メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2006年(平成18年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「子宮筋腫をめぐる最近の話題」
鈴木彩子、刈谷方俊、藤井信吾
産婦人科治療,92:217-223,2006


「子宮肉腫のスクリーニング(筋腫との鑑別)」
鈴木彩子、藤井信吾
産婦人科の実際,55:1862-1869,2006


特集 産婦人科領域における免疫学的関与
「着床不全の病態における免疫の関与と治療法」
藤原 浩
産婦人科の世界,58(5):411-418,2006


総説「母体-胚間の相互応答を介した胚着床の誘導機構」
藤原 浩
日本産科婦人科学会香川地方部会雑誌,8(1):1-5,2006(H18.9月)


「脳・脊髄の初期発生-正常と異常(4) 全前脳胞症(Holoprosencephaly)」
山田重人、(上部千賀子)、(塩田浩平)
小児の脳神経,31(1):5-10 ,2006


「シンポジウム1 妊娠の栄養・代謝 -妊娠中の適切な栄養管理をめざして-
(4)児の成長後の生活習慣病特に高血圧発症の予防をめざした妊婦栄養管理の基礎的検討:栄養組成の視点から」
伊東宏晃
日本産科婦人科学会雑誌,58(9):1533-1539,2006


「子宮収縮と子宮頸管熟化
The Effect of Uterine Contraction on Cervical Ripening in Parturition」
伊東宏晃
日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌,12(1)5-6,2006


「妊娠および分娩・産褥管理の実際」
伊東宏晃
臨床研修プラクティス,3:35-45,2006


「メタボリックシンドロームと子宮内環境および生殖機能」
由良茂夫、伊東宏晃、藤井信吾、佐川典正
最新医学,61:1402-1410,2006


「特集 03)胎児期の低栄養とlight-for-dates(LFD)
胎児期の低栄養は将来の肥満・生活習慣病の発症要因となるか?」
由良茂夫、伊東宏晃、佐川典正
ペリネイタルケア,25(2):21-26,2006


「進行子宮頸癌に対する動注化学療法同時併用放射線治療
concurrent chemoradiotherapyの治療成績の検討」
安 昌恵、由良茂夫、福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾、(山内千香子)、(荒木則雄)、(永田靖)、(平岡真寛) 
産婦の進歩,58(1):52-53,2006


「PCOS-新たな視点【PCOSに関連した新しい分子、遺伝子2】レプチン」
由良茂夫、佐川典正、藤井信吾
臨床婦人科産科,60(9):1206-1209,2006


「妊婦の栄養不足と子供の肥満」
由良茂夫、藤井信吾
日本臨床,64(4):795-803,2006


「メタボリックシンドローム-病因解明と予防・治療の最新戦略-
胎生期子宮内環境とメタボリックシンドローム」
由良茂夫、伊東宏晃、佐川典正
日本臨床,64(9):751-754,2006


「文献紹介
胎生期低栄養による出生後のレプチンサージ早期化が成長後の肥満発症に関与する」
由良茂夫、伊東宏晃、佐川典正
分子細胞治療,5(4):376-377,2006


進行子宮頸癌に対する動注化学療法同時併用放射線治療
concurrent chemotherapyの治療成績の検討
安 昌恵、由良茂夫、福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾、(山内智香子)、(荒木則雄)、(永田 靖)、(平岡真寛 )
産婦人科の進歩,58(1):52-53,2006


ホルモン補充療法(HRT)の実際
由良茂夫、高倉賢二、藤井信吾
総合臨床,55(2):314-318,2006


女性に多い病気
高倉賢二

京都新聞「家族で考える健康」,2006.3.30朝刊,第20面


ゴナドトロピン単独欠損症
高倉賢二
別冊日本臨床 「新領域別症候群シリーズNo.1 内分泌症候群(第2版)Ⅰ」,
p.63-66,2006


月経過多症、月経困難症
高倉賢二
別冊日本臨床 「新領域別症候群シリーズNo.2 内分泌症候群(第2版)Ⅱ」,
p.399-402,2006


化学療法と卵巣機能温存
高倉賢二
Hormone Frontier in Gynecology,13(2):159-164,2006


目に焼き付けたい代表的な画像4 腹部:産婦人科(特集:エコーを使いこなす)
高倉賢二
臨床研修プラクティス,3(10):30-41,2006


当科における境界悪性卵巣腫瘍の臨床病理的検討
山村省吾、八木治彦、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾
産婦人科の進歩,58(4):393-396,2006


