FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

医療情報企画部

イメージ写真

半世紀の伝統を踏まえた、革新的な医療情報システムを目指して

●部長

  • ・教授 / 黒田 知宏 Prof. Kuroda Tomohiro

●アクセス方法

  • ・南病棟地階

部門等のご案内

医療情報企画部は、同様の院内組織としては1970年に国内で最も早く設置されました。以降半世紀近くにわたり、京大病院の情報化の中核として院内スタッフの活動を支え、患者さんや地域医療機関や関連医療機関の皆さまのお手伝いをしています。

●業務内容

院内では、京大病院の活動を支えるあらゆる情報基盤の整備・運営やデータの活用支援を行っています。具体的には、院内の臨床活動を支える電子カルテを含む病院情報システム、院内の手術映像・教育コンテンツのデジタル配信環境や研究用ネットワークの整備運営等担当しています。また、臨床データを医学研究のみならず、病院執行部の意思決定サポートに活用するためのデータ抽出・分析も担当しています。
院外では、患者・関連診療機関の皆さまへ情報サービスを提供するための各種情報基盤の整備運営も行っています。具体的には、医療画像をデジタルで送って頂けるシステムを関連診療機関に独自提供しているほか、NPO京都地域連携医療推進協議会が提供されている患者・医療機関への診療情報提供基盤「まいこネット」や京都府が提供されている地域医療機関間の診療連携・臨床教育支援のためのテレビ電話基盤「京都メディオネット」等の活動に参加しています。また、関連診療機関の皆さまと本院の共同臨床研究活動の支援も進めています。

●特色ある取り組み

上記のような、院内・院外での様々な情報支援の経験に基づき、臨床活動や医学研究を支える様々な情報支援に関する教育・研究活動も広く行っております。臨床現場にコンピュータがあることが当たり前になり、データヘルスの重要性が叫ばれる昨今、電子カルテや連携医療基盤等の情報インフラ整備、セキュリティ確保や情報活用、情報マネジメントなどの教育・支援等でも皆さまのお手伝いをして参りますので、ご遠慮なくご用命ください。