FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

麻酔科

イメージ写真

手術ストレスの制御とさまざまな痛みの緩和

●科長

  • ・教授 / 福田 和彦 Prof. Fukuda Kazuhiko

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方⋯⋯⋯積貞棟 8階 スタッフステーション

診療科等のご案内

麻酔科臨床業務の中心は、当院で行われる手術における全身管理、つまり手術ストレスの制御です。麻酔の方法には全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、伝達麻酔などがあり、これらを駆使して安全・適切な全身管理を行います。また、ペインクリニック部門では、神経ブロック、理学療法、薬物療法を組み合わせることにより、さまざまな痛みの緩和を図っています。

●主な対象疾患

デイ・サージャリー診療部門を含む手術部で行われるすべての診療科の手術、検査が当科が行う麻酔管理の対象となりますが、呼吸器系や循環器系などに合併症をもつ患者さんが多いのが本院における麻酔管理の特徴です。ペインクリニックでは帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、胸腰椎椎間板ヘルニアなど、さまざまな疾患で生じる痛みを対象としています。

●診療体制

術前に基礎疾患、合併症、術式などを考慮して麻酔計画を立て、原則として麻酔科医2名体制で手術中の循環・呼吸を含めた全身管理を行い、手術が安全確実に施行されるように配慮しています。また、術後も快適に過ごせるように速やかな覚醒、十分な鎮痛を目指し、必要があれば集中治療室でも全身管理を行います。日帰り手術における全身麻酔では、特に手術後に十分な経過観察をした上で当日帰宅可能な体制を整えています。
ペインクリニック外来は週3日(月・水・金曜日)診療を行い、漢方診療ユニットとも連携して、痛みを和らげることにより日常生活の質を改善することを目指しています。

●得意分野

本院では全国に先駆けて日帰り手術・短期滞在手術を専門とするデイ・サージャリー診療部(DSU)が設立されました。DSUでは、全身麻酔後入院せずに安全に帰宅することを可能にするシステムを構築し、麻酔科医の知識と技術を研鑽するとともに、各科医師や看護師との連携を確実に行うことで、快適な周術期を過ごしていただけます。また、一般的な手術に加えて、生体ならびに脳死肝移植、生体ならびに脳死肺移植、経カテーテル大動脈弁置換術、覚醒下開頭術、ロボット支援下各種手術など、手術成績向上のために特殊な周術期管理を要する手術の麻酔管理も行っています。
ペインクリニックでは対象疾患を限定せず、痛みのあるすべての疾患を対象としています。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年10月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表