整形外科

松田秀一

膝関節外科

松田 秀一 教授

平成2年卒
京都大学整形外科は、脊椎、関節、手、足、リウマチ、腫瘍、スポーツ障害など様々な疾患について最先端の治療を行っています。いつでもお気軽にご相談下さい。

伊藤宣

リウマチ外科

伊藤 宣 准教授

平成2年卒

関節リウマチを中心とするリウマチ性疾患や全身性変形性関節症と、一般の足の外科を主に担当しています。リウマチ性疾患と変形性関節症については、薬物治療から外科的治療までのすべてを行います。手術は、全身の関節を中心にあらゆる解剖学的部位を治療します。足の外科は、小児と急性外傷を除く、足部疾患のすべてを扱います。

坂本昭夫

腫瘍外科

坂本 昭夫 講師

平成6年卒
骨軟部腫瘍を担当しています。小さな手指や皮下の腫瘍から、大きな腫瘍まで対応します。適切な治療で、神経障害、機能障害を残さないよう努め、がん転移例も、積極的に腫瘍用人工関節の適応を検討します。

太田壮一

手の外科

太田 壮一 講師

平成7年卒
手、肘、末梢神経分野を担当しています。基礎研究では、腕神経叢引き抜き損傷に関する研究をしています。

大槻文悟

脊椎外科

大槻 文悟 助教

平成9年卒
脊椎疾患が専門です。患者さんの生活の質が向上するよう常に心がけています。

栗山新一

膝関節外科

栗山 新一 助教

平成9年卒
スポーツ・肩・膝関節を専門にしています。保存療法(リハビリテーションや装具療法など)をはじめとして、低侵襲手術(関節鏡を用いた手術)、精度の高い手術(コンピュータを用いた人工膝関節置換術)まで、患者さんの立場に立った診療、満足度の高い治療を日々心掛けています。

新井隆三

スポーツ肩膝外科

新井 隆三 特定病院助教

平成11年卒

スポーツ・肩関節障害を専門にしています。肩はさまざまな筋肉が関与していて、最も合理的な動きを選択するようにプログラムされています。何らかの原因でそれがうまくいかなくなったとき、もっとも負担が大きいところから症状を出し始めます。そういう意味では、同じ動作を繰り返して生じる疲労が合理的動作を妨げて発症するというスポーツ障害と共通するところが多くあります。スポーツ的な観点で肩を治療していく、というのが私の原点です。

黒田隆

股関節外科

黒田 隆 助教

平成11年卒

特発性大腿骨頭壊死症の研究を通じて、2013年に当院で骨頭壊死に対する再生治療の臨床試験を行いました。これまで良好な結果が得られており、2016年1月末より、医師主導治験を行っています。骨頭圧潰前の低侵襲再生治療としての普及を目指しています。(治験リクルートは終了しました)

谷田司明

脊椎外科

谷田 司明 特定病院助教

平成14年卒
大人の変性疾患以外にも小児の側弯症を治療します

西谷江平

スポーツ・膝関節

西谷 江平 特定助教(リウマチ性疾患先進医療学講座)

平成14年卒
スポーツ膝疾患・変形性膝関節症を中心にリウマチ患者さんの膝疾患も担当します。「笑う門には福来たる」をモットーにいつも笑顔で患者さんに接することを心がけています。

河井利之

股関節外科

河井 利之 医員

平成15年卒
股関節疾患を専門に診療を行っています。患者さんに満足してもらえる治療を心がけています。股関節の痛み・悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください。

運動器機能再建学講座

藤林俊介

脊椎外科

藤林 俊介 特定教授

平成4年卒
脊椎疾患治療と生体材料開発を担当しています。モットーは”患者さんの立場に立った治療”を行うことです。背骨のことでお悩みの方はいつでも相談にお越し下さい!

後藤公志

股関節外科

後藤 公志 特定講師

平成7年卒
あらゆる股関節疾患に対して、最適な医療を提供いたします。股関節疾患でお困りの方がおられましたら、お気軽に受診して頂ければ幸いです。

中村伸一郎

スポーツ肩膝外科

中村 伸一郎 特定助教

平成10年卒
スポーツ・膝・肩関節を専門にしています。スポーツによる外傷や障害、膝関節痛、肩関節の痛みがある方はお気軽にご相談ください。患者さんにわかりやすい説明と丁寧な診察・手術を心掛けています。

リハビリテーション科

池口良輔

手の外科

池口 良輔 准教授

平成5年卒
手外科、マイクロサージャリー、四肢の外傷後再建を担当しています。骨折や靭帯損傷、神経損傷、手指の痛みやしびれ、手首の痛み、肘の痛み、外傷後の変形や骨癒合不全、軟部組織欠損などでお悩みの方は、いつでもお気軽にご相談ください。

リウマチ性疾患先進医療学

西谷江平

スポーツ・膝関節

西谷 江平 特定助教

平成14年卒
スポーツ膝疾患・変形性膝関節症を中心にリウマチ患者さんの膝疾患も担当します。「笑う門には福来たる」をモットーにいつも笑顔で患者さんに接することを心がけています。

村田浩一

リウマチ外科

村田 浩一 特定助教

平成14年卒
関節リウマチを中心とするリウマチ性疾患を担当します。患者さんの生活の質が少しでも改善するよう努力したいと思っています。

臨床研究総合センター 疾患iPS細胞応用プロジェクト

岡本健

腫瘍外科

岡本 健 准教授

平成6年卒

骨・軟部腫瘍の診療を担当しております。骨腫瘍、軟部腫瘍はまれな疾患でかつ種類が多いため、一般の病院や医院でははっきりした診断がつきにくいことがあります。良性悪性を問わず、お気軽にご紹介、ご来院ください。(外来診察日は月曜、火曜です。予約制を採らせていただいておりますが、紹介状をお持ちであれば予約なしでも当日診察が可能です。)

ウイルス・再生医科学研究所

戸口田淳也

腫瘍外科

戸口田 淳也 教授

昭和56年卒

LINK

吉富啓之

リウマチ外科

吉富 啓之 准教授

平成7年卒
整形外科リウマチグループです。京大病院リウマチセンターと協力して関節リウマチや乾癬性関節症、強直性脊椎症などのリウマチ性疾患の薬物治療を中心に診療しています。

医学部人間健康科学科

坪山直生

骨粗鬆症

坪山 直生 教授

昭和55年卒

骨粗鬆症外来を担当しています。本務として医学研究科人間健康科学系専攻に籍をおき、高齢者の運動機能維持や転倒予防などの見地から、骨粗鬆症性骨折の予防に関する研究を行っています。かつて骨腫瘍、軟部腫瘍の手術治療を行っていました。現在も腫瘍外来の一部を担当しながら、グループ医師と連携して診断や治療方針の検討に参画しています。

LINK

青山朋樹

健康科学

青山 朋樹 准教授

平成6年卒業
運動器の再生を細胞と外部環境調整からアプローチしております。
詳細はこちら