• HOME
  • スタッフ紹介

スタッフ紹介

教授

万代 昌紀まんだい まさき

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、産婦人科ロボット支援手術認定医、がん治療認定医、母体保護法指定医
卒業大学:京都大学 昭和63年卒業
これまでの赴任先病院:兵庫県立尼崎病院、米国国立衛生研究所(NIH)

Message

産婦人科医になって25年ですが、この歳になってようやく産婦人科という学問の魅力がわかって来ました。選んで得したな、と思うこの頃です。生命を引き継ぐ産婦人科という現場に立ち会える幸せを日々患者さんにおすそ分けできたらと願っています。

准教授

馬場 長ばば つかさ

Profile

専門・認定医: 日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、がん治療認定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本ロボット外科学会専門医、母体保護法指定医
専門分野: 婦人科悪性腫瘍、腹腔鏡手術、ロボット手術
卒業大学:京都大学 平成10年卒業
これまでの赴任先病院:大津赤十字病院、高松赤十字病院、Duke大学

Message

産婦人科疾患は患者さんごとに病態が様々であり、患者さんのライフステージやスタイルも多様です。同じ疾患であっても1人1人に求められる治療法が異なります。婦人科では特に、侵襲度の低い内視鏡手術や妊孕能温存手術、抗腫瘍免疫治療など20年前には想像もしなかった先進的な治療を数多く、提供することができるようになりました。ただ現在、保険診療で認可されている婦人科悪性腫瘍内視鏡手術は、ごく初期の子宮頸癌・子宮体癌に対してのものだけです。われわれは初期癌の患者さんだけではなく、もう少し進行した患者さんにも、内視鏡手術を提供できるよう、積極的に先進医療に取り組むだけでなく、院内の高難度新規医療技術評価委員会の審査を経た腹腔鏡手術やロボット手術を行っています。また、若年で挙児希望のある初期の子宮頸癌患者さんに対しては、子宮体部を残して病変部を切除するトラケレクトミーを行っています。2017年末からはロボット手術でもトラケレクトミーを行うことができるようになり、両方の手術のいいところを提供できるようになりました。これまでに私は、婦人科癌に対して150例以上の腹腔鏡手術・ロボット手術と、30例以上のトラケレクトミーの執刀経験があり、それぞれの婦人科疾患の患者さんが治療を経て、治癒や社会復帰に至ったり、分娩に至ったり、と患者さんと一緒に慶びを分かち合う現場に数多く恵まれてきました。
婦人科癌では治療後に再発することもあります。婦人科癌は再発後の生存期間が比較的長い疾患です。再発患者さんでも、病変が限局している場合には手術を行うことで生存期間を大きく延ばすことができることがありますし、特に卵巣癌では再発後に使用できる薬剤が出てきました。われわれは再発患者さんに対して、既存の薬物治療や緩和治療だけでなく、積極的に切除手術を行い、未承認治療薬の開発・導入を進め、治療選択肢を増やしてきました。当科には日本婦人科腫瘍学会専門医が8人と近畿で最も多く在籍しており、再発患者さんにどのような治療を行えばよいのか、日々知恵を絞っています。
また、万代教授ご指導のもと、学会および京大病院の国際医療支援活動にも力を入れています。2017年度にはミャンマー、ブータンの病院を訪れました。
この先、20年で京大産婦人科に何ができるのか?、より良い治療を追い求めつつ、患者さんとそのご家族に柔軟な対応もできるよう、スタッフ一同、力をあわせ、洗練された個別化治療を目指していますので、安心して受診してください。

ブータン王国医療交流活動報告

講師

近藤 英治こんどう えいじ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医・指導医、がん治療認定医、母体保護法指定医
専門分野:周産期医学
卒業大学:京都大学 平成10年卒業
これまでの赴任先病院:静岡県立総合病院、長浜赤十字病院、Duke University Medical Center
主な所属学会:
日本産科婦人科学会(周産期委員会委員)、日本周産期・新生児学会(評議員)、日本妊娠高血圧学会(評議員)、日本胎盤学会(理事)、ガイドライン作成委員(産婦人科診療ガイドライン-産科編2020)、近畿産婦人科学会(周産期研究部会委員)、京都産婦人科救急診療研究会(幹事)、日本母体救命システム普及協会(プログラム開発・改定委員会委員)、日本産婦人科手術学会(幹事)、日本糖尿病・妊娠学会、日本婦人科腫瘍学会、日本産科婦人科内視鏡学会