わが教室における子宮頚がん手術
由良茂夫、高倉賢二、藤井信吾
産婦人科治療,93(6):709-716,2006


英文論文

“Oncogenic property of acrogranin in human uterine leiomyosarcoma: direct evidence of genetic contribution in in vivo tumorigenesis ”
Matsumura N, Mandai M, Miyanishi M, Fukuhara K, Baba T, Higuchi T,
Kariya M, Takakura K, Fujii S
Clin Cancer Res. 2006 Mar 1;12(5):1402-11


“Immortalized ovarian surface epithelial cells acquire tumorigenicity by Acrogranin gene overexpression ”
Miyanishi M, Mandai M, Matsumura N, Yamaguchi K, Hamanishi J, Higuchi T,
Takakura K, Fujii S
Oncol Rep. 2007 Feb;17(2):329-33


“Foxp3+ CD25+ CD4+ natural regulatory T cells in dominant self-tolerance and autoimmune disease”
(Sakaguchi S), (Ono M), (Setoguchi R), Yagi H, (Hori S), (Fehervari Z),
(Shimizu J), (Takahashi T), (Nomura T)
Immunol Rev. 2006;212:8-27


“Naturally arising Foxp3-expressing CD25+CD4+ regulatory T cells in
self-tolerance and autoimmune disease”
(Sakaguchi S), (Setoguchi R), Yagi H, (Nomura T)
Curr Top Microbiol Immunol. 2006;305:51-66


“Immune cell contribute to systemic cross-talk between the embryo and mother during early pregnancy in cooperation with the endocrine system”
Fujiwara H
Reproductive Medicine and Biology, 5:19-29, 2006


“Intrauterine administration of autologous peripheral blood mononuclear cells promotes implantation rates in patients with repeated failure of IVF-embryo transfer”
Yoshioka S, Fujiwara H, Nakayama T, Kosaka K, Mori T and Fujii S
Human Reproduction,21(12):3290-3294,2006


“Eph-ephrin A System Regulates Murine Blastocyst Attachment and Spreading”
Fujii H, Tatsumi K, Kosaka K, Yoshioka S, Fujiwara H and Fujii S
Developmental Dynamics, 235:3250-3258,2006


“Role of salvage cytoreductive surgery in the treatment of patients with recurrent ovarian cancer after platinum-based chemotherapy”
Matsumoto A, Higuchi T, Yura S, Mandai M, Kariya M, Takakura K, Fujii S
J Obstet Gynaecol Res. 2006 Dec;32(6):580-7


“Integrin alpha5 is involved in fibronectin-induced human extravillous trophoblast invasion”
Zeng BX, Fujiwara H, Sato Y, Nishioka Y, Yamada S, Yoshioka S, Ueda M,
Higuchi T, Fujii S
J Reprod Immunol. 2007 Feb;73(1):1-10. Epub 2006 Oct 5


“Precise anatomy of the vesico-uterine ligament for radical hysterectomy”
Fujii S, Takakura K, Matsumura N, Higuchi T, Yura S, Mandai M, Baba T
Gynecol Oncol. 2007 Jan;104(1):186-91. Epub 2006 Sep 22


“Oncogenic property of acrogranin in human uterine leiomyosarcoma: direct evidence of genetic contribution in in vivo tumorigenesis”
Matsumura N, Mandai M, Miyanishi M, Fukuhara K, Baba T, Higuchi T,
Kariya M, Takakura K, Fujii S
Clin Cancer Res. 2006 Mar 1;12(5):1402-11


“Graphic and Movie Illustrations of Human Prenatal Development and their Application to Embryological Education based on the Human Embryo Specimens in the Kyoto Collection”
Yamada S, (Uwabe C), (Nakatsu-Komatsu T), (Minekura Y), (Iwakura M),
(Motoki T), (Nishiyama K), (Iiyama M), (Kakusho K), (Minoh M), (Mizuta S),
(Matsuda T), (Matsuda Y), (Haishi T), (Kose K), Fujii S, (Shiota K)
Dev Dyn. 2006 Feb;235(2):468-77


“Embryonic Holoprosencephaly: Pathology And Phenotypic Variability”
Yamada S
Congenit Anom (Kyoto). 2006 Dec;46(4):164-71


“Automated Extraction of Whole-body Regions Using Region-based Contour Tree from Three-dimensional MRM Images of Human Embryo Specimens and Estimation of Body Length and Body Volume from a Large Image Data Set”
(Mizuta S), (Leyu D), (Matsuda T), Yamada S, (Shiota K)
MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY 2006 Sep; 24(4): 238-46


