専門研修

当科での研修をかんがえておられる先生へ

京都大学医学部婦人科学産科学教室 
教授 万代昌紀

産婦人科医として一人前になるためには専門研修は大変重要です。先生方は長ければ今後30年、40年にわたって産婦人科医として生きることになるわけですが、最初の数年間に何をどのように学んだか、は、一生の自分の医療の質を決めると言っても過言ではありません。 

では、その最初の専門研修をどこで始めようか?先生方はきっと日々、迷っておられると思います。ちょっと次の質問が正しいかどうか、答えを考えて見てください。#研修ではできるだけ多くの症例を見るほうが良い、#手術はできるだけ早くから始めたほうがよい、#ガイドラインに従って標準的な診療を身につけるべきである、#すべての分野をまんべんなく学ぶべきである。どうでしょうか?私はすべて基本的には正しいと思っています。ただし・・・、これは現時点でできあがっている医療と同じことを将来も先生方がやっていく、と仮定した場合です。しかし、現実はどうでしょうか?

いま、医療はとてつもないスピードで変化しています。意外なほど近い将来に、診断の多くはAIがおこない、手術教育はシミュレーションが中心になり、ガイドラインが廃れて個別化診療が普及し、その結果、AIを凌駕できる高度な専門性を持つ医師だけが生き残れる、そういう医療体制が出現することはほぼ間違いないのです。そのような時代に今、おこなわれている医療のみを想定した研修を受けるだけで大丈夫なのでしょうか?

われわれは、どのような時代が来ても対応できる考え方、学び方を会得した、柔軟性を持った医師を育成することを目指しています。大学ならではのコンテンツを最大限に活用することで、単に最先端、ということではなく、本質的に次の世代に求められている技能・技術・思考法を身につけて、自信を持って今後の20年を切り拓いていける実力をつけてもらうことができると思っています。もちろん、たちまち必要なノウハウを十分に研修してもらうのは当然ですが、同時に、その続きとして今後の羅針盤となる何かを専門研修のうちに身につけてほしいと思っています。

たとえば、現在、当科では専攻医の手術教育は腹腔鏡を中心におこなっています。入局後、数か月から簡単な腹腔鏡手術の執刀をしていただきます。何故なら腹腔鏡は急速に普及しつつあり、今後、婦人科手術の大部分は腹腔鏡でおこなわれるようになるからです。しかし、それだけで十分でしょうか?当科は日本で最初に手術ロボットダヴィンチによる本格的な神経温存広汎子宮全摘術を始めました。婦人科ではロボット手術が保険収載され、2年後には国産機ふくめて多種類の手術ロボットが市場に導入されることがわかっており、今、研修を始める先生方は将来、自分が執刀する手術の多くをロボットでおこなうようになるわけです。それがわかっていながら、旧来の開腹手術のみを長い時間をかけて教えてもらっても意味があるでしょうか?子供がそろばんを習うのは意味がないとは思いませんが、私は若い先生にこそ、コンピューターの手ほどきをしたいのです。現在の先端技術はあっという間に普及技術となり、若い先生方はそれを自由に扱えるようにならなければいけません。であれば、そのような技術や思考法に早く接したほうが良い、というのが私の意見です。

京都大学病院プログラムでは有名な大病院から中小病院までさまざまな特徴を持った関連病院と連携して専門研修をおこなっています。若いうちに地域性や規模や診療特性の異なる医療を経験することは診療の基礎体力をつけるうえで大変重要です。関連病院間は密なつながりがあり、研修会等でひとのつながりを保つと同時に、診療面でもレベルの向上を図っています。関連病院・同窓会全体で人材育成をする、という伝統を持っています。さらに、現在、遠隔会議システムを用いた大学と関連病院間でのテレカンファレンスの立ち上げを準備中です。小規模の病院に赴任しても診療の判断に困ることがないように、最新の知識を吸収し続けることができる体制整備を進めています。

当科での専門研修は決して安易ではありません。必要な知識や技量は厳しく教えます。それによって1年間で正常分娩・異常分娩問わず何とか対処できるようになり、腹腔鏡を含めた手術が何とか自分で執刀できるようになり、婦人科病理が見られるようにあり、MRI含めた画像が自力で読めるようになります。これらは、その後、一般病院で豊富な症例を経験するうえで必須の基礎技量であり、これなくして症例数のみこなしても実力は上がりません。これから産婦人科医を目指される先生、医者人生は長く、どのようにやっても山もあり谷もあります。そして医療の激動の時代に生きて行かなければなりません。その最初の段階で最善のスタートを切れるよう、われわれは当科の専門研修プログラムを自信を持って提供します。京都の美しい街並みの中で研修をしてみませんか?

