患者さん・一般の方へ

年々新しい薬や医療技術が開発され、私たちはその恩恵を受けながら生活しています。しかし、全ての病気が治療できるわけではありません。現在でも、少しでも有効で安全な「くすり」を待ち望む患者さんは多く、そのために多くの臨床研究が行われています。

新しい薬を開発するための臨床研究は、研究者や医師の力だけで実施できるものではなく、多くの患者さんのご理解やご協力が必要です。 現在、私たちが病気を罹った時に使用しているお薬、手術等で用いられる医療機器などは、多くの方々のご協力によって誕生した、「先人からの贈り物」です。

臨床研究総合センターは、革新的な医薬品や医療機器等の開発につながる、臨床研究の実施を支援することで、先端医療を患者さんにより早く提供し、健康福祉と医学の発展に貢献することを目的に設立されました。

新しい医療技術を病気で苦しむ方々にいち早くつなげるため、臨床研究へのご理解とご協力をお願いいたします。