FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

相談支援センター

イメージ写真

手立てのない病気でお困りの患者さんをサポート致します

●センター長

  • ・特定教授 / 上嶋 健治 Program-Specific Prof. Ueshima Kenji

●アクセス方法

  • ・相談へお越しの方…外来棟 1階 総合案内

部門等のご案内

当センターは、保険診療範囲内での治療の選択肢がない患者さんの「次の一手」を探すお手伝いを致します。また、治験・先進医療や患者申出療養を含む臨床研究に関する種々のお問い合わせにも対応致します。直接の面談、電話、メールやホームページからのお問い合わせも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

●業務内容

近年の医学・医療の進歩にもかかわらず、依然として有効な手立てのない疾病や病態が存在します。このような患者さんにとって、治験や臨床研究で使われている開発途上の医薬品や医療技術は、リスクもあるものの有効な手段となる可能性があります。
しかし、患者さんが治験などの保険外併用療養制度について情報を収集することは、必ずしも簡単ではありません。相談支援センターでは、お尋ねの疾患に関する治験や臨床研究に関する情報を患者さんに替わってお調べし、該当する治験・臨床研究の有無、参加条件や実施施設に関する情報をご提供致します。
また、治験や先進医療や患者申出療養を含む臨床研究に関連する種々の問い合わせにも対応しています。

●特色ある取り組み

相談支援センターでは、単に治験や臨床研究に関するご相談に対応するだけでなく、全国でも唯一の臨床研究に特化した相談窓口としての機能をフルに発揮しています。
まず、治験や臨床研究に関する情報提供をさせて頂いた患者さんのご協力のもとに、情報提供した治験等への参加状況を追跡する臨床研究を行っています。また、京都大学が発信する社会的なインパクトが強くて反響が大きい、iPS関連の治験や臨床試験の問い合わせ窓口にもなっており、場合によっては期間限定で専属のコールセンター業務も執り行っています。
これらの当センターの研究実績やコールセンター業務の経験などは、相談窓口の機能の強化と改善に活かすだけでなく、学会発表や学術論文の形で広く報告しており、医学界に貢献するための重要な取り組みと位置付けています。