“Differences in maternal plasma leptin concentration during human pregnancy, induced labor, after cesarean section without labor and vaginal deliveries: A review.”
M. Nuamah, S. Yura, N. Sagawa, H. Itoh and S. Fujii.
Nepal Journal of Obstetrics & Gynecology, 1:13-7, 2006


“Increased cyclooxygenase-2 expression is correlated with suppressed antitumor immunity in cervical adenocarcinomas.”
Chen TH, Fukuhara K, Mandai M, Matsumura N, Kariya M, Takakura K, Fujii S
Int J Gynecol Cancer 16(2):772-779, 2006


“Oncogenic property of acrogranin in human uterine leiomyosarcoma: direct evidence of genetic contribution in in vivo tumorigenesis.”
Matsumura N, Mandai M, Miyanishi M, Fukuhara K, Baba T, Higuchi T,
Kariya M, Takakura K, Fujii S
Clin Cancer Res 12(5):1402-1411, 2006


“Role of salvage cytoreductive surgery in the treatment of patients with recurrent ovarian cancer after platinum-based chemotherapy.”
Aya Matsumoto, Toshihiro Higuchi, Shigeo Yura, Masaki Mandai,
Masatoshi Kariya, Kenji Takakura, Shingo Fujii
J Obstet Gynaecol Res 32(6): 580-587, 2006


和文著書

「【イラストで学ぶ妊娠・分娩・産褥の生理】
胎盤の発達と生理・周産期の生理と異常①」
伊東宏晃
メディカ出版,128-133,2006


「【イラストで学ぶ妊娠・分娩・産褥の生理】胎児の発育」
由良茂夫
メディカ出版,100-126,2006


「NEW CONCENSUS 新撰産婦人科診療 D胎児・付属物異常【1】IUGR」
伊東宏晃
永井書店,288-291,2006


「周産期医学必修知識 第6版『周産期医学』編集委員会編 妊娠と肥満・やせ」
伊東宏晃
東京医学社,894-895,2006


不妊症 検査の進め方と一般的治療
高倉賢二
看護のための最新医学講座(第2版)第16巻「婦人科疾患」
(監修:日野原重明、井村裕夫;編集:神崎秀陽),
p.338-355,中山書店(東京),2006.8.4第2版第1刷発行


胎生期低栄養児の肥満発症における出生後のレプチン動態の関与
由良茂夫、伊東宏晃、佐川典正、益崎裕章、中尾一和、川村真、最上晴太、
小川佳宏、藤井信吾
日本未病システム学会雑誌 (1347-5541) 12巻1号 Page145-147 (2006.07)


マウス母獣摂餌制限モデルにおける胎仔発育遅延は蛋白質摂取量の増加によって改善する
最上晴太、伊東宏晃、由良茂夫、川村真、佐川典正、藤井信吾
日本周産期・新生児医学会雑誌 (1348-964X) 42巻2号 Page489 (2006.06)


妊娠中に巨大膵嚢胞摘出術を行い耐糖能異常をきたした一例
由良茂夫、伊東宏晃、川村真、最上晴太、藤井信吾
日本周産期・新生児医学会雑誌 (1348-964X) 42巻2号 Page488 (2006.06)


出生前にBeckwith-Wiedemann症候群を強く疑い出生後に確定診断にいたった1例
伊東宏晃、由良茂夫、川村真、最上晴太、藤井信吾
日本周産期・新生児医学会雑誌 (1348-964X) 42巻2号 Page413 (2006.06)


胎生期低栄養が成長後の心血管障害発生に及ぼす影響について
心臓局所renin-angiotensin系の視点から
川村真、伊東宏晃、由良茂夫、最上晴太、佐川典正、藤井信吾
日本内分泌学会雑誌 (0029-0661) 82巻1号 Page161 (2006.04)


母体低栄養に起因する胎児発育遅延にはグルココルチコイドが関与する
由良茂夫、伊東宏晃、川村真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾
日本内分泌学会雑誌 (0029-0661) 82巻1号 Page146 (2006.04)


マウス母獣摂餌制限モデルにおいて蛋白質摂取量が胎仔発育及び
insulin-like growth factor-I(IGF-I)の遺伝子発現に及ぼす影響について
最上晴太、由良茂夫、伊東宏晃、川村真、藤井信吾、佐川典正
日本内分泌学会雑誌 (0029-0661) 82巻1号 Page145 (2006.04)


胎生期の低栄養環境が成長後のメタボリックシンドローム発症に及ぼす影響
catch up growth期におけるレプチン濃度の関与
伊東宏晃、由良茂夫、佐川典正、益崎裕章、中尾一和、川村真、最上晴太、
小川佳宏、藤井信吾
日本内分泌学会雑誌 (0029-0661) 82巻1号 Page111 (2006.04)


