京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学

教育と研修

ホーム > 教育と研修

教育と研修

血液内科をめざす皆さまへ

教育・研修

京都大学医学部附属病院血液・腫瘍内科、京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学では初期・後期研修医、大学院生の参加を広く募集しています。

できるかぎり各人の希望を取り入れた研修システムを構築するよう努めています。

また、血液・腫瘍内科の臨床研修を十分に修了したと考えられる場合、直接大学院への入学が可能です。

研修プログラム

当科では次の2つの研修コースを準備しています


1.大学病院重点コース

初期研修終了後、卒後3-5年目の間、主に京大病院の血液・腫瘍内科で医員として後期研修を行います。
大学病院は、各種造血器疾患の最新の診断や、多くの造血幹細胞移植や臨床研究を含む最新の治療を行っています。当院では、上級医による日常診療の指導に加え、科内での症例検討会をはじめ、病理部や放射線診断部・治療部との合同カンファレンスなどを定期的に開催しており、各科の高度専門医から臨床知識を学ぶことができます。また、研修中に学会発表や論文作成も行ってもらえるよう積極的に指導しています。さらに将来の研究生活を視野に入れ、大学院の研究カンファレンスに参加することも可能であり、アカデミックな環境で後期研修を行うことができます。

血液・腫瘍内科 大学病院重点コース プログラム


2.関連病院重点コース

初期研修終了後、卒後3-5年目のあいだ、おもに京都大学関連病院の血液内科で臨床研修を行います。
京都大学血液・腫瘍内科の関連病院は地域の基幹病院として地域医療に大きな貢献をしています。関連病院での研修は、造血幹細胞移植症例を含む、バラエティに富む豊富な症例で血液内科の臨床経験を積むことができます。
研修プログラムは病院によりさまざまです。具体的な研修プログラムについてはそれぞれの病院の臨床研修担当者にお問い合わせください。

血液・腫瘍内科 関連病院重点コース プログラム

研修期間の大まかな研修目標

初期研修1年目

他の内科系診療科とともに、病棟での患者診察とケアの基本を修得することを目標とします。さらに、血液・腫瘍内科学における基本的な知識や処置の習得に努めます。

初期研修2年目

幅広く内科診療を修得するとともに、血液・腫瘍内科の専門性あるいは関連診療科の専門性を見据えた診療技能の習得に努めます。この時期には、他の内科系診療科、ICU・救急部、放射線科(診断科・治療科)、検査部・感染制御部、病理部などのローテーションが推奨されます。


後期研修3−4年目

主に病棟主治医として、血液・腫瘍内科診療に従事し、下記の習得に努めます。研修中または終了後、日本内科学会認定内科医取得が可能です。

  • 血液・腫瘍内科学における主要徴候を理解し、診断できる。
  • 標準的な化学療法の治療計画を立て、実践することができる。
  • 中心静脈確保、腰椎穿刺、骨髄穿刺・生検などの技能を習得し、その検査結果を理解することができる。
  • 造血細胞移植の基礎を理解し、担当医として診療を行うことができる。
  • 血液疾患における感染症の特殊性を理解し、治療・管理ができる。
  • 造血因子、免疫抑制剤などを用いた薬物治療を習得し、実践できる。
  • 貧血・免疫不全症・出血血栓性疾患の病態を理解し、診断・治療ができる。

後期研修5−6年目

棟医および外来担当医として、血液・腫瘍内科診療に従事し、下記などの習得に努めます。研修中または終了後、日本血液学会専門医取得が可能です。

  • 他科からの血液・腫瘍内科のコンサルトに対応できる。
  • 外来担当医として、新患の初期診察、退院患者のフォローができる。
  • 骨髄像を観察し、病気診断を行うことができる。
  • 抗癌剤の特殊性を理解し、個々の症例に沿った化学療法の計画を立てることができる。
  • 外来化学療法部にて臨床腫瘍学を修得し、治療に参加することができる。
  • 造血細胞移植の主治医として医療スタッフの中心となって、診療を行うことができる。