現在実施中の研究一覧

先制医療・生活習慣病研究

研究責任者・情報管理責任者

京都大学医学部附属病院
先制医療・生活習慣病研究センター 福島光夫 ​

研究目的

  医学の知見や技術が進歩し、様々な検査を組み合わせることで、より多くの疾病を、より早期に発見することができるようになってきた。慢性疾患で、初期に無症状の時期があり、頻度の高い疾病では、精度の高い予防対策が必要であると言われており、効率の良い予防戦略が社会的な必要性として議論されている。先制医療は、個体の持つ情報を精度高く評価し、各個体の個別の特徴に合った予防や治療を行うものであり、より個々の特徴に適した予防を目指すものである。従来より詳しい検査を用いることで、より早く疾病の兆候を把握して、疾病とその合併症の発症までに予防対策を講じることは、先制医療としてこれからの予防戦略になりうると言える。 研究対象および解析の項目 先制医療・生活習慣病研究センターの趣旨に賛同し、当センターの検診受診に同意した人を対象として、検診データ及び得られたサンプルから得られる解析結果をもとに、先制医療・生活習慣病に関する研究を実施する。

研究機関

  先制医療・生活習慣病研究センター ​

研究期間

  倫理委員会承認日から5年間、延長が承認されれば延長する。 ​

注意事項

  京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院医の倫理委員会の審査・承認を受けて実施される。参加しないことで、健康診断やこれからの医療機関受診に不利益は無い。研究結果の返却は原則として行わない。本事業に参加されないことで、健康診断やこれからの医療機関への受診に不利益が生じることはない。一度参加登録いただいても、いつでも取り消すことができる。ただし、申し出までに解析した結果は、引き続き事業に使われる。

連絡先

  先制医療・生活習慣病研究センター 電話:075-754-0072
京都大学医学部附属病院相談窓口 総務課 研究推進掛 電話:075-751-4899 trans@kuhp.kyoto-u.ac.jp
本事業に参加されないことで、健康診断やこれからの医療機関への受診に不利益が生じることはない。一度参加登録いただいても、いつでも取り消すことができる。ただし、申し出までに解析した結果は、引き続き事業に使う。

 脳動脈瘤を指摘された受診者における上部消化管内視鏡検査の安全性についての研究

研究責任者

京都大学医学部附属病院
先制医療・生活習慣病研究センター 山田 敦

施設責任者

〒107-620 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6F
医療法人社団ミッドタウンクリニック 東京ミッドタウンクリニック 古川真依子

研究の目的

 脳動脈瘤のある方や脳動脈瘤の疑いがある方に対して、上部消化管内視鏡(いわゆる胃カメラ)検査を安全に受けていただけるかどうかを調べるためにこの研究を行います。

研究期間

 この研究を実施する期間は、2017年の倫理委員会で承認された日から2018年9月までの予定です。

研究の概要

 脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血をきたして生命にかかわることもある病気です。小さい動脈瘤が破裂する危険はそれほど高くありませんが、胃カメラ検査によって動脈瘤の破裂を助長されるかどうかについてはまだ分かっていません。  この研究では、2014年4月から2016年3月までにハイメディックミッドタウンで人間ドックを受けられた受診者と2016年6月から2018年5月までにハイメディック京大病院で人間ドックを受けられた受診者の中で研究への参加や学術目的での個人情報の利用に同意された方を対象として、脳動脈瘤のある受診者に対して胃カメラ検査を行った場合にくも膜下出血などの偶発症を起こしやすいかどうかを調べる予定です。このために検診の目的で電子カルテなどに記録された胃カメラや頭部MRI検査を含む情報を収集して、研究に使用します。 最近では、人間ドックなどで脳MRIと胃カメラ検査をともに行うことも多くなっており、未破裂脳動脈瘤のある患者さんに対しても胃カメラ検査を安全に行うことができるどうか調べることは、重要な意義があると考えて、この研究を計画しました。

倫理審査委員会での審査と研究機関の長による承認について

この臨床研究は、京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院医の倫理委員会の審査を受け、研究方法が医学的に適切であり患者さんの人権が守られていることが確認され、研究機関の長(医学研究科長・附属病院長)の承認を受けています。

