FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

薬剤部

イメージ写真

薬のスペシャリストとして患者に寄り添い、薬物治療を支える

●部長

  • ・准教授 / 中川 貴之 Associate Prof. Nakagawa Takayuki

部門等のご案内

薬剤部では、医薬品の適正使用と安全管理の推進を通じて、「安全で質の高い医療」の提供をサポートしています。調剤やミキシングなどの医薬品供給業務に加え、薬物治療の有効性・安全性の向上に直接関わるベッドサイドにおける業務が増大しており、薬剤師が関わることで、患者さんにとってより良い治療効果が得られるよう、薬剤業務を展開しています。

●業務内容

  • 【調剤・医薬品管理】
    電子カルテと連動した最新のICTを導入し、正確かつ効率的に調剤を行う仕組みを構築しています。手術部における麻酔薬や麻薬管理など、院内各部署における医薬品適正管理に薬剤師が関わっています。
  • 【病棟業務】
    全病棟に薬剤師が常駐し、持参薬確認、服薬説明、医薬品情報提供、副作用モニタリング、カンファレンスへの参画を通して、入院治療中の適切な薬物治療の提供を支援しています。
  • 【がん化学療法】
    全抗がん薬処方の綿密な処方監査や無菌調製だけでなく、院内全体の抗がん薬曝露対策にも取り組んでいます。
  • 【医薬品情報管理】
    医薬品に関する問い合わせへの対応だけでなく、医薬品マスタの管理、医薬品情報の発信や評価、採用医薬品の見直しなども行っています。
  • 【薬物血中濃度モニタリング(TDM)】
    約40種類の薬物血中濃度を測定し、薬物動態学的見地に基づいた個別化医療に貢献しています。

●特色ある取り組み

  • ①病診薬連携の推進
    院外処方せんへの臨床検査値印字、服薬情報提供書の活用による病院・保険薬局間の情報共有を推進しています。また、病院・保険薬局薬剤師が連携して吸入指導やがん患者指導を行なう体制を構築しています。
  • ②プロトコルに基づく薬物治療管理
    医師との間で事前に作成・合意したプロトコルに基づく、持参薬の仮オーダーと服薬計画の提案、薬物血中濃度測定オーダー、院外処方せんにおける疑義照会簡素化の実施を通して、医師の負担軽減と医薬品適正使用に取り組んでいます。
  • ③診療各科との共同研究
    新規治療法・個別投与設計法の開発を目指して、診療科と共同で薬物の体内動態解析や薬物トランスポータおよび薬物代謝酵素の遺伝子多型解析などの臨床研究を展開しています。
  • ④薬剤師レジデント制度(卒後教育)
    薬物治療の複雑化に伴う薬剤師業務の変化に対応するため、2019年度より“薬剤師レジデント制度”を立ち上げました。2年間の研修において、調剤業務だけでなく、チーム医療の担い手として薬物治療に関する幅広い知識とスキルの習得を目指す教育プログラムとなっています。