メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

当科について

当院婦人科の特徴当院産科の特徴当院生殖補助治療の特徴当院女性ヘルスケア診療の特徴

当院婦人科の特徴

1)婦人科悪性腫瘍の集学的治療

図1:当科で取り組む集学的婦人科がん治療
クリックで拡大

当院は日本婦人科腫瘍学会の定める婦人科腫瘍専門医制度修練指導施設の一つであり、日本産科婦人科内視鏡学会の定める認定研修施設です。 多くの婦人科腫瘍専門医・がん治療認定医・内視鏡技術認定医を中心に、子宮や卵巣などにできた婦人科悪性腫瘍に悩む患者さんの治療に日々取り組んでいます。

院内の各診療科と連携して最新鋭の画像診断機器を用いて仔細に検討し、病変を理学的かつ病理学的に診断するだけでなく、診断的がんゲノム解析にも取り組み、最も適切な治療を患者さんに提示できるよう努めています。

浸潤癌は初発・再発を問わず手術療法・化学療法・放射線療法を組み合わせた集学的治療を行うことで、他施設と比較して良好な治療成績を治めています(図1)。

また、基礎研究の成果を臨床に還元すべく、当科で開発した再発卵巣癌に対する免疫療法や日本人に多い難治性の卵巣明細胞癌に対する分子標的治療の治験も行っています。

2)個別化する手術治療

図2:当科における全身麻酔下婦人科手術件数の推移
クリックで拡大


図3:当科における子宮体癌治療の推移:腹腔鏡手術が2/3以上に増加
クリックで拡大

当科では悪性腫瘍のみならず子宮筋腫や子宮内膜症などの良性疾患にも積極的に手術を行っています。全身麻酔下の婦人科手術は年間360件に上りますが、早期の社会復帰や分娩など患者さんそれぞれの希望が叶うよう、個別化治療に取り組んでいます。

特に力を入れているのが、手術侵襲の軽減を目的とした内視鏡手術(腹腔鏡、ロボット手術)です(図2:良性疾患の6割以上、悪性疾患の4割以上)。

子宮に限局する早期がんに対する標準治療として永らく、開腹して子宮やリンパ節を摘出する手術が行われてきました。 開腹して行うリンパ節郭清手術の後には大きな傷が残り、腸閉塞やリンパ浮腫などの術後合併症が伴うことがあります。

初期で悪性度の低い子宮体癌には2014年より骨盤内の腹腔鏡手術が保険診療として認められましたが、当科では術後の再発・転移リスクがもう少し高く上腹部までの手術を要する子宮体癌にも希望者には自費診療で腹腔鏡手術を行っています。初期の子宮頸癌にも腹腔鏡手術(先進医療)とロボット支援下手術(先進医療;一部は自費診療)で行っています。

子宮頸癌では子宮周囲の組織(基靭帯)を併せて取ることで排尿機能が低下することもありますが、細部まで拡大して操作を行う内視鏡手術では排尿機能の低下が抑えられます。当科ではこれまでに100人以上の子宮体癌の患者さん(2016年は全体の2/3以上:図3)と30人以上の子宮頸癌の患者さんが内視鏡手術を受け、早期の社会復帰を果たしています。

子宮頸癌では3割以上の患者さんが40歳未満と若年患者が多く、子宮を摘出するとその後の妊娠が望めません。 当科では妊孕能温存希望が強く、腫瘍が小さく再発リスクの低い若年患者さんには子宮体部を残す妊孕性温存手術(トラケレクトミー)を行っています。

再発腫瘍や卵巣癌では腫瘍を完全に取りきることにより根治性を上げることができるため、外科・泌尿器科・血管外科など他科と協力し他臓器切除を含めた拡大手術にも取り組んでいます。

3)卵巣癌に対する免疫治療〜標準治療の先を求めて〜


クリックで拡大

進行・再発卵巣がんは、腫瘍減量術とタキサンやプラチナ製剤を併用した化学療法を用いた集学的治療を行っても半数以上が再発するため、非常に予後が悪いがんです。そこで当科では、このような標準的治療に代わる、あるいは補完するような新しいがん治療法の開発〜臨床応用を行っています。その一つが免疫チェックポイント阻害薬によるがん免疫療法です。

これまでに当科では、卵巣がん研究のなかで、免疫反応を抑制する信号(免疫チェックポイントシグナル)PD-1・PD-L1経路が、がん細胞への免疫反応を抑制しがん進展や予後不良にかかわっていることを解明しました。そして2011年より、プラチナ製剤抵抗性卵巣がんに対して、PD-1経路を遮断する抗体(抗PD-1抗体)を用いた医師主導治験を世界に先駆けて行い、検討数は少ないものの非常に有望な結果を得ました(1,2)。この研究結果から、2015年より、同卵巣がんを対象に検討数を拡大した国内多施設共同治験を行っております(3)。またさらに当科の基礎研究から、従来の化学療法とこのPD-1経路阻害薬との併用療法が有効であることがわかり(4)、2016年より、未治療の卵巣がんに対して、標準的化学療法とPD-1経路阻害薬との併用療法の有効性を検討する国際多施設共同治験にも参加しています。

