京都大学医学部付属病院形成外科
教授挨拶

【教授からのご挨拶】

京都大学医学部附属病院形成外科教授
鈴木茂彦

    京都大学医学部附属病院では,昭和30年代より,皮膚科と耳鼻科でそれぞれ形成外科診療が行われていましたが,昭和52年4月に独立した診療科として形成外科が開設されました。これは日本の国立大学としては2番目の古さです。その後昭和62年に講座となり現在に至っています。初代一色信彦教授,二代目西村善彦教授に続き,平成15年1月より私が三代目教授として引き継いでいます。私は京大病院に形成外科が開設された年に入局した一期生で,京大形成外科とともに歩んでまいりました。
    大学病院は,診療と教育,研究の3本柱の充実が使命ですが,私は形成外科医はまず診療ありきと考えています。形成外科は体表面の先天的,後天的変形を修復し機能の回復とQOLの向上を主目的としています。特に患者さんのQOLの回復に喜びを感じるのが,われわれ形成外科医でしょう。
    ただし,旧態依然とした診療を続けておればやがて取り残されます。新しい治療方法を求めて,模索することから形成外科の研究が始まります。目前の患者さんの治療にとどまらず,世界中の患者さんを救うために国際レベルの研究を目指しています。
    また診療や研究のレベルを維持し発展させ,社会に貢献するためには次代の人材育成が必須で,そのために教育にも力を注いでいます。
    京大形成外科を分かりやすくお知らせする第一歩としてホームページをリニューアルいたしました。医局員みんなが診療,教育,研究の日常業務に追われていますので,最初は内容が不十分ですが,今後時間をかけて少しずつ充実させていきたく存じます。

▲ ページ上部へ
Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital

Copyright(C) by Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital. All Rights Reserved.