HOME > 診療内容 > 代表的な疾患 > 食道アカラシア

代表的な疾患 食道アカラシア

食道と食道機能障害

 食道は、口と胃をつなぐ消化管であり、その蠕動運動により口から摂取した食事や水分を胃に運搬しています。
 腫瘍や炎症による狭窄などの病気が無いにもかかわらず、食事の運搬がうまく機能しなくなる病気を総称して食道機能障害といいますが、その一つが食道アカラシアです。

食道アカラシアはどういう病気?

 食道と胃のつなぎ目付近に、胃に入った食物が食道に逆流しないようにする機構があり、下部食道括約筋と呼ばれています。
 口から食べた食物は、順次、食道の蠕動運動で胃へと運ばれていきますが、タイミングよく下部食道括約筋がゆるむことで、食物は胃へと流れ込みます。 食道アカラシアの患者さんにおいては、その括約筋の弛緩(ゆるむこと)が生じないために、うまく食物が胃に入らず、食道内に停滞してしまいます。
 また、食道アカラシアでは、食道の蠕動運動の低下も認められます。 発症年齢は30歳代から50歳代が多いとされていますが、10歳代で発症することがあります。頻度は10万人あたりに1人とされています。

食道アカラシアの症状と経過

 食物がうまく胃内に入らず、食道内に停滞するために、つまり感を訴えることが多いです。病状が進行すると、たまった食物を嘔吐することもあります。
 その症状が、精神的ストレスや冷水などで増悪することが食道アカラシアの特徴とされています。
 食物の流れが悪いために、徐々に食道が拡張します。そのため、一時的に食事が入るようになったと思っても、実際には食道の中にたまっているだけで、次第に食道の拡張が著明となり、食道が蛇行し、最後には食事がとれなくなります。
 また、食道癌の発生頻度が高いことも知られています。

↑上に戻る

食道アカラシアの診断

 診断は通常、バリウム検査、上部消化管内視鏡検査、コンピューター断層写真(CT)などにより食道アカラシアと診断されます。
 また、診断を確定する精密検査として、食道内圧測定検査があります。当診療科では、8チャンネルカテーテルによる内圧測定行い、下部食道括約筋の機能だけでなく、食道全体の動きを測定することができます。
 この食道内圧測定は、食道アカラシアの診断だけでなく、他の食道機能障害との鑑別にも有用です。 嚥下困難という同じ症状でも、食道のどの部分に異常があるかを、食道内圧測定検査を施行することで同定し、適切な治療法の選択につながります。

食道アカラシアの外科治療

 食道の低下した機能を完全に回復させる治療は、現在まで開発されていません。
 患者さんの全身状態や食道の状態を総合的に判断して治療法を選択します。 内科的な治療としては、薬物療法や風船による拡張術がありますが、最も確実性の高い治療法は手術です。
 手術は、下部食道括筋を切開することで、食物が無理なく胃の中に流れ込むようにします。 以前は、上腹部を切開した開腹手術を行っていましたが、最近は、腹腔鏡手術の導入により、大きな傷をつけることなく手術することが可能となりました。
 ただし、食道の蛇行が強いと、食道を切除しなければならないこともあります。
 食道アカラシアをはじめとする、食道機能障害は経過の長い疾患であり、食道の状態によって治療法が異なりますので、早めに専門医とご相談することをお薦めします。


クリックすると拡大画像が表示されます。


↑上に戻る