FONT SIZE
  • A
  • A
  • A
COLOR
  • 通常
  • 青色
VOICE
  • 音声読み上げ機能ご利用方法

先進医療・患者申出療養

先進医療

先進医療制度は、将来的な保険導入のための評価を行うものとして、未だ保険診療の対象に至らない先進的な医療技術等と保険診療との併用を認めた制度です。

「先進医療に係る費用」は、患者さんが全額自己負担することになります。
「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、一般の保険診療と同様に扱われます。
患者さんは各健康保険制度における一部負担金を支払いいただくこととなります。

●先進医療A(第二項)

令和4年4月1日現在、当院で実施を承認されている先進医療Aはありません。

●先進医療B(第三項)

令和4年4月1日現在、当院で実施を承認されている先進医療Bは以下の通りです。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
患者申出療養名
承認日 適応症 主な診療科
実施状況 料金(1回につき)
技術の概要

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
テモゾロミド用量強化療法 膠芽腫(初発時の初期治療後に再発又は増悪したものに限る。)
H29.11.1 膠芽腫(初発時の初期治療後に再発又は増悪したものに限る。) 脳神経外科
実施中 1コース 4,774円
初回再発および増悪膠芽腫に対して、用量強化テモゾロミド療法とその再発後のベバシズマブ療法の優越性を標準治療であるベバシズマブ療法とのランダム化比較試験にて検証する。
■ A群(ベバシズマブ療法群)
14日(-1日~+3日以内)を1コースとしてベバシズマブ10 mg/kgをday 1に静脈内点滴
注射、中止規準に該当するまで継続する。
■ B群(用量強化テモゾロミド、再発後ベバシズマブ療法群)
1) 一次治療
Day1~7テモゾロミド120 mg/m2/day、1日1回内服投与
14日(-1日~+3日以内)を1コースとして最大48コース繰り返す。
*3コース目に増量規準を満たした場合150 mg/m2/dayに増量する。
2) 二次治療
・一次治療完了後、または原病の増悪以外による一次治療中止後で、増悪を認めない場合は増悪を認めるまで無治療経過観察とする。
・一次治療完了後、または原病の増悪以外による一次治療中止後、MRI画像上で再発・増悪が認められた場合、二次治療としてベバシズマブ療法を行う。
・ベバシズマブの投与方法は、A群での治療法と同じ投与方法とする。
・ただし、再発・増悪後の治療のため、コース開始規準はA群とは異なる。
14日(-1日~+3日以内)を1コースとしてベバシズマブ 10 mg/kgをday 1に静注する。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
全身性エリテマトーデスに対する初回副腎皮質ホルモン治療におけるクロピドグレル硫酸塩、ピタバスタチンカルシウム及びトコフェロール酢酸エステル併用投与の大腿骨頭壊死発症抑制療法
H29.11.1 全身性エリテマトーデス(初回の副腎皮質ホルモン治療を行っている者に係るものに限る。) 免疫・膠原病内科
実施中 入院初日2,426円 以降一日につき434円
外来処方時1回885円 日数ごとに346円
全身性エリテマトーデス患者を対象に、初回ステロイド治療開始と同時に、抗血小板薬(クロピドグレル硫酸塩)、高脂血症治療剤(ピタバスタチンカルシウム)、ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)の3剤を3ヶ月間併用投与することによる大腿骨頭壊死の発生抑制効果を検討する多施設共同単群介入試験である。主要評価項目は治療開始6ヶ月後のMRIによる両股関節の大腿骨頭壊死症発生の有無である。予定組み込み症例は150例。ヒストリカルコントロールを比較対照とし、統計学的有意差をもって大腿骨頭壊死症発生率が低下した場合、本介入が有効であると判断する。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
マルチプレックス遺伝子パネル検査 進行再発固形がん(食道がん、胃がん、大腸がん、膵がん、胆道がん、肺がん、乳がん、卵巣がん若しくは子宮がん又は悪性黒色腫であって、化学療法又は放射線治療を行っていないものに限る。)
R3.5.1 全身化学療法未施行の切除不能 進行・再発癌(消化器・肺・乳腺・婦人科・悪性黒色腫) 腫瘍内科
産科婦人科
受付終了 1回につき 25,130円
腫瘍組織検体から作成されたホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)検体を米国Foundation medicine社に提出し、解析を行い、解析結果のレポートを得る。レポートをもとにエキスパートパネルにおいて、Actionable/Druggabeな遺伝子異常の割合等を求め、初回治療法選択における遺伝子プロファイリング検査の臨床的有用性を検証する。

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
アスピリン経口投与療法
申請中 家族性大腸腺腫症 腫瘍内科
消化器内科
申請中 0円 ※先進医療技術に含まれない検査や診察等の費用は発生します。
本試験は家族性大腸腺腫症患者を対象にして、有効な大腸がんの発症抑制法の実用化に繋がるエビデンス構築を目的とする。多施設単一介入臨床試験にて、低用量アスピリン腸溶錠(100 mg/day)を2年間投与することによる大腸ポリープ発生割合の減少に対する有効性と安全性を検証する。

患者申出療養

●患者申出療養制度について

本院は2017年3月に医療法に基づく臨床研究中核病院に承認されましたことにともない、「患者申出療養制度」を実施することができるようになりました。

●患者申出療養制度とは

  • ・2016年4月より「患者申出療養制度」がスタートしています。
  • ・当制度では、保険で認められていない未承認の薬や医療機器を使った治療を受けたいという患者さんからの「申し出」があれば、臨床研究として実施することにより、臨床研究に係る費用と保険外診療の分を自己負担すれば保険診療と併用できることになりました。
  • ・対象となる医療は、海外では承認されている薬や医療機器など、十分な医学的な根拠があるものに限ります。

●制度の利用について

  • ・当院、かかりつけ医又はお近くの特定機能病院の主治医や相談窓口に、希望する治療が患者申出療養の対象になるかご相談ください。
  • ・その後「患者申出療養制度」を利用することとなった場合は、本院での手続きを経てから、国への申請・審査等を経て、実際に治療が開始されるまでには申し出てから半年から1年以上かかります。
  • 医療関係者からの問い合わせはこちら

●当院で実施中の患者申出療養

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
患者申出療養名
承認日 適応症 主な診療科
実施状況 料金(1回につき)
技術の概要

※下記の表は横にスクロールしてご確認いただけます。
マルチプレックス遺伝子パネル検査に基づく分子標的治療
R2.9.14 根治治療が不可能な進行固形がん(遺伝子プロファイリングにより、治療対象となる遺伝子異常が確認されたものに限る。) 腫瘍内科
小児科
実施中 【内服薬の場合】
初回(本院で開始する場合)467,455円
初回(本院以外で開始している場合)206,123円
2~6回目 6,123円
【点滴の場合】
初回(本院で開始する場合)471,108円
初回(本院以外で開始している場合)209,776円
2~6回目 9,776円
本療養は、遺伝子パネル検査を受け、actionable な遺伝子異常を有することが判明した患者の申出に基づき 、当該遺伝子異常に対応する適応外薬を患者申出療養制度に基づいて投与することを目的とする。