FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

デイ・ケア診療部

イメージ写真

入院・外来患者さんへ包括的な支援を提供します

●部長

  • ・教授 / 村井 俊哉 Prof. Murai Toshiya

部門等のご案内

精神疾患により心身の機能に不調をきたして当院に入院中の方々や外来通院中の方々に対し、入院中から退院後まで連携して作業療法、デイ・ケアプログラムを行っております。個々の患者さんの状況に合わせながら、就労や生活の自立に向けて精神科リハビリテーションサービスを提供しています。

●業務内容

入院患者さんには精神科作業療法、外来患者さんには精神科デイ・ケアを提供しており、それぞれ精神科作業療法スタッフ、デイ・ケアスタッフが担当します。精神科作業療法においては作業療法室での運動、革細工、手芸などをはじめとするプログラムを提供しています。精神科デイ・ケアにおいては園芸、料理、音楽、スポーツなどのグループ活動、ソーシャルスキルトレーニング(生活技能訓練)、個人活動などのプログラムを主に提供しています。精神科作業療法も精神科デイ・ケアにおいても個々の患者さんの病状や適性を考慮して、担当スタッフとの話し合いにより最適なプログラムを選択して提供し、その様子をスタッフが観察し病状の評価を行っております。

●特色ある取り組み

大学病院には珍しく、精神科作業療法とデイ・ケアの双方を備えていることが、一つの特徴です。精神科作業療法では、旧来のプログラムに加えて認知リハビリテーション、デジタルデバイスを利用したプログラムも積極的に取り入れております。デイ・ケアでは一般的に疾患を限定したものが少なくないですが、当院では多彩な年齢層と疾患に応じたプログラムを提供しており、幅広いプログラムに対応可能な設備を備えております。また、大学病院であることを生かし、精神科作業療法、デイ・ケアともに学内外の研究とリンクしたプログラムを提供していることも特徴です。
精神科作業療法スタッフも精神科デイ・ケアスタッフも一緒に定期的にミーティングを行っており、入院・外来間の情報共有がスムーズになされています。