業務

調剤室


調剤・監査は薬剤師の最も重要な仕事の一つです。当院では、薬剤師はチェックシートやカルテを確認しながら処方監査を重点的に行います。薬剤助手やピッキングマシーンが医薬品の取り揃えを行い、別の薬剤師が最終監査を実施するという流れで、調剤を行っています。



抗がん剤調製室

抗がん剤調製室


薬剤師は、カルテで検査値、投与スケジュール、副作用予防薬等を詳細に確認して、処方監査を行っています。投与当日の検査値もチェックして、投与が決定したら調製を行います。モニター、バーコードリーダー、天秤のついた監査システムで、医薬品の照合、採取量の確認・記録等を行いながら、1人で調製作業を行います。別の薬剤師が最終チェックを行い、患者さんに投与されます。


医薬品情報室

医薬品情報室


最新の医薬品情報、副作用情報の収集、周知を行います。言わば、院内の医薬品適正使用のブレインとして働きます。薬の採用・削除の情報収集や、医薬品マスターの管理も担っています。


TDM室

TDM室


医薬品の体内動態には個人差が存在します。そのため、薬物によっては、画一的な処方ではなく、患者さん個々の薬物動態的特徴に合わせた調節が必要となります。当院薬剤部では、TDMの対象となる薬物について血中濃度の測定を行っています。また、医師や病棟担当の薬剤師と連携して、薬物血中濃度に基づく投与設計と処方提案を行い、薬物治療の個別化に貢献しています。


製剤室

製剤室


市販されていない医薬品を院内製剤として調製しています。大学病院として、特殊な患者の治療に貢献しています。臨床試験のための試験薬製造も行います。


治験管理室

治験管理室


京大病院は2017年3月に「臨床研究中核病院」の承認を受け、新しい医療を研究・開発することを重要な使命のひとつに掲げています。臨床研究を安全かつ適切に行うためには、医師、薬剤師、看護師、臨床研究(治験)コーディネーター(CRC)などから成る専門チームが必要不可欠です。
治験管理室では、臨床研究に協力いただく患者さんのケア・相談業務、臨床研究担当医師の支援を中心としたCRC業務の他、試験薬管理、治験事務局の業務を行っています。薬剤師としての知識や経験に加え、CRCとしての専門性を発揮できるよう、コミュニケーション能力を駆使して、臨床研究に関連する部署とのコーディネート(調整)業務を行っています。


病棟薬剤業務


全ての病棟に少なくとも1名の薬剤師を配置しています。入院患者さんの持参薬をチェックしてオーダー仮登録まで行い、処方提案します。また、入院中に開始する医薬品の説明、退院時の服薬指導を行います。カンファレンスや回診への参加、医薬品の情報提供、看護師と協力して行う病棟常備薬や麻薬の管理も病棟薬剤師の重要な仕事です。