Message

桃李不言 下自成蹊
皆(医師、コメディカル、学生、患者さん)が自然と集いたくなる、言葉や数値では表すことのできない大事なものがここにはあります。質の高い医療、人材育成、臨床に役立つ夢のある研究をチーム一丸となって目指しています。
私自身の専門は周産期領域であり、2012年から京大病院周産期部門のリーダーとして院内体制を整備し、ハイリスク妊娠の患者さんに安心・安全な医療を提供できるよう努めてきました。また2014年には婦人科病棟医長を務めるなど婦人科診療も行なっており数多くの婦人科悪性腫瘍手術を担当してきました。産婦人科診療は幅広く、忘れ得ぬ出会いと別れの連続です。関わる全ての人がいつの日か笑顔になれるよう寄り添っていきたいと思います。

濱西 潤三はまにし じゅんぞう

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医、がん治療認定医、FIGO(国際産婦人科連合) Cervical Cancer Prevent Tutor
専門分野:婦人科腫瘍学、腫瘍免疫学、臨床試験学
卒業大学:大阪医科大学 平成11年卒業
これまでの赴任先病院:三菱京都病院、兵庫県立尼崎病院

Message

妊娠、出産と女性にとって最も大変なとき、また婦人科がんで心身ともに辛いときに、より良い医療が何かを考えながら、最善の方法をご提供できるように心掛けています。
現在、当科の医局長 兼 外来医長として、医局内の調整や地域連携室を介した病診・病病連携などの外来業務全般の統括を通じて、当科に来院される患者さんに対してより良いサポートができるように努めています。
また医学研究では、がん免疫と免疫制御、とくに免疫チェックポイント阻害薬 抗PD-1/PD-L1抗体を用いた最新のがん免疫療法の臨床研究(治験・臨床試験)とその課題の克服を目指した基礎研究、次世代型がん免疫治療の開発、および子宮頸がんウイルス(HPV)治療薬の臨床応用を目指した研究をしています。
なぜがんができるのか? なぜヒトはがんを排除できないのか?・・・謎を解く鍵を探しています。

抗PD-1抗体治験

堀江 昭史ほりえ あきひと

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医 、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本ロボット外科学会専門医、生殖医療専門医
専門分野:生殖医療、がん・生殖医療、婦人科腫瘍手術
卒業大学:関西医科大学 平成11年卒業
これまでの赴任先病院:島田市民病院、大阪医療センター

Message

日本の不妊治療はこの5年10年でめざましく進歩しています。体外受精を行われる方も年々増加している一方で、その適応の拡大、倫理面での判断に難渋するようになってきました。不妊治療は個々の患者によって治療方法を変化させる要素が強いと考えており、だからこそ患者一人一人と相談しながら、その患者さんに寄り添った治療を行っています。一方、体外受精における妊娠・出産率も限界があり、その一つの理由として受け手である子宮についても考慮する必要があります。われわれは形態良好胚を移植してもなかなか妊娠しない方に先進的な不妊治療(難治性着床障害における治療 クリックして移動する)を積極的に行っておりますので、お気軽にご質問下さい。
また、不妊治療の技術を利用した未受精卵子凍結・卵巣組織凍結・精子凍結を小児・若年がん患者の治療開始前もしくは寛解期に行うがん・生殖医療にも積極的に取り組んでいます。

KOF-net(京都・がんと生殖医療ネットワーク)

助教

吉岡 弓子よしおか ゆみこ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、医療安全管理者認定(日本病院会)
卒業大学:大阪市立大学 平成11年卒業
これまでの赴任先病院:済生会野江病院、天理よろづ相談所病院

