suizoulogo9

 

大津赤十字病院・外科

 

 

Home

 

膵がんについて

 一般向け

膵臓癌問答

膵がんについて

 --- 膵癌取扱い規約

 

膵がん関連出版物

 

 一般・医療従事者向け

膵がん治療方針

膵がん外科治療

膵頭十二指腸切除術

 

膵がん放射線治療と化学療法

膵がんの診断方法

外来診察の方法

リンク

 

膵内分泌腫瘍について

 一般向け

膵内分泌腫瘍

 一般・医療従事者向け

インスリノーマ

グルカゴノーマ

 

膵がん・膵臓疾患の研究

臨床研究と基礎研究

英文論文

専門医と研究スタッフ

 

その他

講義・講演会発表等

肝臓外科

 

 

 

University_hospital

大津赤十字病院・外科

膵がんの治療方針

 

 膵臓には、膵がん(膵ガン,すいがん,膵癌膵臓がんすい臓がん膵臓癌,すいぞうがん)のような悪性膵腫瘍と、嚢胞性膵腫瘍、膵内分泌腫瘍、腫瘤形成性膵炎などに分かれます. ここでは膵がんの外科治療と内科治療(放射線治療・放射線療法,化学療法・抗がん剤治療)の大筋について説明します.

 

 

このページの項目

  膵がんの治療方針

  膵がんの外科手術治療

  膵がんの内科的治療

  膵がん以外の膵腫瘍の治療

    嚢胞性膵腫瘍

    膵内分泌腫瘍

 

膵がんの治療方針

 膵がんの治療は,患者さんに最も適した治療法を選択するところから始まります.そのためには,multi-detector CT (MD-CT)を中心とした画像診断を行い膵がんの進行度を判定し,それに従って治療方針を決定します.膵がんの進行度は膵癌取扱い規約に従って記載します.

 ただし,このような画像診断だけでは,正確な進行度が分からない場合があり,そのときは腹腔鏡手術開腹手術によって,膵がんの進行度判定を行うことが必要になります.

 わたしたちは,それぞれの患者さんに合わせて最適な治療を選択できるよう,外科手術だけでなく,放射線療法,化学療法を組み合わせた治療方針チャート・大津日赤プログラム(下の図)を構築して,他科と連携したがん根治・再発防止治療に力点を置いています.下の図は,大津赤十字病院での膵がんの治療法を決定する大まかな流れを示しています.膵がんが,膵臓だけにとどまっているか,がんの広がりが近くの血管におよんでいないか,がんからはなれたリンパ節に転移がないか,肝臓など別の臓器に転移がないか,などが主な治療方針選択の因子になります.膵がんの患者さんのそれぞれの治療法の選択には,このほかにも全身状態など考慮すべき因子があります.

 

大津日赤プログラムの図

 

 もう少し詳しく知りたい方は,医薬ジャーナル社(医薬ジャーナル社 ; ISBN: 4753221415)から刊行されているインフィームドコンセントのための図説シリーズ 「膵がん」の「膵がん:病期分類と治療方針」が参考になります.

膵がんの外科手術治療

 

 膵がんに対する治療法の中で,外科切除手術(腫瘍を手術でとりさること)が、患者さんの治癒を期待できる唯一の方法です.

 最近、膵がん外科手術の技術は大変進歩しています.膵がんの患者さんの多くは、膵頭十二指腸切除術(PD/PPPD) または 膵体尾部切除術(DPという方法で手術を行います.膵頭部にがんがある場合は膵頭十二指腸切除術,膵体尾部にある場合には膵体尾部切除術を行います.根治性を確保するために膵臓全体と十二指腸を切除する膵全摘という方法が行われることもあります.

 膵臓の手術は複雑な手術で、経験の少ない外科医が行うと、多くの患者さんに手術のあとに合併症が発生します.欧米の研究では手術件数が多い施設ほど,手術死亡や合併症率が低かったという報告が出ています.私たちは1970年代からこの手術方法に取り組み、年間80例から100例の膵切除術を行っております.

