メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

研究室紹介・業績一覧

研究室紹介業績一覧

研究室紹介

婦人科腫瘍研究室

婦人科悪性腫瘍全般の病態解明・新たな治療戦略確立を目指して以下の取り組みを進めています。

  1. 卵巣癌を中心とする婦人科癌の発生機構の解明;婦人科癌の発生機構をホルモン環境・腫瘍微小環境の面から追求し、独創的な視点を提示してきました。現在は遺伝子導入や網羅的発現解析の手法を用いて研究を続けています。
  2. 婦人科腫瘍に対する免疫療法の確立;臨床に応用可能な腫瘍免疫学の確立を目指して、おもに卵巣癌・子宮頸癌で免疫学的予後因子の探索・確立、免疫抑制因子の抗体による制御、腫瘍血管の免疫学的ターゲティングといった多方面からの婦人科癌の研究を行なっています。
  3. 網羅的遺伝子解析を用いた婦人科腫瘍の診断・治療技術の開発;おもにマイクロアレイの数学的な分析方法を用いて、婦人科癌の発生や浸潤・播種といった、さまざまな生物学的側面にアプローチする研究を開始しています。

周産期研究室

周産期領域の臨床に役に立つ発見を世界に発信し、周産期医療の向上に寄与することを目指し主に下記の研究を行っています。

  1. 妊娠高血圧症候群の病態解明および治療法の開発
  2. 前期破水に対する新規治療法の開発
  3. iPS細胞を用いた絨毛細胞の分化機構の解明・胎盤機能再生療法の開発
  4. 分娩後子宮出血に対する新規バルーンタンポナーデシステムの開発

生殖医学研究室

診療面では不妊症全般を取り扱い、難治性不妊症に対する体外受精・顕微受精も積極的に行っています。また腹腔鏡による内視鏡手術を積極的に導入し、不妊原因の解明および治療を行っています。研究面では生殖生理における重要な現象である排卵・着床・胎盤形成の分子生物学的見地からの特性や、不妊症の主な原因となる子宮内膜症の発生機序に着目し、

  1. 卵胞発育機構の解明
  2. 着床に関与する分子の同定とその機能の解析
  3. 受精・着床現象に対する免疫系を介した新たな調節機構の解明に関する研究
  4. 胎盤形成に於ける絨毛細胞浸潤調節機構の解析
  5. 腹膜子宮内膜症の発生機序に関与する因子の解析

を行っています。



女性健康医学研究室

診療面では、すべてのライフステージの女性のQOL維持向上を目的に、心と身体の両面の問題に対応し、予防医学的観点にも立ったトータルケアを実践しています。
主な研究テーマは思春期・性成熟期女性のQuality of Lifeに大きな影響をあたえる月経前症候群(PMS;premenstrual syndrome)で、その啓発活動にも積極的に取り組んでいます。
京都大学COI(センターオブイノベーション)プログラムに参画し、月経を軸にした女性の健康支援ICTシステムの研究開発を産学連携にて行っています。


https://www.konicaminolta.jp/michicake/


https://www.konicaminolta.jp/about/release/2017/0307_01_01.html



業績一覧

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了