FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

呼吸器外科

イメージ写真

先進医療を駆使した自ら受けたい治療の創造と提供

●科長

  • ・教授 / 伊達 洋至 Prof. Date Hiroshi

●アクセス方法

  • ・外来へお越しの方⋯外来棟 1階 自動再来受付機/総合受付
  • ・お見舞いの方⋯⋯⋯積貞棟 4階 スタッフステーション

診療科等のご案内

腫瘍外科と肺移植という二つの分野の発展を大きな目標に掲げ、低侵襲手術から高度な集学的治療、先進医療にいたるまで幅広い診療を行っています。早期の原発性肺癌や縦隔腫瘍に対しては、胸腔鏡手術を標準とした手術を行い、またロボット支援下手術が、2018年4月より保険適応になりました。一方で切除可能な進行肺癌に対しては、集学的治療を積極的に行い、肺移植の手術手技を応用して完全切除を行っています。

●主な対象疾患

原発性肺癌・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍(胸腺腫など)・悪性胸膜中皮腫・気胸・膿胸・横隔膜疾患・肺移植の適応疾患

●診療体制

外来診療体制
呼吸器外科一般の初診と再診外来を毎日午前と午後に、肺移植外来を毎週月曜日午後に設けています。治療方針に関しては、呼吸器内科、放射線診断科、放射線治療科と十分に検討し決定しています。検査に関しては、気管支鏡検査を年間約200例施行し、超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)やナビゲーションシステムを用いた肺の末梢病変の生検も行なっています。
入院診療体制
積貞棟4階(37病床)で、手術患者の周術期管理・、肺癌術後補助療法、再発肺癌に対する治療、肺移植の適応評価などを行っています。2019年の全身麻酔手術症例数は529例で、うち原発生肺癌が259例でした。肺癌手術の72%は完全胸腔鏡視下、10%はロボット支援下に低侵襲で行っています。一方で、進行肺癌に対しては、導入化学放射線療法を施行後に根治的切除を行っています。

●得意分野

先進医療の取り組み
①マイクロチップを使った早期小型肺癌の手術
RFIDマイクロチップである無線技術を応用したマーキング手法を、世界で初めて肺癌手術に臨床応用致しました。この技術はプリペイドカードやスマートフォンにも利用されており、近距離無線通信として使用されております。より低侵襲かつ確実な腫瘍切除を可能とします。2019年9月に臨床初使用し、2019年に4例の肺癌手術に成功しました。
②ロボット支援下手術
2018年4月より肺癌と縦隔腫瘍に対するロボット支援下手術が保険適応となり、当院でも最新のダビンチXiを使用しての手術に積極的に取り組んでいます。2019年は43例(肺癌 33、縦隔腫瘍 10)の手術実績があります。
③肺移植
京都大学の肺移植数は年々増加しており、2019年末までに235例の肺移植(脳死140例、生体95例)を実施しました。国内で最多の肺移植を施行しています。当院の移植後5年生存率は70%台で、国際心肺移植学会からの報告の50%台と比較し、非常に良好な成績となっています。

外来担当医表

※この外来担当医表は2020年08月現在です。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
外来担当医表