京都大学整形外科教室で研修を行ってみませんか

京都大学整形外科学教室では、当院および関連病院で後期研修を行う医師を募集しています。
卒後2年間の初期研修を終了予定の方、または他の病院で整形外科の研修を行っておられた方で京大整形外科に移りたいと考えておられる方、他科から整形外科に移りたいと考えておられる方も大歓迎です。学生で病院見学を希望される方も歓迎いたします。
研修システムなどにつきましてはこのページに掲載していますが、随時相談やご質問を受け付けておりますので、迷っておられる方も遠慮なく下記までご連絡下さい。

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 京都大学医学部整形外科
Tel : 075-751-3366, Fax : 075-751-8409
E-mail : seikei@kuhp.kyoto-u.ac.jp
facebook へのアクセスも待ってます!

研修概要

 整形外科は取り扱う分野が広いため、数年間に渡る臨床研修が必要です。 京都大学整形外科では4年間の総合的研修、2年間の専門分野研修というシステムをとっています。 卒後初期研修が終了した後、後期研修の最初の4年間は、外傷などを中心に広い分野での研修をおこなってもらいます。 その後専門性の高い研修(例:股関節外科、脊椎外科など)を行ってもらう予定にしています。
 また、希望者には研修中に大学院進学、もしくは大学で医員として研究を行ってもらいます。 その後に、これも希望によってですが、海外での留学をすすめています。 現在数名が海外にて研究を行っており、来年度も大学院卒業生が留学予定となっています。
研修システムについて、詳しくお聞きになりたい方は、いつでもご連絡下さい。