Message

ひとりでも多くの女性が良質の医療を受けられることを目標に頑張ります。

安彦 郁あびこ かおる

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本ロボット外科学会専門医、がん治療認定医
専門分野:婦人科腫瘍学
卒業大学:大阪大学 平成12年卒業
これまでの赴任先病院:天理よろづ相談所病院、大阪赤十字病院

Message

婦人科がんの高度な治療を安心して受けていただけるように、わかりやすい説明を心がけています。病気を治すことはもちろん、患者さんの生活の質や生き甲斐を守ることも大切にしています。多様な選択肢から、一人ひとりにとって最善の治療を選べるように、患者さんと一緒に考えます。
研究室では、卵巣がんの免疫の研究をしています。MDSCという免疫抑制細胞を卵巣がんが呼び込んでくる仕組みを解明しました。引き続き、新しい治療につながる研究を行います。

最上 晴太もがみ はるた

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医
専門分野:周産期医学
卒業大学:京都大学 平成12年卒業
これまでの赴任先病院:大津市民病院

Message

私は、医学部の学生実習で伊東宏晃先生が担当されていた分娩を見学し、お産の不思議、すばらしさ、それから新しい命が生まれる喜びに魅了され、産婦人科に入局しました。京都大学での初期研修を終えて、最初の赴任先の大津市民病院では、高橋良樹先生に手術から産科の手技など、臨床の全てを教わりました。その後大学院では由良茂夫先生の指導の下、妊娠中の栄養と胎児発育につき研究を行いました。その後、佐川典正先生のご紹介でUniversity of Texas, Southwestern Medical Center, Department of Obstetrics and Gynecologyに留学し、前期破水の生じるメカニズムにつき研究をしてきました。このように諸先輩方の導きにより、今日の私があります。
留学先では、妊娠中の子宮内出血は前期破水のリスクファクターであり、特に血液凝固因子のトロンビンが羊膜を脆弱化させること、また早産の臨床マーカーとしても利用されている胎児フィブロネクチンが、単なるマーカーだけではなく、羊膜で炎症を生じたりコラーゲンを分解する作用を有することを見出しました。さらに妊娠中期の前期破水はごく稀に自然治癒することがあることから、そのメカニズムを探りました。羊水中のマクロファージが羊膜の破綻部に遊走し、サイトカインを放出して羊膜の治癒を助けていること、また破膜部位にI型コラーゲンを投与すると、マクロファージの足場となり、また羊膜細胞自体の遊走も促進して、創傷治癒が促進されることを報告しました。現在は京都大学の周産期研究室で、若い大学院生の先生たちと一緒に、前期破水・早産の予防・治療法の開発を目指して研究を続けています。
医師になってもう18年たちますが、今でも分娩に立ち会うたびによかったなー、と喜びを感じます。産科では大変な症例、苦しいことも数多くありますが、それでも産婦人科の修練医の皆さん、若い先生方にはお産のすばらしさを伝えていきたいです。研究室で日々実験している大学院の先生には、基礎研究の楽しさ、今まで誰も知らなかった新しいことを発見する喜びを伝えたいです。また我々が現在研究していることは、将来の医療の発展への礎(いしずえ)となることを信じています。そして妊婦さんには安全・安心できる医療を提供して、次の世代へ命をつないでいきたいと思っています。

江川 美保えがわ みほ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
卒業大学:京都大学 平成6年卒業
これまでの赴任先病院:国立京都病院(京都医療センター)、京都桂病院

