ご質問にお答えします

ご質問にお答えします

  • q
    他学部から医学部に入り直したり、社会人を経験したりと回り道をしてきました。精神科が自分に向いているのかどうか心配です。
  • q
    精神科は多様な経歴を生かせる診療科です。他科経験者、医療関係以外の社会人経験者など、多様な経歴を持つ方も心より歓迎します。また京大卒の方、他大学出身の方、初期研修を京都で受けられた方、他府県で受けられた方、皆、歓迎します。
    空欄防止です
  • q
    医学部を卒業後、精神科以外の診療科を選択しましたが、自分にあっていないと思うようになりました。今から精神科の研修を始めることは可能でしょうか?
  • q
    自分がどの診療科に向いているかというのは、実際に働いてみないと分からないものです。私達は他科を選択した後で精神科を志望する医師の研修を数多く受け入れています。
    空欄防止です
  • q
    哲学が好きで精神科を志望しました。精神科医として実際にやっていけるかどうか心配です。
  • q
    当教室には人間学的精神医学の伝統があり、現在でも精神病理学の視点を大切にしています。幅広い研修を行いながら、その上で哲学の視点を生かした精神医療に取り組むことができます。
    空欄防止です
  • q
    精神科医には個性的な医師が多いという噂を聞きましたが、本当でしょうか?
  • q
    当教室では医師一人一人の個性を尊重しながら、精神医療に励んでいます。
    空欄防止です
  • q
    将来、精神科クリニックの開業を考えています。
  • q
    当教室でも数多くの先生が精神科クリニックを開業され、地域医療に貢献しておられます。質の高い医療を提供するためには、まずは専門的な研修を積み重ねることが必要です。
    空欄防止です
  • q
    癌患者さんへのターミナルケアを志しています。精神科での研修は必要でしょうか?
  • q
    ターミナルケアにおいて、患者さんの話を傾聴する上で、精神科研修が大いに役立ちます。京大病院精神科での後期研修中に精神腫瘍学を学ぶこともできます。
    空欄防止です
  • 空欄防止です
  • 専門研修システム
  • 入局説明会
  • セミナー
  • ご質問にお答えします
空欄防止です

Page Top