卵巣癌における新たな予後因子
卵巣癌における免疫抑制性補助シグナル分子PD-L1発現と予後との相関
浜西潤三、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾
日本婦人科腫瘍学会雑誌 (1347-8559) 24巻3号 Page234 (2006.06)


外陰部上皮内癌(VIN)を合併し、妊娠中に外陰部部分切除術を施行した1例
福原健、小阪謙三、由良茂夫、伊東宏晃、藤井信吾
京都母性衛生学会誌 (1340-4938) 14巻1号 Page59-60 (2006.06)


当院における子宮内膜症に合併した卵巣癌のMR所見についての検討
山口建、万代昌紀、小山貴、鈴木彩子、八木治彦、福原健、樋口壽宏、刈谷方俊
高倉賢二、富樫かおり、藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻2号 Page310 (2006.05)


当科における境界悪性卵巣腫瘍51例の臨床病理学的検討
山村省吾、八木治彦、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻2号 Page306 (2006.05)


子宮頸部筋腫内に子宮頸管より連続する内腔を認めた2症例
西村史朋、吉岡信也、山村省吾、八木治彦、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、
高倉賢二、藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻2号 Page297 (2006.05)


出生前に診断し得たBeckwith-Wiedemann症候群の1例
姜賢淑、福原 健、由良茂夫、鈴木彩子、伊東宏晃、藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻2号 Page286 (2006.05)


巨大膵嚢胞合併妊娠の1例
吉岡弓子、福原 健、由良茂夫、鈴木彩子、伊東宏晃、藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻2号 Page285 (2006.05)


【メタボリックシンドローム】
メタボリックシンドロームと子宮内環境および生殖機能
由良茂夫、伊東宏晃、藤井信吾、佐川典正
最新医学 (0370-8241) 61巻6月増刊 Page1402-1410 (2006.06)


症例から学ぶ婦人科病理学
藤井信吾
診断病理 (1345-6431) 23巻2号 Page13-14 (2006.04)


子宮頸癌のリンパ節転移の評価における拡散強調画像の有用性
小山 貴、玉井 賢、佐賀恒夫、森澤信子、梅岡成章、藤井信吾、富樫かおり
日本医学放射線学会雑誌 (0048-0428) 65回抄録集 PageS254 (2006.02)


卵管妊娠に対するMRIの診断精度の検討
玉井 賢、小山 貴、佐賀恒夫、梅岡成章、藤井信吾、富樫かおり
日本医学放射線学会雑誌 (0048-0428) 65回抄録集 PageS141 (2006.02)


転移性卵巣腫瘍の臨床およびMR画像所見
小山 貴、玉井 賢、梅岡成章、片岡正子、佐賀恒夫、藤井信吾、富樫かおり
日本医学放射線学会雑誌 (0048-0428) 65回抄録集 PageS140-S141 (2006.02)


【産婦人科 インフォームド・コンセントの実際】婦人科(悪性腫瘍)子宮頸がん
子宮全摘(単純全摘、準広汎性全摘、広汎性全摘、リンパ節郭清)
樋口壽宏、藤井信吾
産科と婦人科 (0386-9792) 73巻Suppl. Page273-277 (2006.03)


マウスにおける胎生期低栄養が成長後の耐糖能に及ぼす影響
新生仔期の一過性高レプチン血症の関与
伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page729 (2006.02)


マウス母獣摂餌制限モデルにおいて蛋白質摂取量が胎仔発育および
insulin-like growth factor-I(IGF-I)の遺伝子発現に及ぼす影響
最上晴太、伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、佐川典正、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page728 (2006.02)


抗悪性腫瘍剤投与、及びその後に排卵誘発を加える卵巣障害モデルの作製と
その分子生物学的解析
堀内由佳、樋口壽宏、濱西潤三、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、万代昌紀、
刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page665 (2006.02)


卵巣子宮内膜症の悪性化にともなうMR画像の変化
山口 建、万代昌紀、小山 貴、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、
刈谷方俊、高倉賢二、富樫かおり、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page647 (2006.02)


胎生期低栄養が成長後の心血管障害発症要因となる機序の解析
心臓局所renin-angiotensin系の視点から
川村 真、伊東宏晃、 由良茂夫、 最上晴太、佐川典正、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page569 (2006.02)


ヒト胚子におけるFused Umbilical Arteriesの病理発生学的検討
山田重人、濱西潤三、伊東宏晃、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page565 (2006.02)