Message

ヘルスケア外来において月経のトラブル、月経前症候群(PMS)、更年期障害、骨粗鬆症、心身症、婦人科がん治療後の体調不良などに対応しています。患者さんのお話をじっくりお聞きし、予防医学的観点にも立ってホルモン療法や漢方療法などの最適な治療を提供します。病名やそれが婦人科疾患であるかどうかのみにとらわれず、女性特有の身体機能やライフステージの変化への理解に基づいて、こころとからだをトータルで診る女性診療を心がけています。精神科と産婦人科の境界領域を得意にしており、精神科からの患者さんのご紹介も多く、「どちらの診療科に行くのも敷居が高いと思った」とおっしゃる患者さんにも安心してご相談いただいていると思います。特に、幅広い年代の女性に比較的高頻度にみられるPMSのうちメンタル症状がコントロールできない、試みた薬が合わないという重症の方に対して、ホルモン療法はもちろんのこと、体質・症状に合わせた漢方薬での治療や精神科との併科診療を行って改善に導いた経験を重ねてまいりました。また、産学連携事業にて女性の月経を軸にした健康管理ができる体調記録ツール(スマートフォンアプリ)の開発やPMSの啓発活動も行っています。今後は、この個人差も大きく女性の生活に大きな支障をもたらすPMSの個別化治療を科学的に確立する研究、その成果を患者さんにも医師にも伝えていくような活動をしていきたいと思っています。
なお、産婦人科診療とは別枠で、院内の「女性のこころとからだの相談室」では自由診療によるカウンセリングも行っています。女性の心身の健康にかかわるお困りごとや心配について「どこに相談に行けばいいかわからない」という方に完全予約制で対応しています。

ヘルスケア外来(保険診療)について

女性のこころとからだの相談室(自由診療)について

伊藤 美幸いとう みゆき

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本外科内視鏡技術認定医、がん治療認定医
専門分野:生殖内分泌 婦人科腫瘍
卒業大学:福井大学 平成14年卒業
これまで勤務した病院:国立行政法人国立病院機構京都医療センター

Message

生殖分野と内視鏡手術を担当しています。
生殖分野では、外来で不妊治療を行うのと同時に、子宮内膜症や子宮筋腫などの腹腔鏡下手術も行い、妊娠へ向かって外科的治療と内科的治療を一貫して繋げていきます。また婦人科腫瘍分野では腹腔鏡下手術やロボット手術を行なっています。より低侵襲で安全かつ確実な手技を目指してこれからも努力して参ります。
専攻医や若手医師の腹腔鏡技術向上のためのプログラムの推進を院内外で行なっております。チーム全体の底上げを図るため皆で切磋琢磨しています。

千草 義継ちぐさ よしつぐ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、母体保護法指定医
専門分野:周産期医学
卒業大学:京都大学 平成15年卒業
これまでの赴任先病院:倉敷中央病院、日本赤十字社和歌山医療センター、高山赤十字病院(出向)

Message

産科診療を担当しています。標準的な治療法はもとより、個々の患者さんにあわせた最新の治療法も取り入れて診療にあたらせていただきます。

村上 隆介むらかみ りゅうすけ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本臨床細胞学会 細胞診専門医、がん治療認定医・指導医、母体保護法指定医
専門分野:婦人科腫瘍学
卒業大学:広島大学 平成15年卒業
これまでの赴任先病院:広島大学病院、JA尾道総合病院、中国電力病院、呉共済病院、中国労災病院、広島鉄道病院

Message

婦人科腫瘍の治療・形態診断を専門としています。平成30年度、婦人科病棟医長を担当させていただきます。患者さんの個性に応じた最善最適な診療を心がけ、安心安全を第一に全力で取り組んで参ります。円滑なチーム医療と腹腔鏡、ロボット手術など高度医療そしてゲノム診断に基づく個別化治療にも邁進しています。また地域連携を通じて患者さんの生活の質の向上に取り組み、ご本人ご家族にとっても、ここで治療を受けてよかったとの声をいただけるよう精進して参ります。

谷 洋彦たに ひろひこ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本生殖医学会 生殖医療専門医
専門分野:生殖医療
卒業大学:北海道大学 平成15年卒
これまでの赴任先病院:静岡県立総合病院 国立成育医療研究センター