今後は、卵巣がんを含む婦人科がんに対して、PD-1経路阻害薬の治療効果の指標(バイオマーカー)の探索や、より最適なPD-1経路阻害薬との併用療法の検討や、さらにがん免疫の解明と新しいがん免疫療法の開発を目指した研究を行っています(図4)。

引用1:UMIN000005714
引用2:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/1500909_1.html
引用3:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~obgy/pdf/201606_clinicaltrial.pdf
引用4:http://cancerres.aacrjournals.org/content/75/23/5034.long


当院産科の特徴

産科医・助産師は勿論、NICU、手術室、麻酔科、救急科、輸血部、放射線科など関係診療科・部門が一体となり24時間体制で母体と胎児に安全で質の高い医療を提供しています。大きな合併症をもたない(リスクの低い)妊婦さんの分娩も積極的に受け入れています。リスクの低い妊産婦は助産師外来でゆっくり時間をかけてお話をしながら妊婦健診を受けることができます。分娩の痛みに対する恐怖感や不安な気持ちを抱いている妊産婦には、事前に希望があれば和痛分娩(静脈麻酔)を提供しており大変満足いただいています。

ハイリスク妊娠

MFICU(母体・胎児集中治療室)が6床あり、24時間体制で母体・胎児の状態を十分に監視しています。SLE、甲状腺機能異常、てんかん、糖尿病など内科疾患合併妊娠、心疾患や脳血管疾患合併妊娠、がん合併妊娠、肝移植後の妊娠などハイリスク妊娠に精通したスタッフが妊娠・分娩管理を行っています。また重症妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、重症胎児発育不全、超早期の前期破水などリスクの高い妊娠合併症も数多く取り扱っています。

胎児疾患

胎児輸血や胎児胸腔-羊水腔シャント術など胎児治療を行なっています。また、小児外科、小児循環器、心臓外科、泌尿器科などと連携し、多くの胎児先天性疾患を伴う妊娠・分娩を管理しています。また、毎週火曜日の胎児超音波外来で胎児の心疾患や骨系統疾患など胎児異常が疑われる症例の精査を行っています。

産科手術

2016年の分娩数は366件、帝王切開は123件(33.3%)でした。前置胎盤や癒着胎盤症例に対する帝王切開経験が豊富にあり、様々な出血量軽減法を用いて全例で子宮温存に成功しています。胎盤早期剥離や母体心停止の際に行う超緊急帝王切開のシミュレーションを麻酔科、手術部、救急科と合同で行うなど、日頃から緊密に連携しており様々な産科救急に対して迅速に対応しています。その他、卵巣腫瘍合併妊娠や異所性妊娠などに対して侵襲の少ない腹腔鏡手術も行っています。帝王切開瘢痕部妊娠や頸管妊娠に対しては子宮を温存する保存的治療も行なっています。

産科救急
2010年に全診療科・全診療部門の合意のもと「重症合併症を有する妊産婦の救急診療における基本指針」を作成し、院内で24時間体制での母体搬送と全身管理が可能な周産期救急体制が確立されたことにより、重症妊産婦の受け入れが著しく増加し、現在では年間およそ140件の産科救急を搬入しています。他の医療機関より搬送要請がある妊産婦産科救急は基本的にすべて受け入れており、特に、分娩後出血、胎盤早期剥離、重症妊娠高血圧症候群、前置癒着胎盤、超早期の切迫早産の管理について京大病院は先進的な取り組みを行っています。

がん合併妊娠
悪性腫瘍合併妊娠に対しては母体の生命を第一に考え、妊娠継続や妊孕性温存の可否、化学療法の要否、児の娩出時期等について検討し、十分なインフォームドコンセントのもとに治療方針を決定しています。これまでに妊娠中期に診断された悪性腫瘍(子宮頸がん、乳がん、悪性リンパ腫)に対して妊娠中に化学療法を行い健児を得ています。

児の娩出時期
前期破水、切迫早産、胎児発育不全、重症妊娠高血圧症候群の症例では、児娩出の至適時期を的確に判断することが重要です。新生児医療の進歩に伴い早産児の生育限界は拡大してきましたが、超早産児や超低出生体重児の生命および神経学的予後はいまだ不良です。特に妊娠26週未満の症例では、児の未熟性ゆえ在胎期間の延長をはかることが重要であり、母体と胎児の状態を評価しながら可能なかぎり妊娠を継続する方針としています。

