発達・子供のこころの診療

発達・子供のこころの診療

受け入れ

発達障害領域や子どものこころの診療は、医療・教育・社会などの多方面からのニーズに比して、全国的に専門家の不足が顕著となっています。 当科では、この問題を重要視し、人材育成とともに、多職種・地域・学校・他科との連携を積極的にすすめ、効率的にサポートが行えるようなシステム構築を行っています。まず、診断・心理検査のみならず、本人・周囲からの共通理解および迅速なサポートのために、わかりやすい特性評価を行い、個人情報保護を十分に考慮・相談したうえで、共通言語となるよう提供し ています。

image

それをもとに、専門的な助言・支持的精神療法・家族療法・認知行動療法・薬物療法・他の専門機関との連携など、調和を図った包括的介入を行っています。子どもの場合、児童福祉センター・教育センター・学校・言葉の教室などと連携し、行動・発達・学習・心理・環境など多面的な観点でサポートし、成人では、発達障害者支援センター・就労支援センターなどと連携し、デイケア、作業所などでは就労支援などを行い、生活の安定を図っています。場合により入院治療も行います。


当該分野は特に、専門の医師のみならず、他医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、心理士、言語聴覚士など多職種連携が肝要であり、当科ではそのような柔軟なチーム医療を行い、医療・社会・教育にまたがる諸問題の解決を目指しています。

  • 外来担当表
  • 医療グループ紹介
  • 摂食障害
  • 発達・子供のこころの診療
  • 電気けいれん療法
  • デイ・ケア診療部
  • 精神鑑定
空欄防止です

Page Top