Message

生殖・内分泌を担当しています。2012年より成育医療研究センターに国内留学し、生殖医療の基礎を学び、大学院時代には不妊症に深く関わる子宮内膜症に関しての基礎研究を行いました。これまでほとんど触れられていなかった子宮内膜症の発生母地となる腹膜に着目し、腹膜因子という内膜症の発症機序に関わる新たな因子を開拓しました。現在はさらに知見を深めるべく、研究室の皆と様々な検討を行っています。内膜症を患うというような妊娠することが難しい状況に女性を陥らせない。予防的な見地からの新しい不妊治療の確立を目指します。

河原 俊介かわはら しゅんすけ

Profile

日本産科婦人科学会専門医、日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医、がん治療認定医
卒業大学:大阪市立大学 平成20年卒業
これまでの赴任先病院:関西電力病院、大阪赤十字病院、倉敷中央病院

Message

大学というアカデミックな環境で知識と技術を磨き、社会に還元できるように日々精進したいと思います。

植田 彰彦うえだ あきひこ

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医、日本臨床細胞学会専門医、がん治療認定医
卒業大学:京都大学 平成23年卒業
これまでの赴任先病院:倉敷中央病院、大阪府済生会野江病院

Message

平成30年4月より産科副医長として、主に周産期診療に従事しております。医学的な必要性に加えて、患者さんやそのご家族の人生に即した最高の医療を提供できるよう、日々鍛錬しております。ご心配なことがありましたらお気軽にご相談ください!

中北 麦なかきた ばく

Profile

専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医
卒業大学:京都大学 平成23年卒業
これまでの赴任先病院:公立豊岡病院、神戸市立医療センター中央市民病院

Message

平成30年4月より主に産科病棟診療に従事しています。妊娠・産褥期のみならず、女性のトータルライフを支え、寄り添い続ける医師でありたいと思っています。

医員

川村 明緒かわむら あけお

Profile

卒業大学:京都府立医科大学 平成22年卒業
これまでの赴任先病院:三菱京都病院

Message

女性ならではの視点で、女性のトータルライフケアに関われたら嬉しいです。いまは周りの皆様に支えていただきながら、育児しながらの日々ですが、いつか自分の経験を活かして皆様のお役に立てればと思っています。

大学院医学研究科人間健康科学系専攻

山田 重人やまだ しげひと

Profile

人間健康科学系専攻 運動機能解析学分野  教授
卒業大学:京都大学 平成10年卒業
これまでの赴任先病院:兵庫県立尼崎病院、NIH/NHLBI

Message

医学研究科人間健康科学科で解剖学教育に従事しております。また、三次元イメージングおよびヒト先天異常をテーマに、医学研究科附属先天異常標本解析センターで研究を継続しております。病院では、産科超音波外来および遺伝子診療部における遺伝カウンセリングを中心に、産科診療を担当しております。

特任研究員

池田 裕美枝いけだ ゆみえ

Profile

卒業大学:京都大学 平成15年卒業
これまでの赴任先病院:舞鶴市民病院、洛和会音羽病院、三菱京都病院、神戸市立医療センター中央市民病院

Message

4月よりヘルスケア外来を担当しております。
患者さんお一人お一人が、身体的、精神的、社会的により良い状態となるよう、病歴と身体診察の基本を大切にしながらお手伝いしてまいります。

専攻医

河合 恵理かわい えり

Profile

出身大学:奈良県立医科大学 平成25年卒業
初期研修病院:大阪府済生会野江病院
これまでの研修病院:大阪府済生会野江病院、パリ第5大学Georges-Pompidou病院、静岡県立総合病院

Message

これまでの赴任地で培ってきた経験を活かし、皆様が安心して治療を受けられるよう努めてまいります。
気軽にご相談ください。

鈴木 直宏すずき なおひろ

Profile

出身大学:金沢大学
初期研修病院:静岡県立総合病院
これまでの研修病院:静岡県立総合病院

Message

患者さん・ご家族の方々の気持ちに寄り添った診療を心がけたいと思います。これまでの経験や日々の学習を少しでも皆様に還元できるよう努力させていただきます。よろしくお願いします。

