FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

デイ・ケア診療部

イメージ写真

入院・外来間のシームレスな支援を提供します

●部長

  • ・教授 / 村井 俊哉 Prof. Murai Toshiya

部門等のご案内

精神疾患により心身の機能に不調をきたして当院に入院中の方々や外来通院中の方々に対し、入院中から退院後まで連携して作業療法、デイ・ケアプログラムを行っております。個々の患者さんの状況に合わせながら、就労や生活の自立に向けて精神科リハビリテーションサービスを提供しています。

●業務内容

入院患者さんには精神科作業療法、外来患者さんには精神科デイ・ケアを提供しており、それぞれ精神科作業療法スタッフ、デイ・ケアスタッフが担当します。精神科作業療法においては病棟内での軽い運動や、デイ・ケア診療棟内作業療法室での革細工、料理、手芸などのプログラムを中心に提供しています。精神科デイ・ケアにおいては園芸、料理、音楽、スポーツなどのグループ活動、ソーシャルスキルトレーニング(生活技能訓練)、個人活動などのプログラムを主に提供しています。精神科作業療法も精神科デイ・ケアにおいても個々の患者さんの病状や適性を考慮して、担当スタッフとの話し合いにより最適なプログラムを選択して提供し、その様子をスタッフが観察し病状の評価を行っております。

●特色ある取り組み

疾患を限定したデイ・ケアも多い中、当院では多彩な年齢層と疾患に応じたプログラムを提供しております。また、大学病院であることを生かし、学内外の研究とリンクしたプログラムを提供していることも特徴です。精神科デイ・ケアでは京都という立地を生かし、四季を感じられる外出プログラムも年に数回行っております。精神科作業療法は入院中の方を対象としているためあまり遠くまでは行けませんが、病状に応じて近隣への外出プログラムを行うこともあります。病棟のすぐそばを鴨川が流れる絶好のロケーションに恵まれており、近隣ながらも季節の移ろいを感じていただけると思います。
精神科作業療法スタッフも精神科デイ・ケアスタッフも一緒に定期的にミーティングを行いつつ普段からスタッフルームをともにしており、入院・外来間の情報共有がスムーズになされていることも特徴です。