メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

当科について

ヘルスケア外来・女性漢方外来

ヘルスケア外来

当外来の受診方法(原則として予約制)

当院産科婦人科に通院中(過去6か月以内)の方

  • 当院産科婦人科の診察時に担当医にご相談ください
  • 当院の再診予約受付(窓口)または予約センター(電話)にて予約してください

当院産科婦人科を受診したことがない方、もしくは受診から6か月以上経過している方

  • 当院産科婦人科の新患外来(月〜金)をまず受診してください。新患外来にて必要な診察や検査を行い、次の診察としてヘルスケア外来の予約をします。初診時の内診など、診察や検査の一部を延期なさりたい方は率直に担当医にご相談ください。ただし、内診・子宮がん検診・経腟超音波検査などを初診時に実施しておきますと、ヘルスケア外来ではお話を聴くことや病状・治療の説明により長い時間を使うことができるというメリットがあります。

 

ヘルスケア外来専用のチェックシート(問診票)について

月経随伴症状(月経期間中や月経前の時期に繰り返す痛みや不快な症状)や更年期障害においては、こころとからだにあらわれる症状は種類も程度もさまざまであり個人差もあります。当外来では患者様の悩みや病状を把握するために、症状について詳しくお尋ねします。またそれらの治療法として女性ホルモンを含むホルモン療法が適切で安全であるかどうかを判断するために、過去の病歴や体質にかかわることもお尋ねします。

これら確認すべき項目を漏れなく効率的に質問するために、3種類のチェックシート(問診票)を用意しています。下記のご自身に当てはまるチェックシートを事前にダウンロードしてご自宅などでゆっくりご記入なさり診察当日ご持参くださいますと、診察時の手続きがよりスムーズになります。もちろん当科外来受付(3CDコーナー)にも同じ用紙がありますのでご来院時に待合室でご記入いただいても結構です。

チェックシートの選び方

  ご相談の内容 チェックシート
1 月経がなくなった、更年期症状がある @+B
2 月経痛(生理痛)がひどい A+B
3 月経前の症状がつらい、月経の周期で繰り返す症状がある A+B
4 月経不順である B
5 避妊の相談をしたい B
6 その他の相談をしたい 診察室で具体的にお尋ねしますので
チェックシートは不要です

 

チェックシート

チェックシート@更年期の症状(PDF)

チェックシートA月経前の症状(PDF)

チェックシートBホルモン療法前チェック(PDF)

 

※チェックシートBへのご記載をお願いすることはホルモン療法をお勧めしているということではありません。治療法は各薬剤・用法の期待される効用や副作用などを説明し患者様のご希望も聞きながらご提案します。

 

女性漢方外来

女性漢方外来(完全予約制)を受診いただくにあたって

西洋医学的な異常の見落としを防ぐため、一度は当院産科婦人科を受診していただいた後に女性漢方外来を予約して受診していただきます。

 

当院産科婦人科に通院中(過去6か月以内)の方

  • 当院産科婦人科の診察時に担当医に「女性漢方外来受診希望」とお伝えくだされば予約をとります。
  • 当院の再診予約受付(窓口)や予約センター(電話)では予約はできません。

 

当院産科婦人科を受診したことがない方、もしくは受診から6か月以上経過している方

  • 当院産科婦人科の新患外来(月〜金)をまず受診してください。紹介状をお持ちでない場合も受診いただけますが、初診料の他に、特定療養費制度に基づく特別の料金として5,400円(税込)をいただくことになります(全診療科共通)。新患外来にて西洋医学的な診察や検査を行い、ご希望があれば女性漢方外来の予約をとります。新患外来担当医が西洋医学的な治療や追加の検査が必要であると判断した場合にはそれらを行うことを相談しつつ、並行して漢方の治療を始めることも可能です。

 

担当者
蔭山 充
(かげやま みつる)
第3木曜日10:00〜12:00
(月1回、非常勤講師)
志馬 千佳
(しめ ちか)
第2木曜日10:00〜12:00
(月1回、非常勤講師)
江川 美保
(えがわ みほ)
第1木曜日(午前)、第4木曜日(午前)

※第5木曜日は休診

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了