膵癌取扱い規約

第5版(日本膵臓学会)

 

M0

M1

 

N0

N1

N2

N3

 

Tis

0

 

 

 

 

T1

I

II

III

 

 

IVb

T2

II

III

III

T3

III

III

IVa

T4

IVa

 

膵癌取扱い規約は,腫瘍因子,リンパ節転移の程度,遠隔転移の程度を組み合わせて規定される.以下に膵癌 取扱い規約のそれぞれの因子について説明する.

T因子

Tis:     非浸潤癌

           ● 非浸潤性粘液性嚢胞腺癌および膵管内乳頭粘液性腺癌,上皮内癌

             (carcinoma in situ)などに相当する.

T1:      腫瘍径が2p以下で膵内に限局したもの

           ● 膵管内進展部分を含めた大きさが2pを越えていても膵管壁を越えた浸潤部

             がこの条件を満たしていれば膵局所進展度はT1とする.

T2:      腫瘍径が2pを越え膵内に限局したもの

T3:      癌の浸潤が膵内胆管(CH),十二指腸(DU),膵周囲組織(S,RP)の

           いずれかに及ぶもの

T4:      癌の浸潤が隣接する大血管(PV,A),膵外神経叢(PL),他臓器(OO)の

           いずれかに及ぶもの

           ● 隣接する大血管とは門脈系(上腸間膜静脈,門脈,脾静脈),腹腔動脈,

             総肝動脈,上腸間膜動脈,脾動脈である.

           ● 他臓器とは下大静脈,腎,腎静脈,副腎および胃,大腸,脾臓,とする.

TX:     膵局所進展度が評価できないもの

 

N因子

N0:      リンパ節転移が無い

N1:      1群リンパ節のみに転移がある

N2:      2群リンパ節まで転移がある

N3:      3群リンパ節まで転移がある

NX:     リンパ節転移の程度が不明

M因子

M0:     遠隔転移を認めない

M1:     遠隔転移を認める

            ● M1のときはその部位を記載する.部位は次のよう

              に表記する.肝(HEP),腹膜(PER),リンパ節

             (LYM),肺(PUL),胸膜(PLE),骨(OSS),

             骨髄(MAR),脳(BRA),皮膚(SKI),副腎(ADR),

             その他(OTH)

MX:     遠隔転移の有無が不明

 

UICC第6版(欧米で用いられている膵癌取扱い規約)

 

N0

N1

M1

T1

Limit to pancreas

<2 cm

IA

IIB

IV

T2

Limit to pancreas

>2 cm

IB

IIB

IV

T3

beyond pancreas

SMA(-), CA(-)

IIA

IIB

IV

T4

beyond pancreas

SMA(+) or CA(+)

III

III

IV

索引用語:膵がん,膵ガン,すいがん,膵癌膵臓がんすい臓がん膵臓癌,すいぞうがん

 

膵がん/大津赤十字病院・外科ホーム

Revised on 2010-03-14.

Copyright: 2005-2010 Department of Surgery, Otsu Red Cross Hospital. All rights reserved.