京都大学医学部付属病院形成外科
京都大学形成外科研修
プログラムについて
研修説明会
 
形成外科はこれからますます必要になります 研修説明会はこちら

【『京都大学形成外科研修プログラム』のご案内】

    京都大学 形成外科(京都府)を基幹施設とするプログラムです。

本プログラムでは各年度あたり10名の新規専攻医採用人数を設定しています(注)。これは『京都大学形成外科研修プログラム』に所属する基幹施設および連携施設(30施設 H29.6 申請時)合わせての新規専攻医採用人数が1年度あたり10名であるという意味です。

プログラムでは4年間の研修が義務付けられており、基幹施設で6ヶ月-1年、連携施設で3年-3年半の研修を行っていただきます。尚、プログラムへの応募、専門医機構および形成外科学会への登録等の手続きは基幹施設責任者を通して行われますが、研修開始を必ずしも基幹施設から始める必要はありません。採用状況、また専攻医の先生の希望等に応じて連携施設から開始することも可能です。

また、プログラムでは最低3ヶ月間の地域医療研修も義務付けています。地域医療として病診連携・地域包括ケア・在宅診療の研修も行なう必要があります。

◎本プログラムに所属する連携施設は以下のとおりです。いずれの連携施設も症例が豊富であり、本プログラムでは深く幅広い『形成外科』の研修が可能です。   

大津赤十字病院 滋賀県立成人病センター 長浜赤十字病院 京都医療センター 京都第一赤十字病院 京都桂病院 医仁会武田総合病院 宇治徳洲会病院 共和病院 大阪赤十字病院 田附興風会医学研究所北野病院 大阪府済生会中津病院 富永病院 関西電力病院 神戸市立医療センター中央市民病院 赤穂市民病院 兵庫県立尼崎総合医療センター 公立豊岡病院 天理よろづ相談所病院 角谷整形外科病院 日本赤十字社和歌山医療センター 市立島田市民病院 浜松労災病院 福井赤十字病院 倉敷中央病院 広島市立広島市民病院 島根県立中央病院 総合病院回生病院 小倉記念病院 屋久島徳洲会病院  *順不同(H29.6 申請)

(注)各基幹施設の「専門研修プログラム」は、一次審査を通過したものであり、二次審査を踏まえて修正・変更がある可能性があることをご承知おきください。
 
       

【連絡先・専門研修プログラム相談】

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院・形成外科
・ 075- 751- 3613(医局直通)
・ 075- 751- 4340(FAX)
・ e-mail: prs[at mark]kuhp.kyoto-u.ac.jp

メール送信の際は上記[ ]を半角の@に置換してください。
注: お電話を下さる場合は、平日(月〜金)の午前9時から午前12時までの間、
または午後1時から午後5時までの間にお願いします。

研修の相談は随時受け付けておりますので、ご希望の方は上記までご連絡ください。初期研修終了後に形成外科研修を考えておられる先生や,他科からの形成外科への転科・中途研修開始を考えておられる方も,お気軽にご相談ください。

京都大学形成外科学教室は,常勤医の在職する関連病院を30以上有しており,幅広い研修が可能です。 研修プログラムの説明や施設見学も随時,受け付けております。ご興味がおありの方は,こちらをクリックし必要事項を記入の上、ご連絡ください。(京都大学医学部附属病院では,初期研修の2年目に, 各人の希望する選択科において研修を行うことができます)

研修医の方の見学は随時、学生の方の見学は金曜日とさせていただいております。
形成外科医局の場所: 京都大学医学部付属病院第一臨床研究棟8F
(京都駅よりJR奈良線東福寺駅で乗り換え、京阪電車 「神宮丸太町駅」下車 徒歩10分)
(京都駅より京都市バス 206系統「熊野神社前」または「近衛通」下車 徒歩5分)

▲ ページ上部へ
     
Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital

Copyright(C) by Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital. All Rights Reserved.