母体低栄養に起因する胎児発育遅延におけるグルココルチコイドの関与
由良茂夫、伊東宏晃、川村 真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page558 (2006.02)


MRキネマトグラフィー(シネMR)を用いた生理的子宮蠕動の評価
および非生理的状態での変化とその意義
鈴木彩子、刈谷方俊、小山 貴、富樫かおり、樋口壽宏、馬場長、近藤英治、
堀内由佳、八木治彦、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page502 (2006.02)


上皮性卵巣癌におけるtrophininの発現意義
馬場長、刈谷方俊、宮西正憲、山田重人、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、
福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page410 (2006.02)


子宮内膜癌におけるBDNFの関与
近藤英治、樋口壽宏、堀内由佳、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、
万代昌紀、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page399 (2006.02)


婦人科癌再発症例に対する拡大手術の試み
難治性子宮頸癌再発症例に対する骨盤半截術の経験
濱西潤三、樋口壽宏、福原 健、由良茂夫、万代昌紀、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 58巻2号 Page389 (2006.02)


体外受精後卵巣過剰刺激症候群を発症し、内頸静脈鎖骨下静脈血栓症と
卵巣茎捻転を合併した1症例
谷 洋彦、小阪謙三、伊東宏晃、竹村真紀、藤井信吾
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻1号 Page84-86 (2006.02)


進行子宮頸癌に対する動注化学療法同時併用放射線治療
concurrent chemoradiotherapyの治療成績の検討
安 昌恵、由良茂夫、福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾、山内智香子、荒木則雄、永田靖、平岡真寛
産婦人科の進歩 (0370-8446) 58巻1号 Page52-53 (2006.02)


妊婦の栄養不足と子供の肥満
由良茂夫、藤井信吾
日本臨床 (0047-1852) 64巻4号 Page795 (2006.04)


再発腫瘍の診断と治療 再発卵巣癌の治療における外科的治療の意義
臨床家の視点から
樋口壽宏、松本あや、万代昌紀、八木治彦、福原 健、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾
Radiology Frontier (1344-316X) 9巻1号 Page74-75 (2006.02)


【臨床医学の展望2006 診断および治療上の進歩】婦人科学
藤井信吾
日本医事新報 (0385-9215) 4268号 Page37-42 (2006.02)


学会報告

21世紀COEコロキウム 京都大学大学院医学研究科
「病態解明における基礎・臨床連携の進捗」 平成18年1月21日 於 京都
「卵巣癌におけるProgrammed cell death-Ligand 1(PD-L1)蛋白の発現」
濵西潤三、万代昌紀、(岡崎 拓)、(本庶 佑)、藤井信吾


平成17年度兵庫温知会総会 特別講演 平成18年1月29日 於 神戸市
「CD25陽性免疫制御性T細胞の操作による新たな婦人科癌・生殖免疫療法の確立に向けての基礎的検討」
八木治彦


第70回京都内分泌同好会 平成18年2月25日 於 京都
「Gitelman症候群を合併した妊娠の2例」
伊東宏晃、最上晴太、由良茂夫、川村 真、藤井信吾


関西アンドロロジーカンファレンス 平成18年3月4日 於 大阪市 
「ヘパリン療法にて挙児を得た全身性エリトマトーデス合併・抗リン脂質抗体陽性習慣流産の1例」
吉岡弓子、小阪謙三、藤原 浩、伊東宏晃、藤井信吾、森 崇英



静岡市産婦人科医会「拡大一土会」 平成18年3月16日 於 静岡市
特別講演「思春期産婦人科学-特に外科治療について」 高倉賢二


平成18年度京都産婦人科医会総会 平成18年3月17日 於 京都
招待講演「出血に関する考え方」 藤井信吾


The 37th Annual Meeting of the Society of Gynecologic Oncologists(SGO)
平成18年3月22日~26日 於 Palm Springs USA
「Oncogenic property of ACROGRANIN in human uterine leiomyosarcoma : direct evidence of genetic contribution in in vivo tumorigenesis」
Ken Yamaguchi, Noriomi Matsumura, Masaki Mandai, Masanori Miyanishi,
Ken Fukuhara, Tsukasa Baba, Toshihiro Higuchi, Masatoshi Kariya,
Kenji Takakura, Shingo Fujii


53rd Annual Meeting of Society for Gynecologic Investigation (SGI)
March 22-25, 2006 at Tronto, Canada
“The premature leptin surge plays a key role in developmental origins of obesity”
H Itoh, S Yura, N Sagawa and S Fujii


