手の外科グループ

当科での治療の特徴


  • 手根管症候群:手関節部の靭帯で正中神経が圧迫されて起こります、原因はよくわかっていませんが、当科では内視鏡を使って約1cm皮切を2カ所作るだけで、安全にまた確実に切り残しのない靭帯切離法を開発し、全例で行っています。術後の疼痛や傷跡も少なく、患者さんに好評です。
  • 舟状骨偽関節:舟状骨の骨折がうまく治癒しなかったり、未治療の場合におこります。当科では特殊例を除き、ほぼ全例を血管柄付き骨移植で治療しています。短い術後の固定期間と高い骨癒合率が魅力です。
  • 三角線維維軟骨複合体(TFCC)損傷:手関節部尺側にあるTFCCの損傷で尺骨頭付近に疼痛があり、橈尺関節に不安定性の残った症例では、関節鏡視下での縫合術を行い、橈尺関節を安定化しています。症例によりopen法でのTFCC縫合もしています。
  • キーンベック病:手関節部にある手根骨の1つである月状骨の血流がわるくなり壊死する病気です。多くの場合、壊死した骨髄を取り除き、その部分に血管柄のついた血流豊富な骨を移植して治療しています。
  • 腕神経叢損傷:上肢の重度神経麻痺をおこす腕神経叢損傷には、神経再建のみならず、下肢から採取した筋肉を上肢に移植して、手指の運動再建を行っています。 その他、肘の滑膜ひだによる疾患に対する肘関節鏡視下手術や小児の先天性疾患に対する組織移植も行っています。

舟状骨偽関節例