利用する情報について

この研究に用いられる情報は個人が特定されない方法で収集され、京都大学医学部附属病院および東京ミッドタウンクリニックの内部で厳重に管理・保存されます。収集される情報には、年齢や性別、過去にかかったご病気など受診者に関する情報、大きさや場所、個数など脳動脈瘤に関する情報、検査の方法や検査前後の血圧、偶発症の有無など内視鏡検査に関する情報などが含まれます。

研究計画書および研究の方法に関する資料の閲覧について

この研究の対象となる受診者ならびに受診者が未成年の場合には保護者の方は、研究に参加されている他の受診者の個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障が生じない範囲内で、研究の計画や方法についての資料を入手し閲覧することができます。閲覧を希望される場合には、下記の照会先にご連絡ください。

この研究への参加の拒否について

研究の対象となる受診者ならびに受診者が未成年の場合には保護者の方からのご希望があれば、その方の診療情報は研究に利用しないようにします。この研究への参加を希望されない場合や、ご質問がおありの場合にはいつでも下記の連絡先までご連絡ください。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先

〒606-0807 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院先制医療・生活習慣病研究センター 山田 敦
Phone 075-754-0073/FAX 075-754-0076
京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛 Phone 075-751-4899 Email trans@kuhp.kyoto-u.ac.jp

頸部超音波所見と臨床データとの相関に関する検討

研究責任者・情報管理責任者

京都大学医学部附属病院
先制医療・生活習慣病研究センター 坂根依利子

研究の目的

頸部超音波検査は検診項目として近年普及してきました。甲状腺超音波検査により、甲状腺内の病変が検診で発見される頻度・その経過も次第に明らかになり、頸動脈超音波検査では脳梗塞のリスクとなる動脈硬化性の病変を容易に評価することが可能となっています。一方で、頸部超音波検査では、甲状腺や頸動脈以外の部位における偶発所見、即ち、食道憩室、副甲状腺腫大、炎症性・転移性リンパ節、神経鞘腫、脂肪腫などの病変を指摘されることも多くあります。これらの所見に関しては、血液データや画像データから総合的に判断され診断に至るものや、全身精査の上、生検による組織学的な検査を必要とするものもあります。しかし、症状がなく、超音波所見やCT、MRIなどでも明らかな悪性を示唆するものでなければ、確定診断のための侵襲的検査は行わず、画像により経過観察をされる例も多く認めます。今回我々は頸動脈施行時に偶然見つかった病変に関し、病変の頻度や性質、臨床データとの相関に関して研究することにより、新たな医学的知見を得ることを目的として研究を行います。 ​

研究対象/解析対象項目など

本研究は、2016年6月17日から2017年1月31日の間に、京都大学医学部附属病院 先制医療生活習慣病研究センターで検診を受けられ、「先制医療・生活習慣病研究」の参加同意書に同意をされた方を対象とします。その対象の方の検診で得られたすべての検査結果を対象とし、上記の研究目的のため、匿名化の上、解析を行います。 ​

研究機関

  先制医療・生活習慣病研究センター ​

研究期間

倫理審査承認日から2年間​

その他注意事項

本研究は倫理審査委員会の審査を受け、研究機関の長の許可を受けております。 この研究で得られた結果は、学会や学術雑誌に発表されることもありますが、受診者のプライバシーは十分に尊重されます。データの取り扱いには慎重に配慮し、患者さん個人に関する情報が外部に公表されることは一切ありません。  本研究の対象となることを拒否される際には、書面でのご連絡を受け付けておりますので、メールまたは郵送・FAXでのご連絡をお願いします。また、研究計画書等の閲覧を希望される場合も、下記にご連絡を頂ければ、他の対象研究者等の個人情報および研究の実施に支障のない範囲で対応いたします。ご連絡の際には下記の情報を添えてお願いします。
  ・ご氏名 ・検診を受診された日
  ・先制医療・生活習慣病研究センターの予約番号、あるいは、京大病院の診察券の番号
  ・拒否される研究の名称
 なお、拒否された場合には検査結果が研究に用いられることはなく、拒否されたことにより不利益を被ることも一切ありません。  また、他の研究対象等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲での研究に関する資料をお求めの場合や、その他、本研究に関連する事項でのご相談がある際にも下記にご連絡ください。