第111回日本解剖学会学術集会 平成18年3月29日~31日 於 北里大学
「Three-dimensional (3D) analysis of the central nervous system and cranial nerves in holoprosencephalic human embryos」
山田重人、(伊藤 仁)、(上部千賀子)、(塩田浩平)


日本産科婦人科学会岩手地方部会総会 平成18年4月8日 於 岩手
招待講演「産婦人科医:その役割と将来への布石」 藤井 信吾


第58回日本産科婦人科学会学術講演会 平成18年4月22日~25日 於 横浜
「婦人科癌再発症例に対する拡大手術の試み-難治性子宮頚癌再発症例に対する骨盤半截術の経験-」
濵西潤三、樋口壽宏、福原 健、由良茂夫、万代昌紀、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾

「MRキネマトグラフィー(シネMR)を用いた生理的子宮蠕動の評価および非生理的状態での変化とその意義」
鈴木彩子、刈谷方俊、(小山 貴)、(富樫かおり)、馬場 長、近藤英治、堀内由佳、
樋口壽宏、八木治彦、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「卵巣子宮内膜症にともなうMR画像の変化」
山口 建、万代昌紀、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、刈谷方俊、
高倉賢二、藤井信吾、(小山 貴)、(富樫かおり)

「抗悪性腫瘍剤投与の後に排卵誘発を加える卵巣障害モデルの作製とその分子生物学的解析」
堀内由佳、樋口壽宏、濱西潤三、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、万代昌紀、
刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾

「マウスにおける胎生期低栄養が成長後の耐糖能に及ぼす影響-新生仔期の一過性高レプチン血症の関与-」
伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾

「母体低栄養に起因する胎児発育遅延におけるグルココルチコイドの関与」
由良茂夫、伊東宏晃、川村 真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾

「胎生期低栄養が成長後の心血管障害発症要因となる機序の解析-心臓局所renin -angiotensin系の視点から-」
川村 真、伊東宏晃、由良茂夫、最上晴太、佐川典正、藤井信吾

「マウス母獣摂餌制限モデルにおいて蛋白質摂取量が胎仔発育およびinsulin-like growth factor-I(IGF-I)の遺伝子発現に及ぼす影響」
最上晴太、伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、佐川典正、藤井信吾

「婦人科がん再発症例に対する拡大手術の試み-難治性子宮頸癌再発症例に対する骨盤半截術の経験-」
濱西潤三、樋口壽宏、福原 健、由良茂夫、万代昌紀、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾

「子宮内膜癌におけるBDNFの関与」
近藤英治、樋口壽宏、堀内由佳、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、
万代昌紀、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾

「上皮性卵巣癌におけるtrophininの発現意義」
馬場 長、刈谷方俊、宮西正憲、山田重人、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、
福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、藤井信吾

「MRキネマトグラフィー(シネMR)を用いた生理的子宮蠕動の評価および非生理的状態での変化とその意義」
鈴木彩子、刈谷方俊、(小山 貴)、(富樫かおり)、樋口壽宏、馬場 長、近藤英治、
堀内由佳、八木治彦、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「卵巣子宮内膜症の悪性化にともなうMR画像の変化」
山口 建、万代昌紀、小山 貴、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、
刈谷方俊、高倉賢二、富樫かおり)、藤井信吾

「抗悪性腫瘍剤投与、及びその後に排卵誘発を加える卵巣障害モデルの作製とその分子生物学的解析」
堀内由佳、樋口壽宏、濱西潤三、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、万代昌紀、
刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾

「Fused Umbilical Arteriesの発生病理学的検討」
山田重人、濱西潤三、伊東宏晃、藤井信吾

座長「更年期医療の現状と展望」 藤井信吾

座長「高得点婦人腫瘍学5」 藤井信吾


Duke University 平成18年5月5日 於 アメリカ
招待講演
「Evolution of Surgical Techniques for Radical Hysterectomy」
藤井信吾


Massahustts General Hospital 平成18年5月12日 於 アメリカ
招待講演
「The Precise Anatomy of Vesico-uterine Ligament for Radical Hysterectomy」
藤井信吾


第79回日本内分泌学会学術総会 平成18年5月18日~21日 於 神戸
「胎生期の低栄養環境が成長後のメタボリックシンドローム発症に及ぼす影響
-catch up growth 期におけるレプチン濃度の関与-」
伊東宏晃、由良茂夫、佐川典正、(益崎裕章)、(中尾一和)、川村 真、最上晴太、
(小川佳宏)、藤井信吾

