FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

血液内科

イメージ写真

国内屈指の無菌病棟での多職種診療チームによる高度医療の実践

●科長

  • ・教授 / 高折 晃史 Prof. Takaori Akifumi

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方⋯⋯⋯積貞棟 3階 スタッフステーション

診療科等のご案内

当科は、国内屈指の無菌病棟を有し、日本血液学会認定研修施設、日本骨髄バンクおよび臍帯血移植認定施設、エイズ診療中核拠点病院として、白血病、リンパ腫、骨髄腫などの造血器腫瘍をはじめ、造血不全症、血友病といった血液疾患やHIVを含めた感染症疾患に対し、多職種の参加する診療チームにより、幅広く最新の医療を提供しています。

●主な対象疾患

白血病(急性白血病・慢性白血病・成人T細胞白血病など)・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫・骨髄異形成症候群・再生不良性貧血・骨髄増殖性腫瘍・貧血・血小板減少症・血友病・HIV感染症など

●診療体制

外来では毎日複数の血液専門医が診療に当たり、初診も毎日受け付けています。
急性白血病などの至急入院にも対応しています。各種血液疾患、造血幹細胞移植、HIV感染症のエキスパートがおり、セカンドオピニオンも行っています。HTLV-1キャリア外来や移植後長期フォローアップ/ワクチン外来も開設しています。入院では、血液専門医を主治医とし、研修医、医員(または大学院生)を加えた3名のチームで一人の患者さんを担当するとともに、疾患・治療法別のグループを作り、医師同士の連携を密にしています。治療中の感染リスクを低下させるため病棟全体が無菌病棟となっており、同種造血幹細胞移植は特に空気清浄度の高いクラス100の病室で行っています。個々の患者さんについて最適な治療方針を診療科全体のカンファレンスで討議し、決定しています。また、最新のCAR-T治療についても実施体制を整え、治療が可能となっています。

●得意分野

血液疾患の治療、特に造血幹細胞移植の成績を向上させるためには、患者さんの全身を総合的に管理することが重要です。当科では、血液専門医、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、移植コーディネーターなど多職種からなる診療チームが一人一人の患者さんを様々な角度からケアすることに加え、国内トップレベルの大学病院として各科にいる専門医と連携することにより、高いレベルでこれを実現しています。また、血液疾患診療の土台として欠かせない血液像、病理、細胞分析、遺伝子、感染症などの検査について院内で最新の検査を行うことができ、迅速かつ正確な診断が可能になっています。入院病棟全体が無菌病棟となっているので、白血球数が減少した患者さんでも病室外でリハビリをしたり、談話室で面会したり、快適な入院生活を送ることができます。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年10月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表