FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

脳卒中療養支援センター

イメージ写真

脳卒中になった患者さんやご家族へ情報提供・相談支援を行う

●センター長

  • ・教授 / 宮本 享 Prof. Miyamoto Susumu

部門等のご案内

国の脳卒中・循環器病対策推進計画では、脳卒中に関する情報提供や患者支援を充実させることが重点的施策と位置付けられています。また、京大病院は京都府におけるこれらの活動の核となる「脳卒中・心臓病等総合支援センター」にも指定されています。令和4年度に新設された脳卒中療養支援センターでは、脳卒中になった患者さんやご家族への相談支援を行うと共に、脳卒中に関する情報提供を行っています。

●業務内容

脳卒中療養支援センターでは、脳卒中で緊急入院された患者さんとそのご家族に脳卒中の予防・治療・退院後の対応について説明する動画を入院中に病棟や病室で視聴していただける環境を整備しています。また、食事栄養指導、服薬指導、生活習慣改善などの再発・合併症予防のための指導を各専門職と協力して行っています。今後はそれらの情報を京大病院HPからも視聴できるように準備を進めています。また、自宅に退院された患者さんやそのご家族からの相談に対して支援できるように体制整備が行われつつあります。さらに回復期~維持期・生活期に関わる脳卒中関連医療機関との連携を深めて、急性期から維持期・生活期まで脳卒中になった患者さんが医療やケアあるいは社会的支援を一貫して受けることができる体制を作ってまいります。

●特色ある取り組み

京都府内の回復期~維持期・生活期に関わる脳卒中関連医療機関で働く、医師・看護師・リハビリテーション関係者・薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカー・ケアマネージャーなどからなる脳卒中療養相談士が話し合う地域連携・多職種連携のweb会議が令和4年度から始まり、年2回開催される予定です。一方、「脳卒中・心臓病等総合支援センター」事業としては、京都府・京都府医師会・京都府立医科大学附属病院・京大病院の共催で、脳卒中の療養支援に関する市民公開講座を開催いたします。さらに、京大病院のもやもや病支援センターとの共同事業として、学習に課題のあるもやもや病の患児やご家族を対象として、講演会やピアサポートが開催されます。