「マウス母獣摂餌制限モデルにおいて蛋白質摂取量が胎仔発育及びinsulin-like growth factor-I(IGF-I)の遺伝子発現に及ぼす影響について」
最上晴太、由良茂夫、伊東宏晃、川村 真、藤井信吾、佐川典正

「母体低栄養に起因する胎児発育遅延にはグルココルチコイドが関与する」
由良茂夫、伊東宏晃、川村 真、最上晴太、佐川典正、藤井信吾

「胎生期低栄養が成長後の心血管障害発症に及ぼす影響について-心臓局所renin angiotensin系の視点から-」
川村 真、伊東宏晃、由良茂夫、最上晴太、佐川典正、藤井信吾

クリニカルアワー
新しいシグナル伝達路を介した子宮内膜機能と臨床「着床とその制御」
藤原 浩

シンポジュウム
胎盤研究の新しいトピックス「ケモカインによる初期胎盤形成機構」
藤原 浩


第114回近畿産婦人科学会学術集会 平成18年6月10日~11日 於 奈良
「当科における子宮内膜症に合併した卵巣癌のMR所見についての検討」
山口 建、万代昌紀、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、高倉賢二、
藤井信吾、(小山 貴)、(富樫かおり)

「出生前に診断し得たBeckwith-Wiedemann症候群の1例」 
姜 賢淑、福原 健、由良茂夫、鈴木彩子、伊東宏晃、藤井信吾

「巨大膵嚢胞合併妊娠の1例」
吉岡弓子、福原 健、由良茂夫、鈴木彩子、伊東宏晃、藤井信吾

「子宮頸部筋腫内に子宮頸管より連続する内腔を認めた2症例」
西村史朗、吉岡信也、山村省吾、八木治彦、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、
高倉賢二、藤井信吾

腫瘍研究部会
「当科における境界悪性卵巣腫瘍51例の臨床病理学的検討」
山村省吾、八木治彦、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾

内分泌・生殖研究部会
「当院における子宮内膜症に合併した卵巣癌のMR所見についての検討」
山口 建、万代昌紀、小山 貴、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、
刈谷方俊、高倉賢二、富樫かおり、藤井信吾

腫瘍研究部会
「当科における境界悪性卵巣腫瘍の臨床病理的検討」
山村省吾、八木治彦、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、
藤井信吾


第11回生殖医学フォーラム 平成18年6月16日~17日 於 三重
「卵巣子宮内膜症性嚢胞の癌化に対する腫瘍内容液の影響-腫瘍内容液中の鉄がもたらす酸化ストレスの関与-」
山口 建


第46回日本先天異常学会学術集会 平成18年6月29日~30日 於 山形
「A Human Embryo Database based on the Kyoto Collection」
山田重人、(上部千賀子)、(塩田浩平)


日本産婦人科学会新潟地方部会 平成18年7月1日 於 新潟
招待講演「症例から学ぶ婦人科腫瘍学」 藤井信吾


第42回日本周産期・新生児医学会総会 平成18年7月9日~11日 於 宮崎
「妊娠中に巨大膵嚢胞摘出術を行い耐糖能異常をきたした1例」
由良茂夫、伊東宏晃、川村 真、最上晴太、藤井信吾

「出生前にBeckwith-Wiedemann症候群を強く疑い出生後に確定診断にいたった1例」
伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、最上晴太、藤井信吾

「マウス母獣摂餌制限モデルにおける胎仔発育遅延は蛋白質摂取量の増加によって改善する」
最上晴太、伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、佐川典正、藤井信吾

「マウス母獣摂餌制限モデルにおいて蛋白摂取量が血圧及び冠動脈周囲線維化に与える影響」
川村 真、伊東宏晃、由良茂夫、最上晴太、佐川典正、藤井信吾


第5回生殖バイオロジー 東京シンポジウム 平成18年7月16日 於 東京
「自己免疫細胞を用いた胚着床率の向上」 吉岡信也


第40回日本婦人科腫瘍学会学術集会 平成18年7月20日~22日 於 岐阜
「卵巣癌における免疫抑制性補助シグナル分子PD-L1発現と予後との相関」
濵西潤三、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾

座長「子宮癌の手術療法を再考する」 藤井信吾


JSAWI 2006
(Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging)
平成18年9月1日 於 淡路島

座長「画像診断で機能にどこまでせまれるか」 藤井信吾
 

第12回国際胎盤学会 平成18年9月6日~9日 於 神戸
シンポジュウム
“Membrane-bound peptidases regulate human extravillous trophoblast
invasion”
藤原 浩


