FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

形成外科

イメージ写真

頭から体幹部、手、足先まで体表面すべての外科治療を行う診療科

●科長

  • ・教授 / 森本 尚樹 Prof. Naoki Morimoto

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方………南病棟 2階 スタッフステーション

診療科等のご案内

生まれながらの疾患や病気やけがによって失われた組織を再建し、外観や傷をきれいに治す治療を行います。外観をよくするためには外からは見えない土台も整え、機能の再建も行います。このため、マイクロサージャリーなどの高難度手術、レーザー治療、薬物治療、細胞を用いた再生医療まで最先端の技術を用いています。

●主な対象疾患

顔面・手足の先天性疾患(口唇口蓋裂・小耳症・多指症・合指症等)・腫瘍・あざ(色素性母斑・動静脈奇形等)・悪性腫瘍切除後組織再建・外傷(熱傷、顔面骨折等)・難治性潰瘍(糖尿病性潰瘍・褥瘡等)・ケロイド

●診療体制

外来診療は毎日2-3診体制で行っています。紹介状をお持ちでない方も当日担当医が診察させていただきますが、改めて専門外来に再診をお願いする場合もあります。以下のような専門外来を配置しております。
口唇口蓋裂/耳先天異常/手足先天異常/手足の変形/先天性巨大色素性母斑/乳房再建/頭頸部再建/熱傷・皮膚再生/血管腫・あざ/顔面外傷/眼瞼/瘢痕・ケロイド/皮膚潰瘍
随時更新しますので、病院ホームページ、形成外科ホームページをご覧ください。
大きな手術を行う入院手術に加えて、デイ・サージャリー部門での「日帰り全身麻酔手術」も積極的に行っています。数時間程度の手術で病院に1-2時間で来院可能な方には日帰りでの全身麻酔手術が可能です。

●得意分野

当科は昭和52年に日本の国立大学で2番目に設置された形成外科です。設立以来、口唇口蓋裂、小耳症などの顎顔面領域の先天性疾患治療、熱傷、瘢痕拘縮、ケロイドなどの皮膚疾患治療を行っています。特に、口唇口蓋裂診療は言語聴覚士、矯正歯科とチーム医療を設立以来行っており、得意とする分野です。また、多指(趾)症、合指(趾)症を含めた手の外科、顕微鏡下で微細な操作を行うマイクロサージャリーを用いた乳癌や頭頸部癌切除後の再建手術も多数行っています。最近注目される再生医療・細胞治療も積極的に行っており、日本で初めて細胞を使用した製品として承認された「自家培養表皮」を用いた先天性巨大色素性母斑治療は注目を集めています。この他、人工皮膚や培養皮膚の研究開発も行っており、皮膚再生分野のトップランナーとなっています。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年6月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表