帝王切開に対する考え
当院に分娩後の大量出血で搬送されてくるおよそ半数を帝王切開分娩が占めています。また、次回の妊娠で、母体の生命を脅かす前置癒着胎盤や子宮破裂が起きないように不要な帝王切開を行わないことが大切です。分娩の進行には個人差があるため進行が遅延する場合でも安易に帝王切開をするのではなく、その原因を追求し帝王切開の要否を判断しています。また胎児心音が低下する場合には緊急帝王切開が必要な症例もありますが、一方で体位変換や羊水補充で回復し経膣分娩が可能な症例もあり、両者を瞬時に的確に判断することが重要です。重症妊娠高血圧症候群、双胎、骨盤位、帝王切開既往などの症例も安易に帝王切開とせず、個々の症例を検討し最善と考えられる分娩方法を提案しています。


当院生殖補助治療の特徴

昨今の晩婚化に伴い不妊カップルが増加しており、不妊治療とりわけ生殖補助医療(ART)まで受ける症例が増えています。当院で扱う症例は他院で難治性の不妊症と診断された症例や、内科的合併症を持つ症例など、他院からの紹介患者の割合が増加しています。当科の基本的な方針として個々の症例に応じた段階的な不妊治療を心がけています。しかしながらこのような治療にもかかわらず、妊娠に至らない症例に対しては、腹腔鏡手術また、顕微授精(ICSI)を含めた体外受精-胚移植(ART)も行なっています。2012年の胚移植の成績は全体で15.8%の妊娠率であり、この妊娠率は対象症例に難治性不妊患者が多いことを考えると、良好であると考えられます。また凍結胚盤胞移植(DET)における妊娠率は、44.4%で日本産婦人科学会のデータと比較しても遜色はありません。さらに生殖補助医療の一貫として若年性のがん患者及び膠原病患者における「化学療法・放射線療法に伴う早発閉経」に対する予防的治療にも積極的に取り組んでおります。



当院女性ヘルスケア診療の特徴

ヘルスケア外来

女性は思春期から性成熟期、妊娠・出産、そして更年期、老年期とライフステージを通してホルモン分泌がダイナミックに変化し、それはしばしば体調や生活にも影響を与えます。あらゆる年代の女性特有のこころとからだの慢性的な症状、変動のある症状、健康上の不安などに対し、症状の軽減や不安の解消をはかると同時に予防医学的観点に立った生活指導や治療を行っています。ホルモン療法・漢方療法・対症療法を適宜組み合わせて科学的根拠に基づいた標準的治療を実践しながら傾聴と対話をも重視し、一人ひとりの「どう在りたいか、どうしたいか、どうなりたいか」をご一緒に考えていくヘルスケア診療を心掛けています。こころの症状や問題を抱えておられる患者様の診療も心療内科や精神科だけにお任せするのではなく、診療科や医療機関を越えた「連携」を大切にして、女性診療の専門的立場で可能な治療やサポートを行っています。


対象疾患・病態・症状

  • 思春期の月経異常
  • 無月経、月経不順
  • 月経困難症
  • 月経前症候群、月経前不快気分障害、基礎疾患の月経前増悪
  • 他疾患に伴う月経異常
  • 更年期障害
  • 骨粗鬆症
  • 女性の心身症(からだの病気・症状・不具合の中で、その発症や経過に心理社会的要因やストレスが密接にかかわっているもの)

 

「時間をかけてじっくり相談したい」「話をたくさん聞いてほしい」「いきなり産婦人科の診察を受けるのではなく、まず相談だけしたい」というご要望にお応えするために、当院では産科婦人科外来とは別枠で医師カウンセリング(自由診療・完全予約制)も行っています。

 

※「産科婦人科ヘルスケア外来」と「女性のこころとからだの相談室・医師カウンセリング」の違いは、「女性のこころとからだの相談室」独自ホームページ内「よくあるご質問(FAQ)」に記載しています。


女性漢方外来

女性にあらわれやすい多彩な症状に対応し一人ひとりへのきめ細やかなヘルスケアを実践するために2014年1月に当科の中に開設されました。西洋医学的な見方で検査結果の異常がなく説明がつかない病態や西洋医学的な治療で改善しない症状、あるいはさまざまな事情で標準的な治療を行うことが難しい状態に対応しています。漢方医学的な身体の診察を行い、西洋医学とは異なる視点で病態を理解し、こころとからだの両方に働きかける漢方療法を行います。漢方薬としては健康保険の適応となっているエキス製剤を用いています。治療にあたっては患者様それぞれの体質・症状に合わせた漢方薬を処方するために、日常生活でのお困りごとや体調の変化なども詳しくうかがいます。


京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了