suizoulogo9

 

大津赤十字病院・外科

 

 

Home

 

膵がんについて

 一般向け

膵臓癌問答

膵がんについて

 --- 膵癌取扱い規約

 

膵がん関連出版物

 

 一般・医療従事者向け

膵がん治療方針

膵がん外科治療

膵頭十二指腸切除術

 

膵がん放射線治療と化学療法

膵がんの診断方法

外来診察の方法

リンク

 

膵内分泌腫瘍について

 一般向け

膵内分泌腫瘍

 一般・医療従事者向け

インスリノーマ

グルカゴノーマ

 

膵がん・膵臓疾患の研究

臨床研究と基礎研究

英文論文

専門医と研究スタッフ

 

その他

講義・講演会発表等

 

 

 

 

 

University_hospital

大津赤十字病院・外科

 

膵がんの診断方法

 膵がん(膵ガン,すいがん,膵癌膵臓がんすい臓がん膵臓癌,すいぞうがん,膵臓ガンすい臓癌すい臓ガン)の治療方針を決定するためには,膵腫瘍が良性かあるいは悪性かの診断,膵がんの存在する場所(局在),膵がんの進展度,肝臓などの遠隔臓器への転移の有無などを診断し,病期(ステージ)を正確に評価する必要がある.われわれは放射線科,消化器内科と共同で様々な画像診断を駆使して膵がんを診断し,正確な病期判定を行っている.

 

 

このページの項目

  MRI

  CT

  FDG−PET

  超音波検査

  超音波内視鏡

  ERCP

  膵管鏡

  IDUS

 

MRI

 磁気共鳴撮像法(Magnetic Resonance Imagingのこと.強い磁力をかけると分子の状態によって特別な信号が出ることを利用してCTと同じような断層像を表示する装置.X線によるCTとは異なった情報が得られる.

膵がんの診断のために必要な検査.特に肝転移の評価に有用.

膵がんのMRCP

(図をクリックすると大きくなります)

X線CT

 コンピューター断層撮影(Computed Tomographyのこと. X線によって得られた情報をコンピューターで処理して身体の断面の像を表示する装置.単にCTといえば、これをさす.MD-CTを用いた造影CTを行うことにより,膵腫瘍の良悪性判定(膵がんかどうか),膵がんの局所進展度遠隔転移などが評価できる.膵がんの診断に必須の検査であり,第一番目に行うべき検査である.検査画像が良質であることが必要.

 大津赤十字病院では膵臓疾患に対しては,multi-detector CTを使用し,動脈早期相,動脈後期相,平衡相の3 phase の造影画像が得られるダイナミックCT撮影を基本にしている.

FDG−PET

 膵がんの良悪性診断や,遠隔転移の診断に有用であるが,実施できる施設が限られている.

 18F標識フルオロデオキシグルコースポジトロン断層法を用いるFDG-PETは,悪性腫瘍の代謝に着目した新しい核医学的画像診断である.私たちは膵腫瘍が膵がんであるかどうか(膵腫瘍の良性・悪性の鑑別)や,膵がんにたいする化学療法や放射線療法の治療効果の判定に応用しており,診断成績は極めて良好である.

膵がんのFDG-PET

(図をクリックすると大きくなります)

超音波検査(US)

 超音波断層診断装置による検査.超音波(周波数が非常に高く耳に聞こえない音)の反射を利用して体内の断層像を表示する.身体に対する障害がほとんどなく,特別な部屋などを必要としないなどの利点があるため,肝臓・胆道・膵臓・泌尿器・産婦人科などの診断に広く用いられている.

 膵臓癌に対しては基本検査として行うと同時に,肝転移が疑わしい場合にはソナゾイド造影超音波検査を行い,正確な診断を行っている.

 

超音波内視鏡検査(EUS)

 膵がんの局所の微細な浸潤の診断や,小さな膵がんの発見に有効である.

 

ERCP

 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography)のこと.膵管を直接造影して膵がん病巣を診断したり,膵液を採取して膵がん細胞の有無を診断する.

 膵がんでは膵管の狭窄や途絶などの所見と,その部位よりも尾側膵の膵管の拡張所見がえられる.

 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN/IPMT)の場合には,特徴的な拡張膵管や,嚢胞の所見がえられる.

膵管内乳頭状腫瘍のERCP

膵管鏡(POPS)

 膵管の中に細い直接内視鏡を挿入して検査する.膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN/IPMTの診断に有効.

IDUS

 膵管の中に超音波装置を挿入して検査する.膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN/IPMTの診断に有効.

膵管内視鏡

(図をクリックすると大きくなります)

 

膵がん/大津赤十字病院・外科ホーム

 

このページに関するお問い合わせ先

このサイトはリンクフリーです.

 

Revised on 2010-03-15.

Copyright: 2007-2010 Department of Surgery,

ORCH. All rights reserved.