京都大学医学部付属病院形成外科
手術件数表
顔面軟部組織損傷・骨折
唇裂・口蓋裂
手足の先天異常と
手の痛みや変形の治療
皮膚腫瘍
瘢痕・ケロイド
顔面神経麻痺
眼瞼・眼窩
レーザー治療
その他
診療内容

【顔面軟部組織損傷・骨折】

顔面軟部組織損傷:

骨まで達しない傷に対して治療を行っています。 顔には目、鼻、口、耳など重要な組織が存在します。 顔面神経や唾液腺などに損傷があれば、見た目だけでなく機能面でも障害を引き起こすため救急処置での対応が大切となります。 また傷が治ったあとの瘢痕(傷あと)や拘縮(ひきつれ)に対する二次修正も行っています。
顔面外傷・瘢痕修正外傷後耳介欠損・耳介再建
  

顔面骨折:

交通事故、転倒、人為的外傷などにより顔の骨が折れた場合、部位によっては変形を生じたり機能障害を引き起こします。 治療は受傷後2週間以内であれば整復可能です(新鮮骨折)。 時間が経てば折れた骨がずれた位置で固定されてしまうため(陳旧性骨折)、骨切りを行い元の位置に戻したり、移植手術が必要となります。 必要最小限で、術後傷の目立たない部位を切開してアプローチします。骨の固定には必要があればプレートとビスを用いますが、負荷のかからない部位では吸収性材料を使用します。
前頭骨骨折頬骨上顎骨骨折
眼窩骨折下顎骨折
陳旧性鼻骨骨折

▲ ページ上部へ
Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital

Copyright(C) by Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital. All Rights Reserved.