HOME > 診療内容 > 代表的な疾患 > 食道癌

代表的な疾患 食道癌

食道とは

 食道は口から胃まで食物を送り込む、長さ約25cm、幅2cmの筒状の消化管で頚(くび)から胸の中を通りお腹の中で胃に通じています。飲み込んだ食べ物は食道の蠕動運動により胃へと流れていきます。
 頚部・胸部・腹部食道と3部に区分され、胸部食道はさらに上部・中部・下部と分かれます。 胸の中では肺と気管や心臓、大動脈といった重要な臓器に囲まれて存在します。
 筒になっている壁(食道壁)は内側から外側へそれぞれ粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜と呼ばれる層に分かれます。

食道とは


食道癌の発生

 悪性新生物による死亡原因として、食道癌の死亡率は男性では第6位、女性では第13位とそれほど高くありませんが、徐々に増加しています。
 食道癌の発生に関してはこれまでに非常に多くの研究がなされてきていますが、癌発生のメカニズムは複雑であり決定的な答えは得られていません。
 現時点では、遺伝的因子も重要ですが、環境的因子の影響がより大きいのではないかと考えられています。特にアルコールとタバコは食道癌の危険因子です。

食道癌の症状

 早期のものは無症状で、健診などで発見されることが多いです。進行した癌では食事のつまり感や、飲み込みにくいといった症状が出現します。
 胸痛、吐き気や食欲不振、体重減少などもあります。頚部のリンパ節腫脹や嗄声(声がかれること)を契機に見つかることもあります。
 これは「反回神経」と呼ばれる発声を司る神経が、その神経に近いリンパ節転移の影響で麻痺することによります。

食道癌の診断

1:上部消化管内視鏡
 胃カメラと呼ばれるものです。食道は胃へつながる食べ物の通り道ですので、カメラが胃へ行くまでに食道の観察ができます。
 食道の検査には「ルゴール」と呼ばれる特殊な液をまきます。正常な食道粘膜は茶色く染まりますが、癌などの病変があると染まりません(これを不染帯と呼びます)。
 染まらなかった病変部位から「生検」といって組織をほんのひとかけらつまんできて、顕微鏡の検査で悪性か否かを判定します。

2:上部消化管透視
 造影剤を飲む検査です。癌が食道のどの位置にあって、癌によって食道がどの程度の狭さになっているのかを評価します。

3:CT、MRI
 癌がどのくらい進行しているか、他の臓器(気管・大動脈・心臓など)への浸潤はないか、肝臓・肺などに転移はないかを調べます。
 当院では浸潤の有無をより性格に判定するため、MRIの際に水を飲んでいただき、食道の蠕動波(動き)をみて、浅いものか深いものかを判定する、シネMRI(動画撮影)も同時に行っています。

4:頚部・腹部超音波検査
 リンパ節や肝臓への転移がないかを調べます。レントゲンの検査ではないので、すべての方に安全に受けていただけます。

5:FDG-PET
 癌の全身検索のために行います。CT・MRI・超音波では同定できない病変の検出に有効です。腫瘍など細胞の増殖が盛んな細胞は糖の取り込みが活発なことを利用しています。
 そのほかに超音波のついた内視鏡で正確な進達度を測る超音波内視鏡、食道癌が気管に浸潤している可能性のある方に行う気管支鏡などを行うこともあります。
 これらの検査で病気の進み具合(病期あるいはステージ)を定め、治療方法を決定します。

↑上に戻る

食道癌の進行度、病期(ステージ)~壁深達度へ→