感染症・臨床微生物分野

教授 長尾美紀

「着任の挨拶」をご覧ください。

准教授 松村康史
薬剤耐性腸内細菌目細菌による感染症の診断・治療・感染対策
遺伝子解析を中心とした薬剤耐性菌の疫学・クローン性増殖・伝達可能因子の検討
ニューモシスチス肺炎の臨床像・遺伝子検査

感染症診断と抗菌薬治療の面白さに惹かれて感染症医になりました。感染症の診断は、適切な治療の必要条件ですが、まだまだ十分とは言えません。適切な診断と治療に貢献する検査・診断法の開発、そしてその基礎となる薬剤耐性菌の解析を通じて、感染症診療の質の向上を目指します。菌株解析については、従来から行っている疫学解析研究に加えて、次世代シークエンサーと最先端のバイオインフォマティクスによるゲノム解析を従来の表現型解析手法と組み合わせることで、耐性菌増加の本質に迫り、また新たな検査法を創出することを目標にしています。

講師 山本正樹
ブドウ糖非発酵性菌の薬剤耐性機構
(全ゲノム解析を用いた分子疫学解析)

初期研修、呼吸器内科専攻医を経て、感染症の世界に飛び込みました。薬剤耐性菌が抗菌薬に対する耐性を獲得する様子を研究するうちに、感染症診療に対する理解、特に細菌検査と臨床とのかかわりについての理解が、より深まっていったように感じています。今後も、感染症診療、研究ともに精力的に取り組み、その中で得られた知識を、臨床の先生方や学生の皆さまと共有することで、還元していきたいと考えています。

助教 野口太郎
臨床感染症、薬剤耐性菌

感染症診療を通じて貢献できれば幸いです。

助教 湯川理己
臨床感染症、ブドウ球菌属

当院へ赴任する以前は、小児科診療、HIV感染症の診療・研究に従事していました。
当教室では、移植領域の感染症診療や、薬剤耐性菌研究に貢献できれば幸いです。

血液・輸血細胞治療分野

助教 平位秀世
生体防御システムとしての造血制御機構の解明
ストレス造血のメカニズムと造血器腫瘍への進展過程の解明
生体恒常性の維持における造血細胞の機能的意義の解明

感染症や癌、造血幹細胞移植など様々な病態において、白血球を中心とした血液細胞の産生がどのように制御されているかを明らかにすべく取組んでいます。各疾患の病態の理解や診断・治療への応用のみならず、二次的な造血変化の病的意義や造血システムが生体の恒常性維持に果たす役割の解明を目指します。

今では日常的に実施されている末梢血幹細胞移植の黎明期に医師となって以来、最新のキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法やiPS細胞を用いた再生医療まで、患者さんに臨床応用される細胞療法の発展を目の当たりにしてきました。臨床の現場での安全な細胞療法の提供から、基礎研究まで幅広く医療に貢献できればと考えています。

助教 新井康之
血幹細胞移植における、治療成績改善のための新規戦略の確立

臨床疫学(院内・国内・国際データベース)、基礎医学(動物モデル)、微生物学(マイクロビオータ、ウイルスPCR)、情報工学(機械学習)、薬物動態学(血中濃度)などを組み合わせて、様々な視点から予後予測モデルを作成し、治療成績改善のための新たな戦略を提唱することを目標としています。

血液内科の一員として、移植を中心とした血液内科臨床・研究を行う一方で、検査部(輸血・細胞治療分野)および細胞療法センター(C-RACT)のスタッフとして、院内の輸血・細胞療法全般に携わっております。
この分野において、日本や世界をリードできるよう、本学で培われてきた伝統を重んじながら、臨床と研究の両面において様々な新しい試みを取り入れていきたいと思います。

生理分野

講師 人見健文
ミオクローヌス・ミオクローヌスてんかんの病態研究
脳波を用いた神経疾患の臨床研究(てんかん、認知症など)

2001年に京大神経内科大学院に入学して以降、臨床神経生理学の臨床・教育・研究に関わってきました。2013年から検査部に移り、脳波判読や針筋電図検査などを行なっています。

助教 中島康弘
分子心血管医学、分子生物学

分子生物学的なアプローチによりさらなる病態解明、治療開発を目指します。

医員 本多正幸
臨床神経生理学、てんかん、自己免疫脳炎と認知症

認知症診療を中心とした脳神経内科分野の臨床を経て、てんかん専門医・臨床神経生理学会脳波分野専門医を取得し、現在に至ります。
神経生理検査結果を迅速かつ正確に臨床に還元することを心がけています。