お申し込み

MENU

体験談Experience

助産師としての判断力や技術を高め、安心して分娩に望んでもらえる力を

助産師としての判断力や技術を高め、安心して分娩に望んでもらえる力を

助産師

中澤 麻祐子
Nakazawa Mayuko

2010年入職

京都大学医学部附属病院 病棟(産科分娩部)→派遣先:京丹後市立 弥栄病院(産婦人科、内科)→京都大学医学部附属病院 病棟(産科分娩部)

技術面のレベルアップのほか、
目標の分娩介助数の達成も

弥栄病院への一年間の派遣を終えて京大病院へ戻り、両病院の患者背景、環境などの違いをひしひしと感じている毎日です。派遣当初は期待と不安でいっぱいでしたが、多くの方の支えがあって、無事に一年を過ごすことができました。今まで京大病院では学べなかった看護を、このプログラムを通して学べたと感じています。

技術面では弥栄病院は自然分娩数が多く、フリースタイル分娩も行っているという違いがあり、私は分娩介助のケアにつく機会を多くいただきました。経験豊富な先輩方に教えていただきながら助産師としての技術向上、アセスメント力を高めることも。また当初目標として分娩介助数を達成することができました。これは今後助産師のラダー申請に向けてとても重要な達成だと考えています。

京大病院とは異なる視点や
自分の足りなさを知るきっかけにも

環境面では医師の数が少なく、助産師に任せられる場面が多いため、妊娠中や分娩進行中のアセスメント・判断力が試される環境だと感じました。また丹後の分娩施設の中核を担いながらも、他施設との連携を大切にしており、さまざまな原因で早産の可能性がある場合や、出生した新生児の状態が悪い場合など、母体搬送・新生児搬送をする判断を、京大病院とは反対の、患者さんを送る立場から見ることができました。

また、混合病棟で勤務することで、普段関わることのない内科の患者さんの看護を知ることができ、自分自身の基礎看護力の足りない部分も感じることができました。

今回在籍出向という形で他の病院で学べたことは、助産師としての幅を広げる貴重な経験だったと思います。たくさんの人に支えられながら学んだこの経験を活かしていける助産師になりたいですね。

COLUMNこれから応募する方へのメッセージ

初心に返って学ぶ、よい機会に

慣れた場所でキャリアを重ねることも大切ですが、ときには違う環境に身を置くのもいいと思います。知らない環境だと適度に緊張するので、初心に返ることができます。一年目だと思えば、何でも聞いて学べますし、違うやり方や考え方に触れるとよい刺激になり、新たな目標を見つけるきっかけにもなると思います。
興味がある方は、ぜひ応募をおすすめします。チャンスは、今ですよ!

生活面でひとこと

京丹後市で生活をスタートさせたとき、子育て中の助産師さんたちが温かく迎えてくれました。とても自然に恵まれている場所で、休日は温泉や道の駅、観光スポットを巡って散策して過ごしました。京都市内とは全く違う環境で学び、暮らした経験は、しっかり私の力になっています。

プログラムお申し込み