そのためにはひとつの病院で行うより、多くの施設で行った方がより多くの患者さんに参加していただけます。
 多くの病院の協力により試験を行うことを「多施設共同試験」といいます。我々の行っている臨床試験の多くは多施設共同試験です。