●HOME > 患者のみなさまへ/もやもや病支援センターのご案内 > もやもや病支援センターとは

患者のみなさまへ

もやもや病支援センターとは

もやもや病は、脳の血管である内頚動脈がゆっくりと細くなり、その代わりに通常みられないような細かい血管が生えてくる病気です。この細かい血管は、脳血管撮影検査を行うとまるで煙が立ちのぼるみたいにモヤモヤと見えるので、「もやもや病」という一風変わった病名がついています。

もやもや病はアジア人種に多く、日本全国の患者数は1〜2万人と推計され、厚生労働省の「指定難病」に定められています。

もやもや病は早期に診断できれば、有効な治療法があります。一方もやもや病は、小さなお子さんや若い女性、働き盛りの年齢の方に多い病気であり、就学、就労や出産など、生活の様々な場面で、治療以外のサポートが必要とされることがあります。

このような患者さんの要望にお応えするため、京大病院は2016年1月より『もやもや病支援センター』を開設しました。もやもや病支援センターは、脳神経外科・産婦人科・精神科神経科・事務部保険福祉掛など、京大病院の様々な部門が連携してもやもや病の患者さんをサポートする、患者さん中心の新しい診療システムです。

ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。