京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学

診療案内

ホーム診療案内 > 診療実績

診療実績

スマートフォンでは、グラフ上でタッチすることで横スクロールすることができます。

入院患者統計

疾患別分類 2009年1-12月患者実数(新患) 2010年1-12月患者実数(新患) 2011年1-12月患者実数(新患) 2012年1-12月患者実数(新患) 2013年1-12月患者実数(新患)
急性骨髄性白血病 48(23) 30(15) 30(14) 33(16) 23(18)
急性リンパ性白血病 8(4) 9(5) 8(5) 7(3) 17(6)
慢性骨髄性白血病 3(1) 5(2) 2(1) 3(1) 1(0)
慢性リンパ性白血病 4(2) 3(2) 1(1) 2(1) 0(0)
非ホジキンリンパ腫(ATLを含む) 103(65) 107(76) 116(70) 124(72) 129(84)
ホジキンリンパ腫 5(3) 6(3) 8(6) 9(6) 8(5)
多発性骨髄腫 21(7) 31(13) 32(11) 28(17) 22(8)
骨髄異形成症候群 11(4) 19(7) 12(8) 18(12) 18(10)
骨髄増殖性疾患 12(9) 4(3) 6(4) 7(3) 7(4)
再生不良性貧血 3(2) 8(5) 6(4) 7(4) 6(4)
その他疾患 8(5) 12(11) 13(10) 19(15) 25(15)
HIV感染症 7(5) 3(1) 6(5) 7(5) 7(7)
造血幹細胞移植ドナー 25(25) 27(27) 22(22) 12(12) 16(16)
合計 258(155) 264(170) 262(161) 276(167) 287(180)

主要疾患の治療成績(2000-2012年、当科で初回入院治療例)

疾患別分類 患者数 完全寛解率 5年生存率 5年DFS 平均生存期間(月)
急性骨髄性白血病 164 80% 51% 53% 77.8
予後良好群 38 98% 77% 72% 130.6
中間的予後群 48 88% 55% 56% 82.4
予後不良群 78 60% 31% 28% 47.0
急性リンパ性白血病 39 96% 55% 53% 98.2
前駆B細胞性 21 93% 61% 69% 85.4
前駆T細胞性(LBLを含む) 13 100% 76% 56% 112.7
Ph1陽性例 5 100% 0% 0% 21.5
非ホジキンリンパ腫 610 - 71% - 115.6
ろほう性リンパ腫 104 - 93% - 152.4
限局型 24 - 100% - 138.5
進展型 80 - 92% - 141.5
マントル細胞リンパ腫 25 78% 83% 70% 103.7
その他低悪性度リンパ腫 39 - 86% - 126.6
瀰漫性大細胞型リンパ腫 336 80% 71% 75% 126.3
予後良好群 179 93% 84% 82% 134.4
予後不良群 157 68% 61% 71% 102.5
バーキットリンパ腫 8 75% 78% 100% 121.3
成人T細胞白血病 33 41% 39% 54% 45.6
T細胞リンパ腫(上記以外) 65 77% 53% 51% 92.2
予後良好群 16 93% 83% 63% 138.7
予後不良群 49 71% 41% 48% 70.8
ホジキンリンパ腫 43 97% 91% 81% 129.5
多発性骨髄腫 97 - 68% - 91.2
うち60歳未満 42 - 79% - 98.2

造血幹細胞移植統計

同種造血幹細胞移植

2009年1-12月 2010年1-12月 2011年1月-12月 2012年1月-12月 2013年1月-12月
a)総実施回数 32 24 30 27 35
b)年齢中央値(範囲) 48(17-62) 50(20-62) 48(19-66) 52(20-66) 47(19-65)
c)対象疾患
慢性骨髄性白血病 20000
急性骨髄性白血病 1610889
骨髄異形成症候群 44279
急性リンパ性白血病(LBLを含む) 22848
急性混合性白血病 10100
成熟B細胞腫瘍(骨髄腫を除く) 11513
成熟T/NK細胞腫瘍(ATLを除く) 41212
成人T細胞白血病/リンパ腫 12151
ホジキンリンパ腫 11000
混合リンパ腫(B及びT細胞性) 02000
多発性骨髄腫 00100
骨髄増殖性疾患 01001
再生不良性貧血 00210
芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍 00002
d)移植時病期 *
標準リスク 108121314
中間リスク 1269411
高リスク 10107910
良性疾患(再生不良性貧血) 00210
e)移植前処置
Standard-intensity 15107819
CY/TBI 255713
CY/CA/TBI 110012
CY/CA/TBI/G-CSF 01000
VP16/TBI 10000
VP16/CY/TBI 00101
ivBU/CY 14103
Reduced-intensity 1714231916
Flu/ivBU-based 44620
Flu/MEL140 ± TBI 858910
Flu/MEL100 ± TBI 00011
Flu/MEL80 ± TBI 53565
Flu/CY ± TBI 02410
f)移植幹細胞ソース
骨髄 2416131420
末梢血 11323
臍帯血 77141112
g)ドナー別GVHD予防法
HLA一致同胞・骨髄 42212
CsA+MTX 22202
FK506+MTX 20010
HLA一致同胞・末梢血 01223
CsA+MTX 00010
FK506+MTX 01213
HLA一致同胞以外の血縁者・骨髄 42200
FK506+MTX 11100
FK506+MTX+MMF 31100
非血縁者・骨髄 1712101318
CsA+MTX 11001
FK506+MTX 1374614
FK506+MMF 01000
FK506+MTX+MMF 32673
非血縁者・臍帯血 77141112
CsA+MTX 11111
CsA+MMF 00310
FK506 alone 64200
FK506+MTX 00200
FK506+MMF 026911

自家造血幹細胞移植

2009年1-12月 2010年1-12月 2011年1-12月 2011年1-12月 2013年1-12月
a)総実施回数 312121611
b)年齢中央値(範囲) 50(50-60)61(20-69)61(39-64)56(22-65)41(20-54)
c)対象疾患
多発性骨髄腫・形質細胞腫瘍 36751
非ホジキンリンパ腫 02384
ホジキンリンパ腫 00111
成熟T細胞腫瘍 01011
ALアミロイドーシス 01001
POEMS症候群 00100
胚細胞腫瘍 02000
ユーイング肉腫 00010
非定型奇形腫様/横紋筋肉腫様腫瘍 00001
線維形成性小円形細胞腫瘍 00002
d)移植時病期 *
標準リスク 0410102
中間リスク 24244
高リスク 14025
e)移植前処置
Melphalan-based 37854
MEAM-based 03496
BU/L-PAM 00001
その他 02020
f)移植幹細胞ソース
動員末梢血幹細胞 312121611

*

標準リスク

初回完全寛解のAML, ALL, LBL, ATL, HL/NHL;未治療または初回完全寛解のMDS;初回慢性期のCML,その他のCMPD.

中間リスク

標準リスクあるいは高リスク以外の病期.

高リスク

非寛解期のAML(MDSからの移行例を含む), ALL, LBL, ATL, L/NHL;急性転化期のCML, その他のCMPD;部分寛解以上の治療効果が得られていないMM.