連絡先

京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター 坂根依利子
 メール:uyoriko@kuhp.kyoto-u.ac.jp
 電話番号:075-754-0073、FAX:075-754-0076
住所:京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛
 メール:trans@kuhp.kyoto-u.ac.jp TEL:075-751-4899 ​

 任意型検診受診者の問診票を利用した癌および家族性腫瘍の高リスク者の拾い上げ研究

研究責任者

京都大学医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究センター 山田 敦

研究の目的

 任意型検診(いわゆる人間ドック)を受診された方の問診票の情報を利用して、将来的な癌の発症や家族性腫瘍のリスクが高いと考えられる方がどれくらいの頻度でいらっしゃるかを調べるためにこの研究を行います。

研究期間

 この研究を実施する期間は、2017年の倫理委員会で承認された日から2019年12月までの予定です。

研究の概要

 人間ドックの主な目的は癌を含めた様々な疾患を早期発見することです。癌による死亡を減少させるためには、受診された時点で発見可能な癌を診断するだけでなく、癌にかかりやすい体質を持っていて将来的に癌を発症するリスクが高いと考えられる方を見つけ出して早期発見につなげることも重要と考えられます。 京都大学医学部附属病院・先制医療生活習慣病研究センター(ハイメディック京大病院)における人間ドックでは、受診者の方から問診表により収集した家族歴などの情報を用いて将来的な癌の発症や家族性腫瘍のリスクを評価し、高リスクと考えられる方に対して情報提供を行っています。このようなリスク評価は、従来は癌患者さんに対して行われることが多く、人間ドック受診者のような主に健康な方を対象として行われることはあまりありませんでした。 この研究では、2016年6月から2019年5月までにハイメディック京大病院で人間ドックを受けられた受診者の中で研究への参加や学術目的での個人情報の利用に同意された方を対象として、将来的な癌の発症や家族性腫瘍のリスクが高いと考えられる方がどれくらいの頻度で見つかるかを調べる予定です。人間ドックの受診者の問診表の情報を利用して健康な方の中から将来的に癌にかかりやすい体質を持っている方を見つけ出すことができれば、癌の予防や早期発見を図るうえで重要な意義があると考えて、この研究を計画しました。

倫理審査委員会での審査と研究機関の長による承認について

この臨床研究は、京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院医の倫理委員会の審査を受け、研究方法が医学的に適切であり患者さんの人権が守られていることが確認され、研究機関の長(医学研究科長・附属病院長)の承認を受けています。

利用する情報について

この研究に用いられる情報は個人が特定されない方法で収集され、京都大学医学部附属病院の内部で厳重に管理・保存されます。収集される情報には、年齢や性別、過去にかかったご病気やご家族がかかられたご病気など皆さんの健康に関する情報や人間ドックやその後に行われた精密検査を含む検査結果に関する情報などの京都大学医学部附属病院の電子カルテに記録されている情報が含まれます。

研究計画書および研究の方法に関する資料の閲覧について

この研究の対象となる受診者ならびに受診者が未成年の場合には保護者の方は、研究に参加されている他の受診者の個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障が生じない範囲内で、研究の計画や方法についての資料を入手し閲覧することができます。閲覧を希望される場合には、下記の照会先にご連絡ください。

この研究への参加の拒否について

研究の対象となる受診者ならびに受診者が未成年の場合には保護者の方からのご希望があれば、その方の診療情報は研究に利用しないようにします。この研究への参加を希望されない場合や、ご質問がおありの場合にはいつでも下記の連絡先までご連絡ください。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先

〒606-0807 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院
先制医療・生活習慣病研究センター 山田 敦
Phone 075-754-0073/FAX 075-754-0076
京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛
Phone 075-751-4899 Email trans@kuhp.kyoto-u.ac.jp