 私たちのチームの手術成績では,膵がんの患者さんの手術後の合併症発生率はたいへん少なく,また長期成績は年代ごとに良くなっています.

膵がんの内科的治療

 膵がんは早期診断(腫瘍が小さいうちに発見すること)が大変難しい腫瘍です.したがって、残念なことですが,がんと診断された時に,周囲の動脈に浸潤して手術ではとりきれない状態になっていたり、膵臓以外の離れた臓器に転移している場合もあります.このような場合は、放射線治療化学療法(抗がん剤)で治療をおこないます.

 私たちは,放射線科あるいは消化器内科と協力しており、国内でも最も多くの実績があります.

膵がん以外の膵腫瘍の治療

 膵臓には,膵がん以外に嚢胞性膵腫瘍膵内分泌腫瘍が発生します

 嚢胞性膵腫瘍には,膵管内乳頭粘液性腫瘍粘液性嚢胞腫瘍などがあり,それぞれ英語でintraductal papillary mucinous neoplasm (IPMNまたはIPMT)mucinous cystic neoplasm (MCN またはMCT)といいます.IPMNにも良性膵腫瘍,悪性膵腫瘍があります.IPMNは,通常膵がんと呼ばれている浸潤性膵管癌にくらべると,悪性であっても手術によって治りやすいがんですが,浸潤や転移をおこすといわゆる膵がんと同じように治りにくくなります. IPMN(IPMT)あるいはMCN(MCT)はと診断されたら素人判断をせずに,治療経験の豊富な外科医の意見を聞くべきです.

 

膵管内乳頭状腫瘍のERCP

 膵内分泌腫瘍にはインスリノーマグルカゴノーマ,ガストリノーマ,非機能性腫瘍があります.インスリノーマが癌である確率は10%程度ですが,ガストリノーマは逆に90%が悪性です.したがって,どこに,何個の腫瘍があり,それが良性であるか,悪性であるかによって治療法が異なってきます.膵内分泌腫瘍に対しては外科切除手術,薬剤を組み合わせて行うことが多く,治療も一筋縄ではいきません.一方,肝臓に転移があっても手術で切除できる場合が多いので,もしも膵内分泌腫瘍であると診断されたら,素人判断をせずに,治療経験の豊富な外科医の意見を聞くべきです.

 

インスリノーマの術中写真

 

 

 

キーワード: 膵ガン,すいがん,膵癌膵臓がんすい臓がん膵臓癌,すいぞうがん,膵臓ガンすい臓癌すい臓ガン,インシュリノーマ,合流異常,IPMNIPMTMCNMCT,膵腫瘍,膵嚢胞,膵頭十二指腸切除術,膵体尾部切除術,全胃幽門輪温存,幽門輪温存膵頭十二指腸切除術,術式,Whipple法,Child法,今永法,PDPPPDDP,嚢胞性膵腫瘍,胆管がん,十二指腸乳頭部がん,ERCPENBDPTCD,ジェムザール,ゲムシタビン,ティーエスワン,TS-1, テガフール,ギメラシル,オテラシルカリウム,配合剤,5-FU,ロイコボリン,代替,緩和,腫瘍外科,肝胆膵外科,化学療法,ガイドライン,画像診断,術後,補助療法,切除不能,PETCT MRCP,X線,アミラーゼ,ステージ,stageCA19-9,ワクチン,遺伝子,医師,先生,専門医,権威,右肩,疫学,黄疸,化学療法,画像,完治,患者,看護,検査,原因,効く薬,抗癌剤,克服,告知,腰痛,治す,治療法,自覚,手術後,腫瘍マーカー,術後,初期,症例,食事,食品,診断,進行,生存率,専門,早期発見,兆候,超音波,痛み,転移,登録,糖尿病,特効薬,年齢,背中の痛み,背部痛,病院,腹水,便,放射線,末期,民間療法,名医,免疫療法,予後,余命,予防,闘病記

 

 

膵がん/大津赤十字病院・外科ホームへ

 

このページに関するお問い合わせ先

このサイトはリンクフリーです.

 

Revised on 2010-03-14.

Copyright: 2010 Department of Surgery, ORCH. All rights reserved.