FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

看護部

イメージ写真

その人らしさの尊重とチーム医療のコーディネートを重視し、患者さん一人ひとりに行き届いた看護を提供します

●部長

  • ・部長……井川 順子 Igawa Junko

部門等のご案内

健康増進と疾病予防、健康の回復、苦痛の緩和という看護の基本責任を果たすため、人々を全人的にとらえ、看護の専門性をもって主体的に働きかけるよう心がけています。その具体化のために、患者中心性、安全性、有効性、適切性、効率性、公平性を活動方針としています。

●業務内容

看護の質の向上
継続的で一貫性のある看護をめざして看護の標準化を図るとともに、いかなる場面でも看護の基本的役割が発揮できるジェネラリストの育成を図っています。また、安全で質の高い看護を提供するため、専門的な活動を推進するスペシャリストを確保、育成しています。高度な専門性が必要な領域にはその分野に特化した技術・知識を有した専任看護師を配置し、病棟や外来での看護実践、横断的な活動等、他職種と協働しながら様々な分野で活躍中です。
看護師の研修
看護師として生涯成長していくためのマングローブ型キャリアパスを構築し、ジェネラリストとして足腰を鍛えるための卒後3年間の段階的研修や一人ひとりの目標に焦点をあてたレベルアップ研修、エキスパート研修などを準備しています。また、独自のクリニカルラダー認定制度を有し、キャリアサポートに生かしています。

●特色ある取り組み

「看護職キャリアパス支援センター」を発足させ、「看護実践」、「教育」、「研究」の3つの部会に分かれて、大学との人事交流の仕組みづくりを行っています。「看護実践」では実習指導者研修を共同で行い、実習指導者のレベルアップに向けた支援体制を整備しています。「教育」では看護部、看護科学コース双方が積極的に交流し、共同研究できる環境を整えることによって、実践の場に還元できるような質の高い看護研究に取り組むことをめざしています。その他、最新のエビデンスを確認しながら、共同で看護業務手順の開発・更新を行い、「 研 究 」で は 学 部 教 育 か ら 臨 床 現 場 をイメージできるよう、大学の演習・講義に看護師がファシリテーターや講師として参加しています。