個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報について

当センターでは取得した患者さん・被験者の貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけでなく教育研究機関として所定の目的に利用させていただきたいと思いますので、患者さん・被験者のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

(1) 患者さん・被験者の個人情報は、各種法令に基づいた院内規定を守ったうえで下記の目的に利用されます。

  • ① 当センターでの利用
    ・患者さん・被験者がお受けになる医療サービス
    ・医療保険事務
    ・患者さん・被験者に関係する管理運営業務(入退院等の病棟管理、会計・経理、医療事故の報告、医療サービスの向上)
    ・医療サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • ② 当センターおよび京都大学での利用
    ・医学系教育
    ・症例に基づく研究
    ・外部監査機関への情報提供
    この利用に当たりましては、可能な限り匿名化します。
  • ③ 他の事業者等への情報提供
    ・他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との医療サービス等に関しての連携
    ・他の医療機関等からの医療サービス等に関しての照会への回答
    ・患者さん・被験者の診療等にあたり外部の医師等の意見・助言を求める場合
    ・検体検査業務の委託その他の業務委託
    ・患者さん・被験者の家族への病状説明
    ・医療保険事務(保険事務の委託、支払機関へのレセプトの提出)
    ・支払機関又は保険者からの照会への回答
    ・関係法令等に基づく行政機関及び司法機関等への提出等
    ・医師賠償責任保険などに係る医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出

上記利用目的の中で疑問がある場合は、お申し出ください。

(2) 上記利用目的以外に患者さんの個人情報を利用する場合は、患者さんの同意をいただくことといたします。

(3) 患者さん・被験者の個人情報については次の権利があります。

  • ① 患者さん・被験者は所定の手続きのうえ、自己の個人情報の開示を請求することができます。
  • ② 患者さん・被験者は開示を受けた自己の個人情報の内容について、所定の手続きのうえ、訂正を請求することができます。
  • ③ 患者さん・被験者は自己の個人情報が不適切な取扱いをされていると思われる場合は、所定の手続きのうえ、自己の個人情報の利用の停止・消去・提供の停止を請求することができます。
  • ④ 患者さん・被験者は上記権利の決定等に関して不服がある場合は、国立大学法人京都大学に対して異議申し立てをすることができます。

(4) 当センターでの患者さん・被験者の個人情報の取扱い等に関する詳細については、こちら新しいウィンドウが開きますを参照してください。

ページの先頭へ