…続きを読む

京都大学研修プログラムについて

京都大学研修プログラム(京大プログラム)では、日本産科婦人科学会産婦人科専門医プログラムに基づき、基幹病院(京都大学医学部附属病院)を最低半年間、地域病院を最低1か月、および連携病院での研修からなるプログラムです。産婦人科専門研修を考えている若い先生のさまざまなニーズに対応するために、いくつかのモデルプログラムを備えて、皆さんに選択できるようにしています。もちろん、これ以外にも個人の希望により変更可能ですので、皆さんの将来のイメージを描くのに参照してください。

京大プログラムの特徴

1.個人が目指すキャリアパスに応じて標準的~特徴的なプログラムまで用意しています

大学病院で長く学びたい、一般病院での経験を多く積みたい、まずは一般病院で臨床経験を積んでから大学で勉強したい、等、さまざまな希望に答えられるように柔軟なプログラム構成にしています。希望がある先生は京大プログラムに入る際に相談してください。一緒に将来のキャリアプランを相談します。

京大プログラムの一例

▲産婦人科専門医取得▲サブスペ専門医取得

京:京大、地:地域、院:大学院、大スタ:大学スタッフ、サブスペ:サブスペシャリティー

2.豊富な症例、多くの疾患病態に触れられます

大学病院ならではの稀少症例や重症症例、緊急症例が勉強できるのはもちろんですが、いわゆるコモンディジーズも多く、全般的な産婦人科プライマリケアが体系的に勉強できます。どのような複雑な症例でも基本的な考え方、原則にしたがえば正しい診療ができます。研修では1例1例をどのように考えるかを徹底的に習得します。さらに、関連病院はいずれも地域の中核病院であり、豊富な症例を経験できます。

3.主治医として責任を持って診療に当たります

もちろん、すべての患者は上級医(指導医)との共同で主治医をしますが、上級医と相談しつつ、できるだけ患者さんの診断・治療法を主体的に決定できるようにしています。

4.関連各科とのカンファレンスを通して広い知識と考え方を学べます

京大病院での研修では、産婦人科内で毎週1回、周産期カンファレンスおよび婦人科カンファレンスをおこなっています。また、関連各科と病理カンファレンス(週1回月曜日)、放射線読影・治療カンファレンス(各週1回水、木曜日)、化学療法カンファレンス(週1回水曜日)、モーニングレクチャー(週1回水曜日)などをおこなっています。これらはすべて、修練医が指導医の指導の下でプレゼンテーションをおこない、専門領域の責任者の先生とディスカッションしながら診断・治療法を決定して行くものです。その過程を繰り返すことで自分の力で各領域の病態の診断・治療をおこなうことができるようにしっかり訓練されます。また、各領域の最先端の考え方に直接、触れることができ、診療の幅を広げることができます。

京大での1週間のスケジュール
日時
8:00 病理C 病棟業務 モーニング
レクチャー
病徴業務 病棟業務
9:00 手術・
病棟業務
手術・
病棟業務
産科回診・
臨床C
手術・
病棟業務
日帰り手術・
病棟業務
10:00
11:00
12:00
13:00 手術
・病棟業務
婦人科回診・
臨床C
病棟業務・
患者面談・
修練医勉強会
など
14:00
15:00
16:00 周産期C 化学療法
17:00 病棟業務 病棟業務 放射線治療C 放射線治療C 1週間の振り返り

C:カンファレンス ※手術担当医以外は病棟業務

5.先端的な技術を教育します

多くの症例があっても、見ているだけでは勉強になりません。京大病院研修ではさまざまな技術を実際におこない、習得します。例えば、腹腔鏡手術では半年を目安に子宮全摘術を執刀医としておこなっていただきます。そのためにはもちろん、しっかりした基礎訓練が必要です。アニマルラボでのトレーニングを含め、系統的なトレーニングにより腹腔鏡の基礎技術を習得します。開腹術に慣れてから腹腔鏡、ではなく、最初から腹腔鏡手術を学ぶのが京大病院研修の特徴です。