高折 彩たかおり あや

Profile

出身大学:和歌山県立医科大学
初期研修病院:北野病院

Message

同じ女性同士として少しでも皆様に寄り添って力になれるよう診療を行っていきます。
病気や生活の悩みなど気軽に相談していただければ幸いです。

山内 綱大やまうち こうた

Profile

出身大学:神戸大学
初期研修病院:大阪赤十字病院

Message

産婦人科の領域は患者さんによって、同じ病気であってもそのニーズが異なることが多いので、常に寄り添って一番その人にあった方針を模索していきたいと考えています。受診を迷うような症状があれば、気軽に産婦人科を受診してみてください。

石田 憲太郎いしだ けんたろう

Profile

出身大学:京都大学
初期研修病院:1年次 日本赤十字社和歌山医療センター、2年次京都大学医学部附属病院

Message

すべての女性の笑顔と健康のため、日々努力していきたいと思います。
まだまだ未熟者ではございますが、よろしくお願いいたします。

大西 佑実おおにし ゆみ

Profile

出身大学:大阪医科大学
初期研修病院:愛仁会 高槻病院

Message

しんどいとき、辛いときに患者様の目線に立って寄り添える存在でありたいと思っています。一人一人の最善の治療をともに考え、少しでも笑顔になっていただけるよう、日々精進してまいります。よろしくお願いいたします。

越田 裕一郎こしだ ゆういちろう

Profile

出身大学:大阪医科大学
初期研修病院:大阪医科大学付属病院

Message

安心して治療を受けていただけるように、誠心誠意サポートしたいと思います。

定本 怜子さだもと さとこ

Profile

出身大学:岡山大学
初期研修病院:京都第二赤十字病院

Message

患者さんに寄り添い、一緒に最善策を探して治療していける医師を目指します。
よろしくお願いします。

宗 万紀子そう まきこ

Profile

出身大学:京都大学
初期研修病院:京都大学医学部附属病院

Message

不安なこともたくさんあると思いますが、少しでも和らげたいと思っております。
真摯な姿勢で取り組みますので、話しにくいことでも気軽にご相談ください。

冨村 華蓮とみむら かれん

Profile

出身大学:岡山大学
初期研修病院:聖路加国際病院

Message

患者様とともに歩み、心身ともにながくお支えできる医師でありたいと思います。よろしくお願いいたします。

中村 しほりなかむら しほり

Profile

出身大学:新潟大学
初期研修病院:国立病院機構 京都医療センター

Message

患者さんに寄り添い、一人ひとりの価値観を尊重し、最善の医療を行えるよう心掛けていきたいと思います。一生懸命頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

松本 彩まつもと あや

Profile

出身大学:岡山大学
初期研修病院:医仁会 武田総合病院

Message

あたたかで尊敬する先生方に囲まれながら、勉強の毎日です。少しでもみなさま一人一人の笑顔の力添えができるように、これからも精進して参ります。

大学院生

佐藤 麻衣さとう まい

Profile

卒業大学:九州大学 平成18年卒業
これまでの赴任先病院:九州大学病院、佐世保県立病院、北九州市立医療センター、福岡市立こども病院、県立宮崎病院、京都大学医学部附属病院

Message

医師10年目という大きな節目の学年にして、久しぶりの学生生活が始まりました。
臨床現場とは違う時間の流れ方に驚いています。
今まで経験してきた疾患を、違う視点で学ぶことができたらと思います。

曽 翔そう しょう

Message

中国から京都大学に留学してきました。どんな困難でも、希望がある。それを信じて生きていけば、必ず人生が開けます。未来のことはよく分からないですが、今こそが紛れもない事実です。だから今を精一杯頑張ります。

Kumuruz
Murat

Message

Graduate from Fudan University, China in 2012. Took master’s courses in Zhejiang University and received clinical training. An outstanding doctor requires all aspects of knowledge, so I want to keep learning and keep improving my education level. Enrolled in PhD course of graduate school of medicine, Kyoto University, Japan in 2015.

