FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

乳腺外科

イメージ写真

乳がん高度医療、研究への先進的取り組み

●科長

  • ・教授 / 戸井 雅和 Prof. Toi Masakazu

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方………積貞棟 6階 スタッフステーション

診療科等のご案内

乳がん高度医療への先進的取り組みを行い、患者さんに信頼安心して頂けるような治療を目指します。また様々な医療機関や研究機関と協力・連携を行い、困っている方を一人でも多く救えるような治験、臨床試験、臨床/基礎研究を行なっています。

●主な対象疾患

原発性乳がん・転移/再発性乳がん・良性乳腺疾患・乳がんハイリスク対象者など

●診療体制

乳腺外科、がん薬物治療科、放射線診断・治療科、病理科、緩和ケアチーム、整形外科など複数の専門家集団が連携しながらチーム医療を行います。標準治療に加え、様々な治験、臨床試験を行うことにより高度先進医療を提供します。遺伝子診療部、産婦人科、形成外科と連携して遺伝性乳癌卵巣癌症候群等の高リスク症例の診療(予防医療を含む)を行います。

●得意分野

標準治療に加えて、臨床試験・治験を行っています。
病状に応じた臨床試験・治験を様々な医療機関や研究機関と協力・連携をしながら行っています。
トリプルネガティブ乳がんに対する免疫チェックポイント阻害療法に関する治験、HER2陽性転移性乳がんに対する新規抗HER2抗体/薬物複合体による治験、乳がんハイリスク対象者(BRCA1/2遺伝子変異)に対する予防的治療体制の整備と治療法の開発などを行っております。
臨床研究を行っています。
患者さんからご協力頂いた試料を用いる、バイオバンクシステムを確立しております。それらを用いた、困っている方を一人でも多く救えるような臨床/基礎研究を行なっています。
1)乳がん生物試料と臨床情報の解析により新しいバイオマーカーの開発・臨床導入、2)乳がん患者、健常者の遺伝学的検査を通して乳がん発症リスク予測モデル開発、3) 質量分析機器などを用いた乳がんと脂質に関する研究、4)乳がん微小環境における免疫の意義に関する研究、5)脳転移、肝転移に関する研究などを行っております。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年10月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表