HOME > 教授ご挨拶

教授ご挨拶

京都大学消化管外科では、消化管悪性疾患(食道癌、胃癌、大腸癌、肛門癌、GIST)や食道アカラシア・炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの 消化管良性疾患に対する外科診療、日々進歩する外科治療に対処すべくITを利用した新しい手術教育システムの構築と実践、 そして新たな外科治療探索のための研究を行っています。
以下に診療・教育・研究の方針を紹介いたします。

京都大学医学部附属病院 消化管外科学講座 教授  坂井 義治
京都大学医学部附属病院 
消化管外科学講座 教授 坂井 義治


【診療】

 手術手技ばかりでなく診断技術、薬物療法の著しい進歩にともない診断や治療方針を外科医だけで決めることはできません。
 消化器内科・放射線科・消化管外科による横断的な画像カンファレンスや化学放射線治療カンファレンスを通して一人一人の患者さんの全身状態・診断の確認と最適と考えられる治療法の選択を行い、病理診断科とのカンファレンスにより術前診断・治療方針の検証をしています。
 的確な治療法を選択するとともに、五感を働かせて日々頻回に“患者さんを診る”こと、その所見をチーム全員が迅速に共有することが患者さんの順調な術後回復には最も重要と考えています。

【教育】

 大学病院は医学部学生や研修医ばかりでなく、私を含めすべての医師の修練の場でもあります。
 昨日より今日、今日よりは明日の手術手技向上こそが患者さんによりよい外科医療を提供できるものと信じております。外科手術教育にもIT技術を導入し、種々の画像を利用した手術の予習・復習と現場教育を通して、認識(cognitive)→統合(integrative)→自動性(autonomous)へと連続する向上過程のどのレベルに到達しているかを自他ともに評価することが可能となりました。

【研究】

 20年前には想定することもできなかった内視鏡手術が今や開腹手術にとってかわりつつあります。
 国内外の施設と連携し、患者さんにとって体に負担の少ない、より精緻な手術手技開発を進めるとともに、著しい進歩をみせるiPS細胞をはじめとする分子生物学的研究を癌治療に利用すべく基礎的研究も進めています。
 これらの研究は大学院生が行っています。一時期ベッドサイドから離れて研究に没頭することによる思考鍛錬は、指導的な外科医になる必須事項と思います。

診療教育研究の詳細はそれぞれ関係のページをご覧下さい。