京都大学医学部付属病院形成外科
手術件数表
顔面軟部組織損傷・骨折
唇裂・口蓋裂
手足の先天異常と
手の痛みや変形の治療
皮膚腫瘍
瘢痕・ケロイド
顔面神経麻痺
眼瞼・眼窩
レーザー治療
その他
診療内容

【診療内容】

手術件数表
顔面軟部組織損傷・骨折
唇裂・口蓋裂
手足の先天異常と手の痛みや変形の治療  
皮膚腫瘍
瘢痕・ケロイド(キズあと・キズあとの引きつれ)
顔面神経麻痺
眼瞼・眼窩
レーザー治療
その他
京都大学形成外科にて治療を受けられる患者様へ
わが国における外科系医療の現状を把握するため、日本外科学会を中心に一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)が設立され、2011年に症例登録を開始し6年が経過しました。京都大学医学部付属病院もNCDに参加しておりますが、このたび日本形成外科学会において2017年からNCDに参加することが決定し、当院形成外科で治療されれました患者様の患者情報(個人を特定できる情報は含みません)や術式のデータはNCDに登録されることになりました。患者様にはご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

▲ ページ上部へ
Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital

Copyright(C) by Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital. All Rights Reserved.