寒河江 悠介さがえ ゆうすけ

Profile

卒業大学:京都大学 平成20年卒業
これまでの赴任病院:日本赤十字社和歌山医療センター、静岡県立総合病院、大阪赤十字病院

Message

妊孕に関する分野を少しでも進歩させられるよう、目標を大きく持って努力してまいります。

伊尾 紳吾いお しんご

Profile

卒業大学:旭川医科大学 平成21年卒業
これまでの赴任先病院:トヨタ記念病院、倉敷中央病院

Message

周産期治療を担当しております。妊婦、産婦、褥婦さんに安心して新たな家族を迎えて頂けるように努力し、女性の持っている力を最大限にサポートしていきたいと考えております。

北脇 佳美きたわき よしみ

Profile

卒業大学:東北大学 平成20年卒業
これまでの赴任先病院:多摩総合医療センター、田辺中央病院

Message

生殖研でお世話になっております。不妊治療の発展に少しでも役立てるよう頑張っていきたいと思います。

宮本 泰斗みやもと たいと

Profile

卒業大学:北海道大学 平成21年卒業
これまでの赴任先病院:神戸市立医療センター中央市民病院、京都大学医学部附属病院

Message

臨床で直面した疑問を解決するための研究をしていきます。

上田 優輔うえだ ゆうすけ

Profile

卒業大学:三重大学 平成20年卒業
これまでの赴任先病院 京都医療センター、長浜赤十字病院、兵庫県立尼崎医療センター、国立循環器病研究センター院

Message

誠実で丁寧な医療を実践します。

北村 幸子きたむら さちこ

Profile

平成19年卒業

Message

何事にも真摯に取り組みたいと思います。

奥宮 明日香おくのみや あすか

Profile

卒業大学:北里大学 平成20年卒業

Message

平成27年度より生殖研究室にて卵胞発育に関する研究をさせていただいております。

浮田 真沙世うきた まさよ

Profile

卒業大学:川崎医科大学 平成17年卒業
これまでの赴任先病院:天理よろづ相談所病院、長浜赤十字病院、大津赤十字病院、兵庫県立がんセンター、近畿大学医学部附属病院

Message

これまで色々な関連病院等で臨床を学ばせて頂きました。悪性腫瘍の患者さんを診ていく中で、治療の難しさに度々直面してきました。臨床につながる研究を目指して、日々努力していきたいと思います。

三瀬 有香みせ ゆか

Profile

卒業大学:奈良県立医科大学 平成19年卒業
これまでの赴任先病院:大阪赤十字病院 大阪府済生会野江病院

Message

好きな言葉:至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり

川村 洋介かわむら ようすけ

Profile

卒業大学:京都大学 平成21年卒業
これまでの赴任先病院:公立豊岡病院、国立病院機構京都医療センター

Message

周産期研で研究しております。日々精進して参ります。

水野 林みずの りん

Profile

卒業大学:九州大学 平成20年卒業

Message

2017年4月から卵巣癌の研究をしています。
これまでの臨床での経験を糧に、研究に精進していきたいと思います。

古武 陽子ふるたけ ようこ

Profile

卒業大学:京都大学 平成18年卒業
これまでの赴任先病院:天理よろづ相談所病院、岩手医科大学附属病院

Message

2018年4月より婦人科腫瘍の研究をしています。より良い医療につながる研究を行っていきたいと思います。

高松 士朗たかまつ しろう

Profile

卒業大学:大阪市立大学 平成21年卒業
これまでの勤務先病院:康生会・医仁会武田病院、福井赤十字病院、大阪赤十字病院、近畿大学病院

Message

平成30年度から大学院で腫瘍学の研究をしています。臨床の役に立てるように日々頑張りたいと思います。

留学中

滝 真奈たき まな

Profile

卒業大学:京都大学 平成19年卒業
これまでの赴任先病院:北野病院、日本赤十字社和歌山医療センター、滋賀県立成人病センター

Message

現在、卵巣癌の研究に携わっております。よりよい治療を求めて、日々頑張ってまいります。

  • HOME
  • スタッフ紹介

京都大学医学部附属病院産科婦人科