FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

臨床心理室

イメージ写真

患者さんとご家族の気持ちを支え見守る

●室長

  • ・教授 / 村井 俊哉 Prof. Murai Toshiya

部門等のご案内

臨床心理士は、こころの専門家です。平成26年4月に開設された臨床心理室には現在、5名の臨床心理士(うち2名は精神科神経科専属)が在籍しています。患者さん、ご家族からの希望や担当医からの依頼を受け、ご相談を伺っています。

●業務内容

身体疾患診療科入院中の 患者さんに対して
入院生活においては、検査や病名の告知時、治療の開始、治療過程や退院にあたって、戸惑いや不安といったさまざまな思いが起こることがあります。ゆっくりと時間をかけて、患者さんやご家族の思いや考え、相談を伺い、心理的な視点から問題解決の方向性を一緒に考えます。依頼を受けて関わっている診療科には、主に、産科、新生児集中治療部、小児科、免疫・膠原病内科、脳神経内科、呼吸器外科、肝胆膵・移植外科などがあります。
精神科神経科において
精神科神経科では、入院または外来において、主に精神疾患の治療に取り組んでおられる方々を対象に活動しています。多職種スタッフとも協働しながら心理面の特徴を詳しく知るための心理検査や心の健康を回復するための心理療法を行っています。児童思春期部門では、教育機関を含む外部機関との連携にも力を入れています。

●特色ある取り組み

心理支援を円滑に進めるため病棟での多職種カンファレンスやミーティングに参加し、必要な時には精神科神経科とも連携を図っています。身体疾患診療科の外来患者さんについては、入院中だけではなく、退院後の心理的支援の必要性が高まっており、現在、外来面接体制を準備中です。このように、患者さんや職員が必要としている状況に応じて、柔軟に体制の変更を図りながら、こころの問題に関わっています。