京大での1年間のスケジュール

6.学会発表、論文作成を丁寧に指導します

症例をまとめたり、発表したり、論文を書いたりするのは、最初は面倒で大変なように思えますが、しっかりした指導の下に方法を習得すれば、一生の財産になります。大勢の先生の前で発表するのは苦手と思っていたけどやってみると気持ち良かった、発表の後で他の先生から声をかけてもらった、などの声を聞きます。単に教えてもらうのではなく、主体的に問題点を見つけて学ぶ、解決する、というのはこれからの医学において必須の技術です。研修期間内に、かならず1人以上の指導医がついて年1回以上の学会発表と、査読がある論文作成を目指してサポートをします。

学会発表のスケジュール

7.個人に応じた指導をします

研修は競争ではありません。医師人生は長く、途中で息切れしないためには、最初にしっかりした基礎体力をつけることが必要です。自分の興味があることをきちんと勉強すれば他のことにも応用できます。そのため一律ではなく個人・個性に応じた指導を心がけています。

8.女性医師支援をしてます

研修においては、男女に関わりなく適切な修練が受けられることが基本ですが、女性の場合、結婚、妊娠、出産そして育児等でどうしても一時的に研修を中断せざるを得ない場合があります。そのような場合もできるだけスムーズに研修に復帰できるように、研修先や内容を考慮します。

京大医師の男女比
日時 女性 男性
教授 0 1
スタッフ医師 4 8
医員 3 2
修練医 6 5
大学院生 8 6

9.将来のキャリアパスを見据えた指導をします

産婦人科研修は専門研修で終わりではありません。産婦人科専門医を取得後、多くの医師は、4つのサブスペシャリティー(周産期・婦人科腫瘍・生殖・女性医学)をめざしますし、内視鏡技術専門医や臨床遺伝専門医等の資格をめざすひともいます。これらを取得するためには、認定を受けた施設で症例経験を積む必要があります。京大プログラムの研修後にサブスペシャリティーの資格を希望するひとには、適切な研修施設を回っていただき、シームレスにこれらの資格が習得できるようにサポートします。

10.QOLを重視します

専門研修は産婦人科としての出発であり、その基礎を築くために、厳しい修練が必要と思っています。しかし、効率よい研修のためには適切な息抜きが必要です。京大病院研修では1年あたり3週間の休暇を設けています。当直日以外は19時には帰宅するのが原則です。集中して実りのある研修にします。また毎年恒例の歓迎会や大忘年会だけでなく、定例の同門会(温知会サマーフォーラム)、納涼会、野球大会などのレクリエーションを通じて、大学だけでなく、将来赴任する関連病院の同年代や先輩の先生方との交流も行っています。

主な医局レクリエーション

医局旅行

教室忘年会

11.広く人材を求めます

京大プログラムでは、全国の大学の卒業生を受け入れており、専門研修医だけでなく指導医の半数以上が他大学出身です。それは、多様化する産婦人科領域の診療や研究、教育の中で、様々なニーズや思考をもった皆さんを広く受け入れることによって、お互いが刺激し合い、切磋琢磨する環境を提供でき、さらに個々の努力では得られないような無限の可能性を最大限に伸ばすことができる、と信じているからです。また、様々な環境の皆さんを受け入れることで、限られた産婦人科領域のマンパワーのなかで、お互いがお互いを敬い、助け合う精神をプログラムの中で培うことができる、と考えています。

京医師の出身大学
日時 京大 他大学
教授 1 0
スタッフ医師 4 8
医員 1 4
修練医 7 4
大学院生 4 10

最後に

京都大学プログラムでは、個人の希望や事情も勘案しつつ、最終的に産婦人科のプロフェッショナルを育てます。ぜひ、われわれと一緒に仕事をしましょう。

京大病院 産科婦人科の見学を
随時募集しています!

見学をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。研修に関する質問や相談などにも、個別に対応いたします。

京都大学医学部附属病院産科婦人科