FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

消化管外科

イメージ写真

身体にやさしく精密な内視鏡・ロボット支援下手術

●科長

  • ・准教授 / 小濵 和貴 Associate Prof. Obama Kazutaka

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方⋯⋯⋯積貞棟 6階 スタッフステーション

診療科等のご案内

消化管外科では、主に食道、胃、小腸、大腸の疾患に対して、内視鏡(胸腔鏡/腹腔鏡)下手術またはロボット支援下手術を中心とした外科治療を行っています。診断および治療方針の決定に際しては、消化器内科、腫瘍内科、放射線科、病理診断科と横断的な合同カンファレンスを行い、個々の患者さんに十分説明したうえで、最適な治療法を呈示させていただくよう努めています。

●主な対象疾患

食道疾患:食道がん/食道アカラシア/逆流性食道炎・胃疾患:胃がん・腸疾患:大腸がん(結腸がん、直腸がん)/潰瘍性大腸炎/クローン病/腹膜偽粘液腫/腸閉塞・その他:鼠径ヘルニア/GIST/脂肪肉腫など

●診療体制

初診外来を毎日開設し、消化管領域(食道・胃・小腸・大腸)の診察を行っています。外来で必要な検査を済ませていただき、あらかじめ内科、外科、放射線科医師合同のカンファレンスで討論して、入院時点で患者さんに治療方針を提示して十分な説明ができるように調整しています。特殊外来として、①ストーマ外来:毎週水曜日(専門資格を保持した看護師とともに人工肛門を有する患者さんのケアを行う外来)、 ②食道がん外来:毎週水曜日(食道がんに特化した複数科合同で対応する専門外来)を開設しています。

●得意分野

消化管外科では、積極的に内視鏡手術を取り入れています。腹腔鏡、胸腔鏡を用いる内視鏡手術では、創部が小さく体に優しいだけでなく、その拡大視効果により、詳細で精度の高い手術操作が可能となります。内視鏡手術は従来の開腹手術と比較し、出血量が少なく、術後の疼痛が軽度で回復がはやいことが報告されています。
また、2018年4月より保険適応となったロボット支援下手術についても、食道癌、胃癌、直腸癌とも保険適応以前から導入しています。2020年2月現在、胃癌・直腸癌はそれぞれ100件以上、食道癌も60件以上のロボット支援下手術を行っており、豊富な実績を上げていることも当科の特徴です。ロボット支援下手術では、内視鏡手術と比較し、さらに複雑で細やかな手術手技が可能であり、加えて3次元による正確な画像情報を取得できるため、より安全かつ侵襲の少ない手術が可能となっています。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年10月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表