12th International Federation of Placenta Associations Meeting (IFPA)
September 6-9, 2006 at Kobe, Japan
“Hypothalamic association with high systolic blood pressure and pronounced obesity on highfat diet in adult mouse offspring with undernutrition in utero”
H Itoh, M Kawamura, S Yura, N Sagawa and S Fujii

“Impaired leptin sensitivity and development of obesity in mice offspring with maternal food restriction”
S Yura, H Itoh, N Sagawa, M Kawamura, H Mogami and S Fujii

“Fetal undernutrition augments systolic blood pressure and cardiac remodeling in adult mouse offspring -A possible important role of local cardiac angiotensin system in Developmental Origins of Cardiovascular Disease-”
M Kawamura, H Itoh, S Yura, H Mogami, N Sagawa and S Fujii

Workshop (Fetal Membranes and Uterine involvement in the Onset of Labour)
“Cyclic uterine contraction in parturition synergically activates both cervical ripening and prostaglandin synthesis in the amnion adjacent to dilating cervix”
H Itoh

Workshop “Metabolic disorders in offspring with intrauterine undernutrition by maternal food restriction -An involvement of premature leptin surge-”
S Yura, H Itoh, N Sagawa, M Kawamura, H Mogami and S Fujii

“Placental IGF - I gene expression is differently regulated by undernutrition and by glucocorticoid exposure in pregnant mice”
H Mogami, S Yura, M Kawamura, H Itoh, N Sagawa and S Fujii


第71回京都内分泌同好会 平成18年9月9日 於 京都
「妊娠中に胆嚢胞摘出術を行い、妊娠末期に耐糖能異常をきたした1例」
小西陽子、吉岡弓子、福原 健、由良茂夫、鈴木彩子、伊東宏晃、藤井信吾

教育講演「胎生期子宮内環境から見たメタボリックシンドローム発症機序の解析」
由良茂夫


第7回京都少子化問題研究会学術講演会 平成18年9月10日 於 京都
「子宮下部の巨大筋腫が経膣分娩後に筋腫分娩し多量出血となった一例」
和田美智子、吉岡弓子、福原 健、由良茂夫、巽 啓司、伊東宏晃、樋口壽宏、
高倉賢二、藤井信吾


4th World Congress on Developmental Origins of Health & Disease
September 14-16, 2006 at Utrecht, Netherlands

“Deterioration of cardiac remodelling in adult mouse offspring with
undernutrition in utero”
H Itoh, M Kawamura, S Yura, H Mogami, N Sagawa and S Fujii


The North-East of German Society of Gynecological Oncology,
Sept. 15-16, 2006, Greifswal, Germany

招待講演「New surgical techniques in Gynecologic Malignancies」
藤井信吾


第86回北海道医学大会分会・第84回北海道産婦人科学会学術講演会
平成18年10月1日 於 旭川

招待講演「産婦人科医:その役割と将来への布石」 藤井信吾


第59回日本産婦人科学会中国四国合同地方部会学術講演会
平成18年10月7日 於 松山

招待講演「産科・婦人科:出血に関する考え方」 藤井信吾


第15回京都母性衛生学会総会・学術講演会 平成18年10月7日 於 京都
「経膣分娩後の外陰部・膣壁血腫5例の臨床的検証」
細井由香、福原 健、由良茂夫、巽 啓司、伊東宏晃、高倉賢二、藤井信吾


第44回癌治療学会総会 平成18年10月18日~20日 於 東京
「卵巣子宮内膜症性嚢胞の癌化には鉄を含む腫瘍内容液がもたらす酸化ストレスが関与する」
山口 建、万代昌紀、濱西潤三、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、樋口壽宏、
高倉賢二、藤井信吾、(豊國伸哉)


21century COE Colloquium on Immunology 2006
4th November 2006 in Kyoto
「Prognostic significance of programmed cell death-1 ligand and
tumor-infiltrating CD8+lymphocytes in human ovarian cancer」
Junzo Hamanishi, Masaki Mandai, (Taku Okazaki), (Tasuku Honjo), Shingo Fujii

「Targeting of tumor vessels and activation of local tumor immunity using embryonic endothelial progenitor cells (eEPCs) lead to tumor suppression in lung metastatic model of ovarian cancer」
Junzo Hamanishi, Masaki Mandai, Shingo Fujii


第51回日本生殖医学会総会・学術講演会 平成18年11月8日~10日 於 大阪
シンポジュウム
着床不全の改善のために-基礎から臨床へ-「免疫細胞を用いた治療法の開発」
藤原 浩


第7回北陸子宮頚癌手術研究会 平成18年11月11日 於 金沢
招待講演「広汎子宮全摘術-神経温存について-」 藤井信吾
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了