お申し込み

MENU

体験談Experience

救急や集中治療室の看護師としてレベルアップするために選んだ派遣の道

救急や集中治療室の看護師としてレベルアップするために選んだ派遣の道

看護師

高橋 嘉宏
Takahashi Yoshihiro

2005年入職

綾部市立病院(ICU)→派遣先:京都大学医学部附属病院 病棟(救急・集中治療部)

患者さん自身の人生を大切にできる看護師に

派遣元の綾部市立病院では、混合病棟内にあるICUを中心に看護ケアにあたっていました。綾部市立病症状院の看護は症状・治療はもちろん、患者さん自身にも目を向け、その人が持っている力を最大限に活かすことを大切にしています。そうした看護に長く携わる中で自分自身も綾部らしい看護師に少しずつなれてきたと思っています。また、綾部市立病院のICUは単独ではなく混合病棟の中にあるので、幅広い医療、看護を経験することもできます。さまざまな場面での対応力がついたことも、感謝していることのひとつですね。

その一方、ICUの看護師としてさらに広い視野を持ち、高度な救急現場を体験したいという気持ちも。そんなときに京大病院の救急・集中治療部への派遣があることを教えてもらい、すぐに応募することにしました。

京大病院でしか体験できないことを吸収し、
元の職場に還元できるように

私が派遣されたのが、京大病院のICUが増床するのとタイミングが重なり、ここでの勤務を開始する看護師が他にもたくさんいたことはラッキーでした。研修などのプログラムもそのためにきちんと整えられており、周りと同じスピードで新しい環境に慣れていくことができました。 派遣されて驚いたのは移植手術件数の多さです。綾部市立病院にいた頃は皆無だったのに、ここでは日常的に行われています。ICUの看護は一通りできると思っていましたが、その点に関してはまだまだ勉強不足です。そのことが知れたことも大きな収穫ですね。

また、京大病院は看護部内での勉強会が、頻繁に開催されています。綾部でももちろんありましたが、それぞれの病院で視点が違うので新鮮です。専門の医師もたくさんいるので、疑問などもすぐに解決できます。レベルアップを望んで派遣を希望したので、まさにうってつけの環境ですね。

COLUMNこれから応募する方へのメッセージ

新しい場所でのチャレンジは毎日が刺激的

新たな場所でのチャレンジは、もちろん戸惑うこともありますが、圧倒的に楽しく、充実することは間違いありません。
自分自身の成長のために派遣を希望しましたが、期間が終了して綾部市立病院に戻ったら、京大病院で学んだことを伝え、みんなのレベルアップのためにも役に立ていけたらいいなと思っています。

生活面でひとこと

余裕があれば仕事終わりにでも釣りに出かけています。また、今の職場は3分の1ほどが男性スタッフで、交流も活発。近くのお店で食事やお酒を楽しむこともあります。

プログラムお申し込み